忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

宇宙怪獣ガメラ

  • posted at:2006-01-01
  • written by:砂月(すなつき)
うちゅうかいじゅうがめら
大映配給
配給:大映配給
製作年:1980年
公開日:1980年3月20日 併映「鉄腕アトム 地球防衛隊」
監督:湯浅憲明
企画:徳山雅也
製作:大葉博一
プロデューサー:徳山雅也 篠原茂
脚本:高橋二三
音楽:菊池俊輔
主題歌:「愛は未来へ…」マッハ文朱
撮影:喜多崎晃
録音:飛田喜美雄
照明:島田忠昭
美術:横島恒雄
編集:田賀保
助監督:村石宏實
製作主任:久里耕介
操演:中島徹郎
装飾:岩田信尚
メイク:土屋千恵
記録:小林みどり
スチール:野上哲夫
擬闘:松尾悟
特殊撮影:東通ecgシステム
造形:ヒルマモデルクラフト エキスプロ
劇画:開田裕治
視覚効果:石田徹
タイトル:デン・フィルム・エフェクト
効果:P.A.G 赤塚不二夫 藤田信夫
衣裳:京都衣裳
録音所:にっかつスタジオセンター
現像:東京現像所
特撮フィルム
 撮影:築地米三郎 藤井和文 金子友三
 操演:恵利川秀雄 金子芳夫 関谷治雄 田中実
 美術:井上章 山口熙 矢野友久 石原章隆
 照明:石坂守 熊木直生 石森七郎 藤野慎一
 録音:渡辺利一 奥村幸雄 清水保太郎 奥山秀夫
 音響効果:小倉信義 小島明
出演:マッハ文朱 小島八重子 小松蓉子 工藤啓子 前田晃一

ペットショップ・モントウトウを営むキララは突然異変を感じ、マツダのショールームで働くマーシャと福田幼稚園の保育士・ミータンを急遽招集した。三人は地球の平和を守るために平和星M88から派遣された宇宙人だった。その後、宇宙海賊船ザノン号から地球にいる平和星人に向けて警告が発せられたが、それは我々に対する抵抗は許さないという内容だった。余計な手出しをすれば地球人を抹殺するというのだ。キララたちは地球を守る使命を確認し合った。広大な宇宙で略奪と殺戮を繰り返すザノン号。その次の攻撃目標は地球だった。ザノン号のキャプテンは地球上に存在する邪魔者を排除するために暗殺者・ギルゲを送った。東京に降り立ったギルゲは日本人の姿に変身して街に潜伏した。

亀が大好きな小学生・木下圭一は、キララの店に来ては水槽に入っているゼニガメを眺めていた。熱心に観察する圭一にキララが一匹あげると言うと、圭一は心の声で話ができるというお気に入りのゼニガメを選んだ。再び異変を感じたキララは圭一を家に帰してその時を待ったが、火山活動が活発になった富士山がついに噴火した。それに伴い日本各地にある活火山でも噴火が発生した。政府は調査団を富士山へ派遣したが、河口湖付近の山中から放たれた超音波でヘリコプターが切断され、墜落した。そして出動要請をうけた自衛隊機も怪現象によって次々と墜落して行った。

圭一は、母親から本当に動物を可愛がるのであれば狭い水槽ではなく大自然に放した方がいいのではないかと言われ、亀に尋ねてみることにした。すると亀はウインクをした。それが亀にとって幸せなことだと考えた圭一は、寂しかったが川へ放すことにした。その夜、ヘリコプターが墜落した地点に超音波怪獣ギャオスが現れた。空へ飛び立ったギャオスは名古屋へ向かい、市街地で破壊の限りを尽くした。その頃、キララはミータンとともにマーシャが到着するのを待っていた。だが彼女は渋滞にはまり身動きが取れなくなっていたのだ。変身したマーシャは特殊能力で車ごと瞬間移動させたが、それをギルゲの探知トレーサーがキャッチした。ギルゲはキャプテンに平和星人が一人いることを報告すると、ザノン号は攻撃を開始した。光線が当たり車は消滅したが、マーシャは辛うじて逃げ出し無事だった。キララたちは地球人から宇宙人の姿に変身すると分子構造が変化するが、ザノンの科学技術はそれをキャッチ出来るほど水準が高かった。三人は戦いたくても名古屋を救えない立場を悔しがった。

翌日、ペットショップを訪れた圭一は亀を川に帰したことをキララに詫び、その理由を話した。彼は成長した亀がガメラとなってギャオスと戦って欲しいと願っていたのだ。地球にガメラという巨大な亀がいることを知ったキララは死を覚悟して他の二人と変身した。そして念力を使ってガメラを眠りから目覚めさせようとしたのだ。しばらくすると咆哮が轟きガメラが現れた。ガメラは決戦の舞台である名古屋へ飛んで行った。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R