忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヅラ刑事

  • posted at:2007-06-13
  • written by:砂月(すなつき)
づらでか
「ヅラ刑事」製作委員会(クロックワークス=ウェッジホールディングス=スカパー・ウェルシンク=ツイン=バップ=ローソンチケット=フロンティアワークス=オー・エル・エム=リバートップ=トルネード・フィルム)
配給:トルネード・フィルム
製作年:2006年
公開日:2006年9月16日
監督:河崎実
監修:実相寺昭雄
プロデューサー:河崎実 鈴木政信
原作:河崎実
脚本:中野貴雄 河崎実
撮影:須賀隆
企画:叶井俊太郎
音楽:石井雅子
主題歌:「悲しみはヅラで飛ばせ」モト冬樹
エンディングテーマ:「恋は焦らず」イクラ&ファンキースタイル
美術:安宅紀史
編集:矢船陽介
照明:岩崎豊
録音:関根光晶
助監督:落合崇
製作担当:福士茂
衣装:川崎健二
ヘアメイク:水野みゆき
スチール:金子博
操演:保倉一朗
合成:太田垣香織
整音:スリーエススタジオ
ポストプロ:イマジカ
出演:モト冬樹 イジリー岡田 なべやかん 中野英雄 橋本真衣
ビスタサイズ カラー 80分

白昼の都会で銀行強盗事件が発生した。犯人は行員と客を人質にして立てこもり、逃走用のヘリコプターを要求した。機動隊が銀行を包囲したものの、建物の中の状況がわからないために何も出来ずにいた。張りつめた空気が現場に立ち込める中、一人の男が現れた。その男=源田初男は指揮官に自分が刑事であることを明かすと単身で銀行に潜入した。初男が行内を見回すと、腹話術師が人質に拳銃を突きつけていた。いや人形が腹話術師の意思に反して拳銃を突きつけていたのだ。「俺はもうこんな奴に操られるのはコリゴリだ!」。そう言って腹話術師に銃を向ける人形に初男は戸惑った。人質の身代わりとなるために乗り込んだ彼は少々当惑しながらも説得を行うことにした。「ケンちゃん」と呼ばれ続けることに嫌気がさしていた人形は、初男の呼びかけに発砲した。初男は銃弾をかわすとその一瞬の隙をついて秘密兵器を使用した。それは彼の「ヅラ」だった。必殺技であるモト・ヅラッガーが炸裂し人形の首は撥ね飛んだのだった。こうして難事件は一瞬で幕を下ろした。

初男が着任した花曲署捜査一課には個性的なメンバーが揃っていた。日本一有能なお茶くみを自称する太田淑子(トンコ)の他に、身長の低さを利用して空気抵抗を減らし凄まじい速さで走ることが出来る重量挙げの国際チャンピオンの鍋谷寛一(チビ)、滝のように流れる汗を利用して敵を攻撃する能力を持つ全日本大食い選手権終身名誉チャンピオンの宇川厳太(デブ)、オヤジギャグを多用する見た目そのままのオヤジこと大矢治五郎、女性容疑者を中心に担当する実家がそば屋の池田麺次郎(イケメン)、いざという時に威力を発揮するデカチンこと中東和平、そして組織を統括する課長の面倒啓介だった。その夜、キャバ嬢を人質にして拳銃を持った男がビルの屋上に籠城するという事件が起こった。犯人の次郎は若ハゲを気にしていたが、額が少し広いだけで頭がいい人に見えると友里がやさしく接したことで本気にしたのだった。毎日のように店に通い彼女が欲しがるものを何でも買ったが、所詮一介の貧乏ヤクザ。シノギのない彼は闇金に手を出しその金で人生をやり直そうと考えたのだった。意を決して友里にプロポーズをしたのだが、彼女は次郎を客としか見ておらず「誰があんたみたいなハゲと」という言葉が心に激しく突き刺さったのだ。初男はその気持ちはよくわかると言って次郎に近づき、ゆっくりと外した。そして相手が怯んだ隙にヅラを投げて拳銃を叩き落としたのだった。その頃、西海原子力代行の輸送車がテロリストに襲われ核燃料が強奪された。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R