忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

宇宙大怪獣ギララ

  • posted at:2006-01-21
  • written by:砂月(すなつき)
うちゅうだいかいじゅうぎらら
松竹
配給:松竹
製作年:1967年
公開日:1967年3月25日 併映「銀の長靴」
監督:二本松嘉瑞
製作:中島渉
製作補:島田昭彦
脚本:元持栄美 石田守良 二本松嘉瑞
監修:光瀬龍
撮影:平瀬静雄 大越千虎
音楽:いずみたく
主題歌:「ギララのロック」倍賞千恵子 ボニー・ジャックス
・・・:「月と星のバラード」倍賞千恵子 ボニー・ジャックス
美術:重田重盛
照明:津吹正 高橋利文
録音:中村寛
調音:松本隆司
編集:杉原よし
特撮監督:池田博
監督助手:白木慶二 伊藤聚
装置:太田正次郎
光学技術:石川智弘
進行:福山正幸 萩原辰雄
製作助手:武藤三郎
現像:東洋現像所
製作主任:内藤誠
特撮監修:川上景司
特撮美術:福田太郎
協力:日本特撮株式会社
協賛:渡辺製菓
出演:和崎俊哉 ペギー・ニール 原田糸子 柳沢真一 岡田英次
スコープサイズ カラー 88分

日本宇宙開発局・富士宇宙飛行センター(FAFC)では、地球最高の科学的頭脳を以って建造されたアストロ・ボートAABγ号を打ち上げる準備に追われていた。火星の調査のため打ち上げられたロケットの数々は、未確認飛行物体によって消息不明になったと考えられていた。その原因を究明するために機長の佐野、宇宙生物学者のリーザ、宮本通信員、塩田医学博士の4人がクルーとして選ばれた。

打ち上げに成功しカプセルから離脱したAABγ号は地球を周回し火星へ向かったが、磁気嵐に巻き込まれて地球と交信が出来なくなった。直後に現れたオレンジ色に輝く物体は、まるでAABγ号を監視するように速度を合わせて航行した。船内では塩田が体調を崩していたため、佐野は加速して磁場から脱出することにした。通信が回復したAABγ号はFAFCの所長・加藤博士にこれまでの状況を報告し、急遽月ステーション(MSC)に立ち寄ることになった。佐野たちはMSCで束の間の休息を取っていたが、塩田はスタイン医師から気圧の変化で起こる宇宙病の一種だと診断された。FAFCからの連絡で塩田の代わりを務めることになったスタインは、不平を言いながらも宇宙船に乗り込んだ。MSCを出発したAABγ号は再び火星を目指したが、大量の隕石が船体を襲った。そこへ現れたのはあのオレンジ色の飛行体だった。佐野は加速しようと試みたがAABγ号は飛行体に自由を奪われた。地球で佐野たちの安否を気遣う加藤博士とバーマン博士は、これまでに起きた一連の出来事は火星勢力圏への侵入を妨害する何者かの仕業ではないかと考えていた。

飛行体が去るとAABγ号のエンジンは出力が低下し航行不能となった。原因を探っていたリーザは窓から噴射口付近に異常があることに気付き、船外活動を行った佐野とスタインは船体に付着した謎の発光体を採取した。AABγ号はMSCからの救援ロケットに曳航されて地球に引き返すことになった。クルーたちはバーマン博士が主催するパーティーに出席したが、その間に研究室では異常事態が発生していた。発光体を入れたケースが割られ、床には高熱で溶かしたと見られる穴が開いていたのだ。そばに残された鶏のような足跡を見たバーマン博士は、発光体の中に宇宙生物が潜んでいたのかもしれないと考えていた。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R