忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スター毒殺事件

  • posted at:2006-03-20
  • written by:砂月(すなつき)
すたーどくさつじけん
新東宝
配給:新東宝
製作年:1958年
公開日:1958年5月3日
監督:赤坂長義
製作:大蔵貢
企画:岡本良介
脚本:葭原幸造 蓮池義雄
撮影:吉田重業
音楽:渡辺宙明
美術:鳥居塚誠一
照明:石森浩
録音:竹口一雄
編集:永田紳
助監督:小池淳
製作主任:永野裕司
出演:天知茂 三原葉子 万里昌代 江見渉 御木本伸介
スタンダードサイズ モノクロ 75分

映画スター・上原城二は、若葉真理に映画界に入ってみてはどうかと相談したが、彼女は恥ずかしがって返事を渋った。第七映画ではフレッシュなタレントを欲しがっていたが、真理こそがその条件にぴったりだと感じていた城二は社長に直接会ってもらうことにした。城二の恋人である真理は大学の恩師の娘で、以前から映画界に興味を持っていた。そこで彼女の夢を叶えるとともに才能を伸ばし、行く行くは結婚する予定だった。社長は一目で彼女を気に入り、勉強次第でスターになれると確信した。出社初日、映画界に足を踏み入れた真理は、撮影所で厳しい現実を目の当たりにした。ダンサー役の女優に情熱が感じられないと言って木戸監督が撮影を中断したのだ。驚いて身を堅くした真理にこれが当たり前の光景だと声を掛けたのは、人気俳優の須賀浩だった。

ダンサーの代役に抜擢された真理の演技に木戸は絶賛した。浜田プロデューサーも上機嫌で彼女を売り出すことに決めた。そして共演者の須賀も当分コンビを組みたいと宣言した。須賀は時間があると真理に言い寄ったが、その様子に気が気ではなかったのは城二だった。須賀は危険な男だと城二は真理に再三忠告したが、あなたよりも紳士よと笑った。須賀は次の映画に取り組むには原作本を読む必要があると言った。真理は須賀が泊まるホテルへついて行き、暗い部屋で一夜をともにした。

翌日、城二は話があると言って真理を引き留めたが、雑誌・映画新報の座談会があるからと須賀が二人の間に割って入った。城二は映画新報社に電話をして確認したが、南記者から何かの間違いだと言われた。そして銀座会館で密会していることを聞かされ、居ても立ってもいられなくなった城二はキャバレーに駆けつけた。真理を連れ出した城二は、僕と結婚してくれるはずじゃなかったのかと問いただすと、彼女はそんな約束はしなかったと突き放すように言った。騙されていることを知りながら須賀と付き合う真理の心の中に、もう城二は存在しなかった。
城二が暖めていた企画は須賀・真理コンビで製作されることが決まった。肩を落とす城二に声を掛けたのは女優・愛住礼子だった。須賀は真理が現れるまでは礼子と同棲状態だったが、子供が出来たことがわかり捨てたのだ。礼子は須賀を殺してやりたいぐらい憎んでいた。その話を聞くうちに城二の憎悪も燃え上がっていた。礼子が忘れていったハンカチに気付いた城二は、それを見ながらあることを考えていた。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R