忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花と嵐とギャング

  • posted at:2010-05-13
  • written by:砂月(すなつき)
はなとあらしとぎゃんぐ
ニュー東映
配給:東映
製作年:1961年
公開日:1961年6月23日 併映「風来坊探偵 岬を渡る黒い風 」
監督:石井輝男
企画:斎藤安代 吉田達
原作:藤原審爾
脚本:佐治乾
撮影:星島一郎
録音:小松忠之
照明:原田政重
美術:近藤照男
音楽:三保敬太郎
編集:鈴木寛
助監督:鷹森立一
進行主任:白浜汎城
出演:高倉健 江原眞二郎 曽根晴美 小宮光江 鶴田浩二
シネマスコープ モノクロ 83分

日本に戻ってきたギャングの香港ジョーが空港を出ると、二人の男に挟まれた。彼らは用意した車に乗せようとドアを開けるが、そこには先回りしたスマイリー健が拳銃を構えて待っていたのだった。健が一人を殴って気絶させると、ジョーも加勢した。何だ?こいつらはと健が尋ねると、これが欲しかったんだろうとジョーは持っていたバッグを示した。翌日、札束の入ったそのバッグを持って河北組を訪れたジョーは、空港で会った二人組が会長からの護衛だったことを知った。恐縮するジョーは健が出所したことを伝え、兄弟分である彼とツンパが良からぬことを企んでいるに違いないと忠告した。すると河北は、お前の妹・佐和の亭主だからどうしたらいいと逆に質問した。それを聞いたジョーは、仕事は仕事だから自分には関係ないと言った。話し終えたジョーが立ち去ろうとすると、河北はお前の弟に仕事をさせると言った。その仕事の内容を尋ねると、組の若い者がブツをちょろまかしたため、17歳の正夫に始末を任せるというのだ。彼はやはり自分とは関係ないと答えたが、そうは言ったものの心配になり弟の仕事現場へ行った。ブツを売ってカタギになろうとした男に正夫は銃を構えたが、怖くて引き金を引くことは出来なかった。見兼ねたジョーは早くやらねえかと声をかけ、震えてちゃ当たらないと銃を奪った。そして男に近づき2,3発殴ると正夫の方に向き直り、こいつがくたばるのを見て行くかというと、彼は恐れをなしてその場を去った。正夫の姿が見えなくなるとジョーは懐から血を拭くためのハンカチを取り出し、怖かったら二度とつまらない真似はやめろと渡した。

健は妻の佐和に近々大きなヤマがあることを明かした。それが銀行相手だとわかると佐和は一人、二人じゃ出来やしないし、大勢だと分け前が減ると指摘した。横浜でバー・ベラミを経営している佐和はこの商売が潮時だと考えていた。大きな仕事をして足を洗い、ブラジルにいる友人のもとへ行くことも一つの選択肢だと考えていた彼女は、自分と健、ツンパ、正夫の他に仲の悪いウイスパーと楽隊を加えることで、仕事のあとで二人が殺しあえば分け前が増えるし、ツンパに払わなければもっと増えると提案した。すると健もいいアイデアだと納得した。今回の仕事は3年間刑務所に入っていた健のためにツンパが考え出したことだが、今度も割りを食うのではないかと疑っていたのだ。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R