忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サイボーグ009

  • posted at:2007-05-08
  • written by:砂月(すなつき)
さいぼーぐぜろぜろないん
東映動画
配給:東映
製作年:1966年
公開日:1966年7月21日 併映「大忍術映画 ワタリ」「なかよし合奏団」
監督:芹川有吾
企画:関政次郎 平沢明 飯島敬 旗野義文
原作:石森章太郎
脚本:飯島敬 芹川有吾
作画監督:木村圭市郎
美術:沼井肇
原画:若林哲弘 高橋信也 椛島義夫 上村栄司 森下圭介 大橋学
動画:桜井勇 平村文男 鹿島恒保 山田一広 岩塚美子 玉沢武 榎本有也 大崎通泰 内田君子
色彩設計:辻忠直
背景:佐々木耕成 篠田洋子 渡辺俊児
トレス:植木知子 市村和子
彩色:赤荻永江 古屋純子
特殊効果:岡田良明 高橋佳子
ゼログラフィー:加藤稔
仕上検査:小椋正豊 西元敦子
撮影:平尾三喜
編集:千蔵豊
録音:小西進
音響効果:大平紀義
記録:中垣禧代
演出助手:宮崎一哉
制作進行:堤四四三
現像:東映化学工業株式会社
音楽:小杉太一郎
主題歌:「サイボーグ009」マイスタージンガー
声の出演:太田博之 ジュディ・オング 藤村有弘 曽我町子 八奈見乗児
シネマスコープ カラー 64分

忌まわしき世界的な戦争が終わった数年後、平和な国で自動車レースが行われていた。連覇を目指す島村ジョーは今日もトップに立っていたが、その先には恐ろしい運命が待ち構えていた。観客席から何者かによって投げ込まれたナイフがジョーの運転するレースカーのタイヤに突き刺さり、自由を失って壁に激突した。炎上したレースカーのもとへ救急車が現れジョーの死体は積み込まれたが、その車は正規のものではなかった。連絡を受けた警官隊は救急車を追跡したが、機銃などの攻撃を受けて壊滅した。救急車は彼らが用意した潜水艦に乗せられると漆黒の海底へ進んで行った。

大洋に浮かぶ無人島。その地下には死の商人ブラックゴースト団の秘密基地があった。ブラックゴースト団はサイボーグ兵器の試作を行っており、世界各国から強制的に集められた8人が既にその手術を受けていた。手術室に横たわったジョーは類稀なる身体能力と肉体を持っていたことから、それらの技術を結集した究極のサイボーグ作成のために命を狙われたのだ。執刀は生体工学が専門のギルモア博士によって行われ、新たな命が吹き込まれたのだった。目覚めた彼は、何故自分が小さな部屋に閉じ込められているのかがわからなかった。その直後、テストを始めるというアナウンスが流れるといきなり天井と壁が崩れ落ち、瓦礫の下敷きになった。だが傷一つなく外へ抜け出すことが出来、不思議に思っていると今度は戦闘機が向かってきた。慌てて逃げ出すと今まで感じたことがないスピードで走ることが出来るばかりでなく、機銃掃射を体に受けても平気であることに驚いた。そこで彼は低空で飛んでくる戦闘機にしがみつき、水平尾翼をもぎ取った。戦闘機は錐揉みをして海中に沈んで行ったが、今度は水の中でも息が苦しくないことに驚いた。海から上がっても疲労を感じていないことに感心していると、ブラックゴースト団が待ち構えていた。エーゼルは満足気味に成功だと叫んだ。

「009」とギルモアに名付けられたジョーの体には人工頭脳が埋め込まれ、人工組織で強化されていた。ギルモアが8人のサイボーグ戦士を紹介しようとしたそのとき、戦士たちの銃は彼らに向けられていた。007は冗談なんてとんでもないと言い、003はあなたたちの恐ろしい道具になるのはお断りだわと言った。抵抗を出来ないエーゼルが苦虫を噛み潰したよう顔をしていると、004は人質としてギルモアを要求した。そして003はこっちにいらっしゃいと009に微笑みかけた。君が正しいこと、平和を愛することを信じるのなら来たまえと001が言うと、002も我々は兄弟みたいなものだから信じるんだなと言った。サイボーグ戦士たちが用意したジェット機に向かおうと背を向けたとき、エーゼルは「裏切り者!」と叫び攻撃命令を出した。すると004は彼らに向けてミサイルを見舞った。この脱出計画は良心に苛まれたギルモアの発案だった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R