忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

チーム・バチスタの栄光

  • posted at:2010-06-17
  • written by:砂月(すなつき)
ちーむばちすたのえいこう
TBS=東宝=「このミス大賞」連合=MBS=CBC=RKB=HBC=S・D・P=朝日新聞社=TCエンタテインメント=クロスメディア
配給:東宝
製作年:2008年
公開日:2008年2月9日
監督:中村義洋
製作:加藤嘉一 島谷能成 劒重徹 當麻佳成 細野義朗 林尚樹 松田英紀 溝口博史 後藤尚雄 仲尾雅至
エグゼクティブプロデューサー:間瀬泰宏
企画:市川南
プロデューサー:佐倉寛二郎 山内章弘
ラインプロデューサー:橋口一成
原作:海堂尊
脚本:斉藤ひろし 蒔田光治
撮影:佐々木原保志
音楽:佐藤直紀
主題歌:「You're my sunshine」EXILE
照明:祷宮信
録音:小野寺修
美術:部谷京子
編集:阿部亙英
キャスティング:空閑由美子
装飾:小池直実
スクリプター:柳沼由加里
助監督:高野敏幸
製作担当:畑山佳津子
出演:竹内結子 阿部寛 吉川晃司 池内博之 玉山鉄二
ビスタサイズ カラー 118分

心臓移植が困難な拡張型心筋症の患者には、難易度の高いバチスタ手術が行われる。バチスタ手術とは拡張した左心室の心筋を切り取り、形を整えた後に縫い縮める方法である。一般的な成功率が6割程だったが、東城大学付属病院の外科医・桐生恭一は着任して一年の間に26回の手術を連続で成功させた。評判は全国に知れ渡り患者が各地から集まって来たが、桐生率いる「チーム・バチスタ」は何故かその後、三例の失敗を重ねた。事態を重く見た桐生が病院長の高階権太に相談をした結果、内部調査が行われることになった。高階は有働喜三郎神経内科学教室教授に調査を依頼したが、彼は私用を理由に職務を心療内科不定愁訴外来医(愚痴外来と呼ばれることが多い)の田口公子に押し付けたのだった。本来、このような調査はリスクマネジメント委員会が担当するのだが、事を大袈裟にしたくない高階は公子に調査を一任した。専門知識がない者を起用したことは、物事を客観的に捉えることが出来るからだった。

「チーム・バチスタ」はリーダーで執刀医の桐生の他に、彼の右腕と呼ばれる第一助手の垣谷雄次、第二助手の酒井利樹、麻酔医の氷室貢一郎、人工心肺を操作する臨床工学技士の羽場貴之、看護師の星野響子、病理医の鳴海涼の七人で構成されている。27回目以降の手術のうち、ケース27、29、30でいずれも成人の患者が死亡したが、何故かケース28の子供の患者だけ成功していた。公子は個別に聞き取り調査を行い、寿退職した響子に替わって入った大友直美が手術の流れに微妙な狂いを生じさせているという証言を垣谷から得た。彼女が加わったのはケース27からだったが、酒井の見解は違った。器械出しが替わったからといって手術が失敗するはずがなく、桐生のペースに付いて行けない垣谷の方に問題があると言うのだ。垣谷は次期助教授の呼び声が高かったが、アメリカから桐生が来たことでその立場が危うくなった。つまり手術の失敗を一番喜んでいるのは垣谷だと酒井は言った。一方で垣谷と同じ考え方をする者もいた。それは自分の未熟さを責める直美だった。彼女は響子との力量差がチームのリズムを狂わせ、患者を死に追い込んだのだと思い悩んでいた。公子は羽場にも直美のことを尋ねてみたが、人工心肺装置の操作に夢中でわからないという答えが返って来た。

ドクターヘリでアガピ・アルノイドという西アフリカの少年兵が急患として運ばれて来た。政府軍に撃たれ重傷を負った少年は国境なき医療団によって一命を取り留めたが、重い拡張型の心筋症が見つかった。反政府ゲリラということでアメリカが治療を拒否したことで「チーム・バチスタ」に白羽の矢が立ったのだ。そんな中、公子は忙しい氷室を捉まえ、術死が起きる前と後で何か違いがないかと尋ねた。氷室は思い当たることは何もないと答えたが、次は子供だから大丈夫じゃないかなと付け加えた。万が一の場合、国際問題に発展することも考えられたが、桐生は子供への手術で失敗をしたことがなかったからだ。切除した心筋から一部を切り取って凍らせ、薄切した部位を顕微鏡で見て確認を行うのが病理医・鳴海の仕事だ。公子は失敗した三例について尋ねたが、鳴海はナッシングでパーフェクトだと答えた。彼の右腕には大きな切り傷があり、それを不思議そうに眺める公子に気付いた鳴海は、外科医時代の不注意で出来たことを話し始めた。鳴海は桐生の義理の弟で、アメリカにいたときからチームを組んでいたが、細かい作業が困難になったことを理由に病理医へ転身したのだ。鳴海は三例の術死を殺人だと考えていた。

桐生の直属の上司で臓器統御外科の黒崎誠一郎教授が立ち会う中、ケース31は行われた。手術は困難を極めたが無事に終わり、公子はホッと胸を撫で下ろした。問題は何も見つからなかったという内容の報告書を提出し、いつもの日々に戻った公子のもとへ現れたのは、厚生労働省大臣官房付・白鳥圭輔だった。高階とは古くからの付き合いだという白鳥は、一連の術死は医療事故に見せかけた殺人だと断言した。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R