忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

すべてが狂ってる

  • posted at:2006-03-28
  • written by:砂月(すなつき)
すべてがくるってる
日活
配給:日活
製作年:1960年
公開日:1960年10月8日 併映「英雄候補生」
監督:鈴木清順
企画:浅田健三
原作:一条明
脚本:星川清司
撮影:萩原泉
音楽:三保敬太郎 前田憲夫
照明:三尾三郎
録音:福島信雅
美術:千葉一彦
編集:鈴木晄
助監督:藤浦敦
製作主任:栗橋正敏
技斗:高瀬将敏
出演:川地民夫 祢津良子 吉永小百合 中川姿子 芦田伸介
スコープサイズ モノクロ 71分

不良グループに属する高校生の杉田次郎は幼いときに父親を戦争で亡くし、母・昌代の細腕で大事に育てられた。強烈な陽射が照りつけるある日、仲間の誘いを断わって帰宅した次郎は、昌代が帰ってくるのをケーキを用意して待っていた。今日は母の誕生日なのだ。二人きりで過ごせることを楽しみにしていた次郎だったが、彼女の発したひと言で気持ちが変わった。こんな大事な日に南原圭吾が来るというのだ。 昌代は保険の勧誘の仕事をしていたが、その収入だけでは次郎を学校へ行かせることが出来ず10年前から南原の支援を受けていた。愛し合っているのに金を受け取る母のそんな一面が嫌いだった。そして三星重工業の重役である南原はもっと嫌いだった。ヤツは人殺しだ。父を殺した戦争で戦車を作っていたからだ。家を飛び出した次郎は清流荘から出て来たアベックを襲い金を巻き上げた。それは彼にとって初めての恐喝だった。次郎の手柄にグループは沸き立ち、彼は一躍ヒーローとなった。その夜、次郎は谷敏美を指名し、寝た。そして小銭を投げつけると、受け取れと言ってベッドに彼女の顔を押し付けたのだった。

昌代から次郎のことを聞いた南原は、自分たちが不純な関係ではないことを話すために次郎を捜した。彼はまず最初に、グループがたむろするバーを訪ねた。そこにいた女子大生の下条悦子は、逗子にある敏美の別荘に明日みんなで集まる約束をしているので、そこで会わせてあげると言った。悦子と話している南原の姿を見た次郎は、彼が母親だけでなく悦子にまで手を出したと誤解した。憤る次郎はそばに停まっていた車を盗むと国道で無謀な運転を繰り返した。そしてハンドル操作を誤り、不動産屋の前に停めてあったスクーターに接触した。神社の境内に呼び出された次郎は男たちに取り囲まれ袋叩きにされた。敏美は次郎に好きか嫌いか答えて欲しいと言った。だが次郎はそんな言葉なんかあてになるもんかと吐き捨てた。彼の頭の中には母を裏切った南原のことしかなかった。翌日、悦子が南原とともに逗子へ向かったことを敏美から聞いた次郎は後を追い掛けた。その頃、別荘では悦子が南原を誘惑していた。様子がおかしいことに気付いた南原が問い質すと、悦子は堕胎するための費用が今すぐ必要だと言った。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R