忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

黄泉がえり

  • posted at:2005-07-18
  • written by:砂月(すなつき)
よみがえり
「黄泉がえり」製作委員会(TBS=電通=東宝=アイ・エム・ジェイ=毎日新聞社=カルチャ・パブリシャーズ=WOWOW=日本出版販売=イマジカ=ツインズジャパン)
配給:東宝
製作年:2003年
公開日:2003年1月18日
監督:塩田明彦
製作:児玉守弘
企画:濱名一哉 神野智
プロデューサー:平野隆
アソシエイトプロデューサー:下田淳行 久保田修
原作:梶尾真治
脚本:犬童一心 斉藤ひろし 塩田明彦
撮影:喜久村徳章
音楽:千住明
主題歌:「月のしずく」RUI
挿入歌:「風の果て」RUI
・・・:「泪月-oboro-」RUI
美術:新田隆之
照明:金沢正夫
録音:細井正次
ビジュアルエフェクト:浅野秀二
編集:菊地純一
スクリプター:柳沼由加里
助監督:毛利安孝
製作担当:斉藤玉恵
ラインプロデューサー:藤原恵美子
宣伝プロデューサー:伴田雄輔
アシスタントプロデューサー:岡田有正 原公男
出演:草彅剛 竹内結子 石田ゆり子 哀川翔 山本圭壱
アメリカンビスタ カラー 126分

九州・阿蘇地方で、戦時中に失踪した少年が当時の姿のまま現れるという出来事が起きた。86歳の内藤サキはその少年の姿を見てすぐに息子の勝男だとわかった。その後、熊本県と医科大との合同調査が行われ、サキが保管していたへその緒と少年のDNA鑑定が一致していることがわかった。ありえないことだが、二人は同一人物である可能性が非常に高いのだ。謎の現象を探るために厚生労働省から派遣された川田平太は、空港で県職員の梶原とサキの親戚でもある医科大の神崎教授から出迎えを受けた。

北阿蘇町役場に勤務する橘葵は今でも死んだ俊介のことを忘れられずにいた。数年前、彼が大好きな海で命を落としたことから、皆と相談し俊介の望みどおり遺骨を海に撒くことになった。葵はそれが気持ちの整理に繋がると思っていたが、愛する人を失った悲しみは予想以上に大きかった。そんな葵は前向きに生きることが出来ずにいたが、斉藤医師と出会うことで人生が変わった。彼女は斉藤のカウンセリングを受けることで本来の自分を取り戻して行った。その日も仕事が終わると診療所でへ行き、捨てられずにいる俊介が大事に育てていたライティアの鉢植えの話をした。このままじゃいけないという葵の言葉を聞いた斉藤は、そう思うってことはそれなりに進歩しているって事じゃないですかと静かに言った。彼の言葉で気持ちが軽くなった葵はバス停でバスを待っていたが、そこを通りかかったサーフィン仲間の車で自宅まで送ってもらうことになった。

その夜、アパートに戻った葵はドアの前で彼女の帰りを待つ平太の姿を見て驚いた。平太と葵は幼なじみで、俊介の葬式以来の再会だった。葵に出張の内容を聞かれた平太は、58年前に阿蘇の森で消えた少年が戻ってきた話をした。すると彼女の顔色が変わった。ある男性から死んだ奥さんが生き返ったので死亡届を取り消して欲しいという依頼が町役場にあったばかりだったのだ。翌日、葵は平太と梶原とともに依頼者宅へ向かった。妻・嘉子を亡くしたことで生きがいを失った津田春雄は老いと死のことばかり考えて生活していた。先週の朝、鉢植えの手入れをしていると後ろに嘉子が立っていたが、春雄はてっきりお迎えが来たのだろうと思っていた。ところが彼女の口から出たのは、ただいまという言葉だった。一方、嘉子には病院で看取られる記憶しかなく、気が付くと庭先に立っていたというのだ。平太たちには二人が嘘をついているようには見えなかった。そこで改めて勝男を再調査することにした。

いじめを苦にして自殺した中学生・山田克典は、自分の葬儀に顔を出し会場にいた親族や関係者たちをパニックに陥れた。当時、彼は心肺停止状態で病院に運び込まれ、胸部切開して直接心臓マッサージを行ったが意識を取り戻すことはなかった。克典はその病院で改めて診察を受けたが、ロープを首に掛けたときに出来た傷や切開の痕は何処にも見当たらなかった。その話を聞いた梶原は、生き返ったというより黄泉がえりだと言った。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R