忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スカイハイ 劇場版

  • posted at:2005-12-27
  • written by:砂月(すなつき)
すかいはいげきじょうばん
アミューズ=東映=テレビ朝日=朝日放送
配給:東映
製作年:2003年
公開日:2003年11月8日
監督:北村龍平
製作指揮:大里洋吉 早河洋
企画:宮下昌幸 遠藤茂行 岩永恵 和田省一
エクゼクティブプロデューサー:河井信哉 木村純一
プロデューサー:遠藤日登思 出目宏 横地郁英
アソシエイトプロデューサー:橘田寿宏 福吉健 株柳真司
プロダクション統括:佐藤和之
アシスタントプロデューサー:進啓士郎
原作:高橋ツトム
脚本:桐山勲
音楽:森野宣彦 矢野大介
主題歌:「HORISON」HYDE
撮影:古谷巧
照明:高坂俊秀
美術:花谷秀文
装飾:花谷秀文
録音:高野泰雄
VE:高瀬尚一
編集:掛須秀一
サウンドエフェクト:柴崎憲治
整音:室薗剛
記録:山下千鶴
助監督:斎藤博士
製作主任:平増邦秀
製作担当:松田康史
宣伝プロデューサー:里登志幸
出演:釈由美子 大沢たかお 谷原章介 戸田菜穂 岡本綾
ビスタサイズ カラー 122分

都内で女性の死体が発見された。その死体は心臓を抉り取られ、ロープで宙吊りにされていたのだ。ここ最近、同様の猟奇殺人事件が各地で発生し、彼女は3人目の犠牲者だった。だが、目撃証言や物的証拠が乏しく捜査は難航していた。事件を担当することになった刑事・神崎耕平は、自分の結婚式の当日であるにも係わらず捜査に没頭し式のギリギリまで仕事をしていたが、その彼を待っていたのは想像を絶する悲劇だった。式が始まり扉が開くと、婚約者の斉木美奈はヴァージンロードゆっくりと歩いてきた。だが彼女の胸からは鮮血が滴り落ちていたのだ。ウェディングドレスは真っ赤に染まっていた。耕平は、崩れ落ちる美奈の体を受け止めることしかできなかった。人生最高の日は血に染まった。

美奈は殺人鬼の四番目の被害者となって死んだことを知らずに「恨みの門」の前に立っていた。「恨みの門」=それは不慮の事故や殺された人たちが魂となって来る場所だった。門番のイズコから三つの行き先のうち一つを選ぶことが出来ると言われた。一、死を受け入れて天国へ行き、再生を準備する。二、魂のまま永遠に現世をさまよい続ける。三、現世の人間を一人、呪い殺す。但し、呪い殺せばその魂は地獄へ落ち、終わりのない苦痛が永遠に続く。その話を聞いても自分の死を受け入れられない美奈は、魂の選択の猶予期間である12日間だけ現世へ降りることを許された。だが、その姿を生きている者たちが見ることはできなかった。検死室には、耕平の他に彼の先輩の城嶋刑事、検死医・青山響子、そして死んで横たわる自分がいた。美奈は3件と同じ手口で心臓を持ち去られた。たった数分間で…。城嶋は耕平を気遣って捜査から外したが、冷静さを失った耕平は犯人に復讐することばかり考えていた。美奈は何故自分が殺されたのかという理由が知りたかった。そこでイズコは、彼女の願いを叶えるために恨みの記憶を辿らせることにした。

3丁の銃を手に入れた耕平は、美奈が命を落とした教会へ行き、当時の記憶を甦らせようと努めた。その結果、教会に駆け込む寸前に女を見掛けたことを思い出したのだった。彼は城嶋にこのことを報告し、女の顔の画像をパソコンで作成した。城嶋は、捜査のことは任せるように言ったが耕平は聞く耳を持たなかった。耕平は響子から呼び出され、奇妙な写真を撮ったというカメラマン・岸一雄と会った。その写真は雑誌の取材時に撮られたもので、雑誌編集者の遠山小百合が写っていた。彼女の胸の部分には、心臓を鷲づかみにする手の影が写っていたのだ。一雄は以前、手の影が旅客機を鷲づかみする写真を撮影し、空港関係者に話したが誰も取り合おうとはしなかった。その後、旅客機は墜落し炎上したのだった。だが耕平は、こんなものは事件に何の関係もないと吐き捨てた。一雄は二枚の写真を取り出して、いや、あるんだと言った。耕平の前に差し出されたその写真は、遺伝子工学の権威で工藤ジェネティックのオーナー・工藤達也、そしてもう一枚は彼が見た女・工藤の秘書=レイだった。部屋の片隅にいた美奈は近寄って工藤の写真を見た。すると事件当時の記憶が次々と甦ってきたのだった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R