忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

陰日向に咲く

  • posted at:2010-06-22
  • written by:砂月(すなつき)
かげひなたにさく
「陰日向に咲く」製作委員会(東宝=日本テレビ放送網=幻冬舎=ジェイ・ストーム=讀賣テレビ放送=太田プロダクション=日本出版販売=博報堂DYメディアパートナーズ)
配給:東宝
製作年:2008
公開日:2008年1月26日
監督:平川雄一朗
製作:島谷能成 小杉善信 見城徹 藤島ジュリーK. 西垣慎一郎 磯野久美子 古屋文明 安永義郎
エグゼクティブプロデューサー:市川南 奥田誠治 塚田泰浩
企画・プロデュース:川村元気 佐藤貴博
プロデューサー:樋口優香
協力プロデューサー:神蔵克 小玉圭太 原藤一輝
原作:劇団ひとり
脚本:金子ありさ
音楽:澤野弘之
主題歌:「出会いのかけら」ケツメイシ
挿入歌:「ふりむキッス」武田みやこ
撮影:中山光一
照明:中須岳士
編集:宮島竜治
特機:横山聖 赤澤大介
ビデオエンジニア:石上正治
VFXスーパーバイザー:小坂一順
美術:磯田典宏
装飾:松木良二
衣裳:高橋さやか
ヘアメイク:染矢誠
録音:深田晃
スクリプター:鈴木一美
編集:今井剛
助監督:井上雄介
製作担当:阿久根裕行 山本礼二
製作主任:岡田拓也
ラインプロデューサー:鈴木嘉弘
製作プロダクション:東宝映像製作部
東宝・日本テレビ放送網提携作品
出演:岡田准一 宮﨑あおい 伊藤淳史 平山あや 緒川たまき
アメリカンビスタ カラー 129分

都心を巡る観光バスの運転手・沢渡伸也(シンヤ)は重度のギャンブル依存症だった。バス会社の所長・富田は、多額の借金を背負うシンヤに400万円を貸すことにしたが、その条件として誓約書(ギャンブルをしない。借金をしない。毎月、貸金業者に返金する。仕事を一生懸命、頑張る。)を書かせ、もらった給料の流れがわかるように小遣い帳をつけさせた。

8月6日、月曜日晴れ。立ち直ろうと努力するシンヤは、その日も懸命に働いた。その日は借金の返済日でもあり、仕事を終えたシンヤは富田に小遣い帳とお金の入った封筒を差し出した。一通りページに目を通した富田は、パチンコの未練はないという彼の言葉を信じ、小遣い帳と封筒を手渡した。家路を急ぐシンヤの視界に入ったのはパチンコ店の幟だった。店の前に立ち止まった彼はしばらく考えた後、中に入った。久しぶりの音響、久しぶりの明滅するネオン、そして久しぶりのツキ。神がかりのような大当たりの連続でドル箱は忽ち積み上がって行った。だが引き際を間違え、有り玉は全て台に飲み込まれた。さらに封筒や財布の中にあった札も消えて行った。我に返ったシンヤはサラ金に駆け込んだが、ブラックリストに載った者に金を貸すはずがなかった。落ち込んで帰る彼の目に止まったのは、浅草ゴールデンホールの客引きに半ば強引に店内へ誘い込まれる一人の女性の姿だった。その女性には見覚えがあった。確か浅草で休憩を取っていたときに、転がってきた100円玉を拾ってあげたのだ。シンヤは慌てて駆け寄り、知り合いを装って彼女と中に入った。彼女は池田寿子といい、ある人物を捜していた。寿子の母・鳴子はかつて相方の雷太とコンビを組み、芸人としてこのステージに立っていたのだ。35年前にこの場所で撮ったという写真にシンヤは目を奪われた。母と娘は瓜二つだった。

寿子が捜していたのは鳴子ではなく雷太の方だった。亡くなった母の荷物を整理していたときに、ふと日記を読んだ寿子は衝撃を受けた。寿子の知らない鳴子の別の一面が赤裸々に綴られていたのだ。昭和47年4月。鳥取製薬の研修旅行で浅草を訪れた鳴子は、お土産の「開運の小槌」を買うと大事そうにそれを見ながら時間を過ごしていた。するとそこに一人の男が現れ、「屁をすると金を貰う犬は?プードル!」と言った。それが雷太との初めての出会いだった。呆気にとられる鳴子。だがそれに構わず雷太は続けた。「プードル!」。彼は駆け出しの芸人で、お笑いのネタを試したのだった。「屁」をテーマにしたネタを次々と披露したが、わざと無反応を貫く鳴子に頭を抱え、これが本当のガス欠だと彼女の顔に尻を近づけたのだった。その嫌がらせに近くにいた男はいち早く反応し、雷太を力でねじ伏せた。だがそれでも懲りずにネタを続ける彼の一途さに思わず笑った鳴子は、駆け寄ってハンカチで鼻血を拭いてあげた。そして鼻の頭にキスをしたのだった。その後、上京した鳴子は雷太の姿を求めて劇場を訪ね歩いた。そしてついに浅草ゴールデンホールにたどり着いたのだった。ステージを終えて下がる雷太に、鳴子は「お笑いのコンビになってぐしない」と告白した。こうして日本一の笑いを目指すコンビ「ゴールデン鳴子・雷太」が誕生した。だがそれも長くは続かず二人は離ればなれになった。寿子は雷太を見つけ出し、届かなかった母の思いを代わりに届けようと考えていた。その話にシンヤは感銘を受け、手伝うことにした。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R