忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

くちづけ

  • posted at:2007-05-27
  • written by:砂月(すなつき)
くちづけ
大映(東京撮影所)
配給:大映
製作年:1957年
公開日:1957年7月23日
監督:増村保造
製作:永田秀雅
企画:原田光夫
原作:川口松太郎
脚本:舟橋和郎
撮影:小原譲治
音楽:塚原晢夫
録音:須田武雄
照明:米山勇
美術:下河原友雄
装置:大塚武雄
装飾:大野幸雄
小道具:神田一郎
背景:坂巻信成
園芸:坂根音二郎
工作:田村誠
電飾:横手三四郎
技髪:牧野正雄
結髪:田中つねえ
衣裳:高岡佐知子
音響効果:花岡勝次郎
移動効果:大久保松雄
スチール:板垣公章
俳優事務:鴨下行雄
記録:桜田耀子
撮影助手:佐野竜一
録音助手:奥村幸雄
照明助手:千品正二
美術助手:渡辺竹三郎
進行係:上島博明
編集:中静達治
助監督:弓削太郎
製作主任:熊田朝男
出演:川口浩 野添ひとみ 三益愛子 若松和子 清水谷薫
スタンダードサイズ モノクロ 74分

真夏のある日、東亜大学の学生・宮本欽一は選挙違反で拘留されている父・大吉と面会するために小菅の拘置所を訪ねた。保釈金が10万円と聞かされ何とかすると答えたものの、欽一にはそんな大金を融通することは出来なかった。そこで同じ建物の中にある東京三弁護士会の事務所で担当の横河弁護士に相談しようとしたが、横河は仕事に忙殺されてそれどころではなかった。肩を落として階段を降りる欽一の目に、会計で揉める少女の姿が目に止まった。彼女の父親も拘留されていたが、計算違いで給食代が足りなかったのだ。高圧的な態度を取るおばさんの姿に腹を立てた欽一は、もう少し愛想を良くしたらどうだいと4千円を置いて歩き去った。少女はお釣りを持って追い掛けたが、欽一はそれに気付くと走って逃げた。それでも諦めきれない少女は後を追い、欽一が乗ったバスに駆け込んだ。借りた金を返したいと少女は言ったが煩わしく感じた欽一は返さなくてもいいと突っぱねた。そしてバスが競輪場前に停まると、あばよと言い残して下車したのだ。すると少女も下車し、追い掛けて来たのだった。欽一はしばらく思案し、これで競輪をやろうとポケットの中の全額を取り出した。そしてもし勝つことがあれば一日中、君と付き合う、負けたらサヨナラだと約束した。次のレースは絶対確実の本命と見られていたため、欽一はその情報をあえて無視して少女の誕生月である「6」の車券を一点買いした。レースはゴール前での混戦となり、大穴を当てた。

食堂に入った二人はカレーライスを腹一杯食べた。欽一が捕まった父親のことを話すと、少女も口を開いた。彼女の父親は役所に勤めていたが、母親が胸を患って療養所に入院したことで多額の費用が必要になり、役所の金10万円を使い込んだのだ。少女は働いていたが、療養費には足りず一日も早く父親が出てくることを願っていた。弁護士は全額を返済することが出来れば起訴猶予になる可能性が高いと言ったが、そのために金を貸してくれる者は一人もいなかった。
二人はナフキンにお互いの住所と名前を書き、交換した。そして少女=白川章子に残りの3千3百円を見せ、今日一日何もかも忘れて遊ばないかと外に連れ出した。

友人の島村からバイクを借りた欽一は、章子を乗せて国道を突っ走った。やがてバイクは海岸に差し掛かり、二人は江ノ島の海水浴場でひと泳ぎすることにした。泳ぎ飽きた欽一たちは、浜辺に上がると今度はローラースケート場で時を過ごした。喉が渇いたという章子とジュースを飲んでいた欽一は、金網の外にいる女性がホテルに入って行くのを見つけ、追い掛けて行った。彼女の名前は宇野良子。政治にのめり込んで家庭を省みない大吉に愛想を尽かして三年前に離婚した欽一の母だった。彼は父を釈放するために金を貸して欲しいと頭を下げたが、大吉への愛情はもうこれっぽっちもないと良子は言った。ならばと欽一は僕に対して貸して欲しいと願い出たが、そんなわけには行かないと良子は断わった。離婚後、良子は宝石を扱う商売で財を成していた。彼女は息子に、もしお金が欲しければ宝石のように値打ちのある人間になりなさいと言った。
落胆した欽一は、帰りたくないという章子とレストランで食事することにした。ハイボールを飲んで陽気になると章子が歌い欽一がピアノで伴奏を始めたが、そこへ彼女の知り合いという男が馴れ馴れしく言い寄って来た。その様子に我慢ならない欽一は喧嘩を仕掛けたのだった。店をつまみ出され別の料理屋で飲み直し始めた欽一に、章子は自分のことが好きなのかを尋ねた。すると彼は、恋愛はしないつもりだからそんなことどうでもいいと答えた。私はいつだって一人だと嘆く章子を置いて欽一は帰ろうとしたが、彼女は最後の別れにキスをして欲しいと言った。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R