忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東京上空いらっしゃいませ

  • posted at:2006-02-11
  • written by:砂月(すなつき)
とうきょうじょうくういらっしゃいませ
ディレクターズ・カンパニー=バンダイ=松竹第一興行
配給:松竹
製作年:1990年
公開日:1990年6月9日
監督:相米慎二
企画:宮坂進
プロデューサー:海野義幸 安田匡裕
脚本:榎祐平
音楽:松本治 村田陽一 小笠原みゆき 高橋信之
音楽協力:佐々木麻美子
主題歌:「帰れない二人」井上陽水 加藤登紀子 木村秀勝 小笠原みゆき
撮影:稲垣涌三
照明:熊谷秀夫
美術:小川富美夫
録音:野中英敏
編集:北沢良雄
記録:河辺美津子
助監督:細野辰興
衣裳デザイン:小川久美子
製作主任:山田大作
視覚効果:中野稔
テクニカル・エディター:宮重道久 佐藤正治
企画協力:小西健太郎 栗田悌志
プロデューサー補:田辺順子
出演:中井貴一 牧瀬里穂 笑福亭鶴瓶 毬谷友子 出門英
ビスタサイズ カラー 109分

化粧品のキャンペーンガールに抜擢された駆け出しのアイドル・神谷ユウは毎日忙しい生活を送っていた。そんな彼女に目を付けたのが、業界でも有名な好色男の白雪恭一専務だった。パーティー後にユウを呼び出した白雪は、車中でキャンペーンガールのままで終わりたくないだろうと体を要求して来たのだ。白雪の気持ち悪さに堪りかねたユウはドアを開けて外に飛び出した。そのとき後から走ってきた車に彼女は撥ねられたのだった。気付くとユウは天国にいた。そして目の前には白雪が立っていた。男の名前はコオロギ、死神だった。ユウの網膜に残った最後の映像で拵えたため、彼女が最も忌み嫌う姿になったのだ。彼の仕事は、ユウの様に自分の死が理解できない人を納得させることだった。別のところへ行って別の存在になることが運命だという話を聞いたユウは、死んだのはあなたがいやらしく迫って来たのだから同じ顔をしているあなたが責任を取るのは当然だと言った。前のところへ戻りたいという彼女の勢いに圧されたコオロギは、仮の姿であれば地上に降りてもいいと許可を出した。するとユウは化粧品の看板を指差し、あの女の子になりたいと大声をあげた。

雷鳴を合図に地上へ戻ったユウは、着飾った自分の姿を手に入れた。そして彼女が降り立った場所は、広告代理店で担当をしていた雨宮文夫のマンションだった。何故ここにいるのかと文夫が驚いていると、先輩の和田毅からユウが病院にいるという電話が掛かって来た。理解できない文夫は彼女を連れて行こうとしたが、考えさせて欲しいと言って部屋を出たがらなかった。仕方なく思った文夫は一人で出掛けた。ユウは鏡に映らない自分の姿を見てショックを受けたのだった。文夫が病院に駆けつけると白雪は憤っていた。ユウとのスキャンダルが表に出るようなことがあれば一大事だからだ。しかも巨額な出資で行ったキャンペーンが潰れることになると会社に多大な損害が発生し責任問題に発展し兼ねなかった。そこで白雪はキャンペーン終了までユウの死を隠し通すことにしたのだ。霊安室に通された文夫は目を疑った。確かにそこにはユウがいた。半信半疑のまま自宅に戻った文夫はまた頭を抱えた。死んだはずのユウの他に白雪までいたからだ。騙されたことを知ったコオロギはユウを説得しに現れたのだが、頑固な彼女が縦に首を振るはずがなかった。そこで文夫には口外しないことを、ユウには世間を混乱させないことを口が酸っぱくなるほど言って姿を消した。翌朝、ユウは文夫が眠っている間に出掛けた。忙しくて会えなかった家族を一目見たくて故郷に戻ったのだ。そこへ現れたコオロギは、これ以上ルール違反を犯したらそこでお仕舞いだと言った。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R