忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人間の証明

  • posted at:2010-08-09
  • written by:砂月(すなつき)
にんげんのしょうめい
角川春樹事務所
配給:東映
製作年:1977年
公開日:1977年10月8日
監督:佐藤純彌
製作:角川春樹
プロデューサー:吉田達 サイモン・ツェー
原作:森村誠一
脚本:松山善三
撮影:姫田真左久
音楽監督:大野雄二
主題歌:「人間の証明のテーマ」ジョー山中
美術:中村修一郎
照明:熊谷秀夫
録音:紅谷愃一
編集:鍋島惇
衣裳デザイン:春日潤子
スチール:加藤光男
助監督:葛井克亮
製作担当:武田英治
出演:岡田茉莉子 松田優作 ジョージ・ケネディ 岩城滉一 鶴田浩二
アメリカンビスタ カラー 132分

ニューヨークの銀行で大金を受け取った黒人青年は、古い衣服を脱ぎ捨て高級なスーツに身を包んだ。アパートに荷物を取りに戻った青年の姿を見た管理人のマリオは、あまりの変わりように驚いた表情を見せた。何処へ行くんだいと彼女が声を掛けると、青年は「キスミーへ行くんだ」とうれしそうに言った。

東京ロイヤルホテルの42階では人気絶頂のデザイナー・八杉恭子のファッションショーが行われていたが、会場へ向かうエレベーターの中で黒人青年が死んだ。彼の胸にはナイフが刺さっており、足下には西條八十詩集が落ちていた。麹町署は緊急配備を敷いて捜査を行い、パスポートから彼がジョニー・ヘイワードという名のアメリカ人で、死因は胸部内出血による窒息死であることがわかった。恭子やモデルからは有力な情報を得ることは出来なかったが、エレベーターガールは青年が発したストウハという言葉を覚えていた。警察犬による捜査で屋外に血痕が発見されたことから、そこが犯行現場だと判断し遺留品の捜索を行った。その結果、現場近くにある清水谷公園の茂みの中から麦藁帽子が発見された。棟居刑事はストウハがストローハット=麦藁帽子ではないかと推察したが、横渡刑事は疑問を口にした。この事件はどのような展開を見せるのだろうか。一同が空を仰ぎ見たとき、ホテルの電飾が麦藁帽子を象っていた。

ファッションショーに出席した東洋技研の新見部長は、妻と偽って同伴したホステスのなおみを会社の車で送った。本降りの雨だったため新見は家まで行くと言ったが、誰かに見られて騒ぎになることを恐れたなおみは途中で下車した。電話ボックスで雨宿りしていたが埒が明かず、濡れることを選んだなおみは道路を横切った。そのとき、暴走するマスタングが交差点を曲がって来た。何かを感じた新見がなおみと別れた場所に戻ると、もう彼女の姿はなかった。だが道路には血のついた時計が転がっていた。青ざめた郡恭平とガールフレンドの朝枝路子は雨の中に立ち尽くしていた。相談した二人はなおみの遺体を車内に担ぎ込みその場を去ったのだ。路子がそのときに落とした時計は、恭平が母・恭子から買ってもらった大切なものだった。

ニューヨーク市警のケン・シュフタン刑事は、警視庁からの要請を受けたICPO(国際刑事警察機構)の依頼でジョニーの身元調査を行うことになった。マリオに事情を話してジョニーの部屋を調べたシュフタンは、五番街に住むライオネル・アダムスという人物の名を記したメモを見つけた。アダムスのもとを訪れたシュフタンは、数カ月前に車にぶつかって来た男がいることを知った。その老人はウィルシャー・ヘイワードという黒人で、頭が痛いと言って値を吊り上げ息子のジョニーに6000ドルを支払ったのだ。その頃、日本では小山田武夫が妻・なおみの行方を捜していた。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R