忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

女獣

  • posted at:2010-03-20
  • written by:砂月(すなつき)
にょじゅう
新東宝
配給:新東宝
製作年:1960年
公開日:1960年8月19日
監督:曲谷守平
製作:大蔵貢
企画:小野沢寛
脚本:葉山浩三 志原弘
撮影:平野好美
照明:小山正治
録音:竹口一雄
美術:岩武仙史
音楽:三保敬太郎
編集:永田紳
助監督:小川清一
製作主任:山本喜八郎
出演:小畑絹子 松浦浪路 菅原文太 江見俊太郎 岬洋二
シネマスコープ モノクロ 76分

白昼の山道で現金輸送車が襲われ、5500万円の入ったジュラルミンケースが盗まれた。輸送車の周囲には職員二人の他に女の死体があった。警視庁が女の身元を調べた結果、新宿界隈の不良グループに所属していた中田秀子であることがわかった。捜査第一課長の安藤は、犯人が口封じのために女を殺害したのではないかと考えていた。そこで安藤は事件の背後関係を調べるために、部下の瀬川路子を秀子の友人の山田鈴子として不良グループに潜入させることにした。

多摩女子少年院に受刑者として入った鈴子は、エミが秀子と同じにグループに所属していることがわかると近付き、脱走しようとそそのかした。だが彼女はそれができるのならとっくにやっていると話に乗ってこなかった。翌日、もう一度エミを誘った鈴子は、女教師の目を逃れて鶏を運ぶトラックに乗り込み脱走に成功した。計画は手筈通りに進んだ。

エミと鈴子が路地に身を隠していると、誰かが走って来た。その女は新宿の繁華街で麻薬の取り引きしているところを警官に見つかった不良グループの圭子だった。路地に引き入れ警官をやり過ごしたエミは圭子との再会を喜んだ。鈴子は圭子の紹介でナンバーワンホステス・竜子の世話になることになった。その夜、圭子はチンピラに呼び出された。逃げるときに隠したはずの麻薬がゴミ箱の下にないというのだ。チンピラが圭子を暁興行のボス・山村のところへ連れて行こうとしたそのとき、そこに現れたのはグループのリーダー・木村朝子だった。朝子が代わりに弁償すると言うとチンピラは圭子を解放した。

ジャズ喫茶・パンドラにやってきた杉山正一は鈴子に近寄り、ちょっとそこまで付き合って欲しいと言った。その様子に気付いた竜子は中に割って入り二人を引き離した。すると正一は改めて三郎に仁義を切ったのだ。鈴子と会うことに成功した正一は自分の部屋に彼女を誘った。正一の正体は厚生省麻薬局麻薬課の麻薬Gメンだった。警視庁が捜査する輸送車襲撃事件と厚生省が捜査する麻薬密輸事件には共通点があったため、安藤が正一に協力を依頼したのだ。 香港で発見された紙幣が強奪されたものであり、それが麻薬取引に使われていることがわかった。そしてその裏では暁興行が巨大な麻薬密売組織を動かしているのではないかと推測された。

鈴子は圭子から秀子の男のことを何度も聞きだそうとしたが、彼女はその話題になると何故か口を噤んだ。その夜、圭子は殺された。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R