忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

OL忠臣蔵

  • posted at:2005-07-18
  • written by:砂月(すなつき)
おーえるちゅうしんぐら
光和インターナショナル
配給:松竹=松竹富士
製作年:1997年
公開日:1997年9月13日
監督:原隆仁
製作:鈴木光
プロデューサー:青木勝彦 山本勉 三沢和子
脚本:神山由美子 長崎行男 真崎慎 原隆仁
企画:鈴木光
撮影:浜田毅
音楽:大島ミチル
音楽プロデューサー:伊藤圭一
主題歌:「それなりの明日」平松愛理
美術:今村力
照明:渡辺三雄
録音:林大輔
編集:川島章正
スクリプター:高橋タツ子
キャスティング:名須川伸吾
助監督:鳥井邦男
製作主任:橋本靖
製作担当:氏家英樹
出演:坂井真紀 南果歩 細川直美 中島ひろ子 吉野公佳
アメリカンビスタ カラー 112分

通販会社オレンジハウスの商品企画部に所属する入社4年目の佐倉ふぶきは、彼女がデザインしたバッグが不評であることを理由にクレーム処理専門のカスタマーサービス課に転属を命じられた。社員食堂で同僚に愚痴っていたところにやってきたのは、全米第一位の通販会社JJドリームの代表取締役・朝吹季里子だった。季里子は落ち込むふぶきにクレーム処理はマイナスをプラスに変えるビジネスチャンスだとアドバイスした。ユーザーの生の声はデザインをする上でとても役に立つという話に感銘を受けたふぶきは、物事を前向きに考えるようになった。

JJドリームは、オレンジハウスに季里子を派遣し業務提携の話を持ちかけた。この降って沸いたような話に社長・塩嶋秀次郎は驚いたが、彼女の説明に納得した。自分が創業した会社が世界へ進出するチャンスだと考えた塩嶋は、役員会議を招集すると全員の了承を得た。こうしてオレンジハウスは世界への第一歩を踏み出した。ところが業務提携を発表した翌日、JJドリームは倒産した。オレンジハウスの株価は大暴落し、その責任を問われた塩嶋は辞任に追い込まれた。そして役員会議で新社長に選任されたのは、栗林重吉専務だった。栗林は臨時会議を開き、管理職を集めた。困難な状況を打開するには大規模な改革を行う必要があると説明し、新たに経営企画室を設け、その責任者に季里子を指名した。季里子が打ち出した改革とは、大規模なリストラだった。女子社員とパートタイマーのほとんどが解雇通告をされ、塩嶋の息がかかった管理職は子会社へ出向を命じられた。アメリカのM&A企業に乗っ取られたオレンジハウスは、解体へ動き出した。

理不尽な扱いを受けたふぶきは、季里子のやり方に疑念を抱いていた。そこで彼女は同志を募り、「サルでもわかる労基法」を武器に立ち上がった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R