忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

THE 有頂天ホテル

  • posted at:2006-03-11
  • written by:砂月(すなつき)
ざうちょうてんほてる
フジテレビ=東宝
配給:東宝
製作年:2006年
公開日:2006年1月14日
監督:三谷幸喜
製作:亀山千広 島谷能成
エグゼクティブプロデューサー:石原隆 佐倉寛次郎
プロデューサー:重岡由美子 小川泰 市川南
ラインプロデューサー:小林毅
キャスティング:空閑由美子
脚本:三谷幸喜
音楽:本間勇輔
撮影:山本英夫
照明:小野晃
録音:瀬川徹夫
美術:種田陽平
編集:上野聡一
演出補:白井美和子
スクリプター:外川恵美子
助監督:石川久
製作担当:森崎裕司
製作プロダクション:クロスメディア
出演:役所広司 松たか子 佐藤浩市 篠原涼子 香取慎吾
ビスタサイズ カラー 136分

一年の締めくくりである大晦日。ホテル・アバンティの総支配人は、ホテルの名物であるカウントダウン・パーティーに威信を懸けていた。この重大任務は、副支配人の新堂平吉宿泊部長と瀬尾高志料飲部長の腕の見せ所だった。新年まであと2時間。刻一刻とパーティーの時間が迫っていたが、重大なトラブルが発生していた。新年とともに割れる薬玉の中に入れることになっている垂れ幕に「謹賀信念」の文字。発注した瀬尾の単純な変換ミスだった。今さら業者に発注しなおしても間に合うはずがなかった。ごった返しているフロアにコールガールが紛れ込んでいることがわかった。ヨーコにとってこんなにおいしい話を逃す手はなかった。だからたとえ瀬尾から追い出されようが何度でもチャレンジするのだ。ベルボーイのアルバイトをしている只野憲二は、歌手を目指して路上ライブをしていた。彼はお客さんがいなくなったら止めると心に決めていたが、先週の日曜日に行ったライブでついに一人だけになり、そのホームレスも歌い終わったときには亡くなっていたのだった。憲二は夢を諦めて故郷に帰ることにした。

客室係の竹本ハナはイライラしていた。就寝の時間を過ぎているにも関わらず息子が電話を掛けてきたからだ。さらにこの時間になって室内清掃を依頼されたのだ。彼女は既に私服に着替えていたが、矢部登紀子アシスタントマネージャーの説得で気を取り直した。同僚の野間睦子と向かったその部屋は、グレムリンの襲撃後のようになっていた。ハナはシングルマザーとして一人息子を育てていたが、その息子の父親は汚職事件で世間を騒がしている国会議員・武藤田勝利だった。武藤田はこのホテルに身を隠していたが、マスコミに嗅ぎつけられてしまったため別のホテルへ移動することにした。その頃、女性客がプールでひと泳ぎしている間に洋服が一切合財盗まれるという事件が発生していた。調査を依頼されたのは、ホテル探偵・蔵人だった。彼は既に腹話術師の相方を探すという仕事を請け負っていた。その相方はとても凶暴なアヒルだった。

ハナが掃除をしているクロフォードスイートには会社社長の愛人・なおみが宿泊していた。誰も居ないことをいいことにハナは毛皮や装飾品を身につけたが、そこへ社長の息子・板東直正がやってきたことで話はややこしくなった。ハナは愛人になりきることにしたのだ。地下駐車場で秘書の神保保を待つ武藤田に声を掛けたのはヨーコだった。逃げも隠れもしないことに決めた武藤田は、彼女と屋上のバーで一夜を過ごすことにした。芸能プロダクションの社長・赤丸寿一は、イベントに出演することになっている歌手の桜チェリーに新堂と寝ることを強要した。彼は仕事を掴むためならばどんな手段でも使うのだ。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R