忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

千里眼

  • posted at:2005-12-17
  • written by:砂月(すなつき)
せんりがん
東映=小学館=小学館プロダクション
配給:東映
製作年:2000年
公開日:2000年6月10日
監督:麻生学
製作:佐藤雅夫 山下暉人 八木正男
企画:遠藤茂行 伊藤満
プロデューサー:渡邊範雄
原作:松岡圭祐
脚本:時中進 松岡圭祐
音楽:千住明
主題歌:「千里眼 ~No One Knows Me」Chino
撮影監督:加藤雄大
美術:稲垣尚夫
照明:和栗一彦
録音:今井善孝
編集:川島章正
監督補:鬼頭理三
助監督:桑原昌英
製作担当:榊田茂樹
スクリプター:山内薫
宣伝プロデューサー:稲本千春
音楽プロデューサー:川原伸司 津島玄一
アシスタントプロデューサー:出目宏 澤渡匠
製作協力:株式会社タイムズイン 東映京都撮影所
出演:水野美紀 黒木瞳 柳葉敏郎 矢島健一 田口トモロヲ
ビスタサイズ カラー 100分

栃木や茨城など関東の6ヶ所で原因不明の大規模な爆発が発生した。爆発の数時間前には報道各社に対して謎のテロリスト集団「ミドリの猿」から犯行予告が送りつけられていた。警察では緊急合同捜査本部を設置し捜査に当たったが、「ミドリの猿」の手掛かりは一向に掴めなかった。
6ヶ所の爆発、その原因は横須賀にあるアメリカ軍基地から発射されたのミサイルだった。日本国政府を代表して訪れた中空司令官・仙堂芳則は米軍側に説明を求めたが、責任者は調査中の一点張りで情報を開示しようとはしなかった。彼らが到着を待っていた人物は、東京晴海医療センターの脳外科医長で千里眼の異名を持つ友里佐知子だった。日本政府の代表である仙堂とアメリカ軍代表の責任者はお互いの立場を主張し譲ろうとはしなかった。そこで今後の判断は一枚のコインで決めることになった。仙堂が当てることが出来れば事件に関する情報を全て開示するというのだ。投げられたコインが掌に納まったとき、「裏」という声が聞こえた。その声の持ち主は、仙堂とともにやってきた二等空尉・岬美由紀だった。彼女は防衛大出身の幹部候補生で、折り紙つきの動体視力を持つF15のパイロットだった。そして軍事システムの知識も兼ね備えていた。

基地のコマンドシステムは日本人の侵入者・西嶺徹哉によって操作され、第一波が発射された。第二波も既に発射準備が完了し、西嶺は拳銃を自分の頭に突きつけてそのときを待っていたのだ。カウンセリングを行って男を説得することが友里の使命だったが、「ミドリの猿」に洗脳された西島を救うことは出来なかった。西島が頭を撃ち抜いて即死したことで、コマンドシステムの変更された暗証番号を聞き出すことが不可能になった。最新式ミサイル・ファストホークの標的は、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡の6大都市、残り時間は10分を切っていた。
機械に設置された防犯カメラには、西嶺が暗証番号を変更したときの表情が映っていた。そこで友里はこの映像を元にして10桁の暗証番号を解読することにした。美由紀からシステムの説明を受けた友里は、まず前半のカラーコード5桁を視線と筋肉の動きで当てた。ランダムである後半の5桁のうち4つをカラーコードと同じ数字を選んだ。そして残りの1つを、最も可能性が低いとされる「0」と入力した。システムは解除され、日本の危機は回避された。

危機的状況で行った友里の適切な判断に魅せられた美由紀は、人を救うこと真剣に考えることになった。彼女は仙堂に休暇願を申し出て、「ミドリの猿」事件で発生した被害者の救難活動を行うことにした。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R