忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

青の炎

  • posted at:2005-12-07
  • written by:砂月(すなつき)
あおのほのお
「青の炎」製作委員会(角川書店=アスミックエース エンタテインメント=ジェイ・ストーム=東宝=博報堂=東芝=アップフロントグループ)
配給:東宝
製作年:2003年
公開日:2003年3月15日
監督:蜷川幸雄
製作総指揮:角川歴彦
企画:江川信也
製作:椎名保 藤島ジュリーK 島谷能成 安永義郎 加藤鉄也 山崎直樹
プロデューサー:椿宜和 道祖土健
ラインプロデューサー:藪下隆
原作:貴志祐介
脚本:蜷川幸雄 宮脇卓也
音楽:東儀秀樹
音楽プロデューサー:小野寺重之
撮影:藤石修
照明:渡辺三雄
美術:中澤克巳
録音:中村淳
編集:川島章正
装飾:大光寺康
スクリプター:奥平治美
音響効果:柴崎憲治 北田雅也
助監督:萩原孝昭
製作担当:小林茂広
プロデューサー補:増田悟司 高木治男
制作:トスカドメイン
出演:二宮和也 松浦亜弥 秋吉久美子 山本寛斎 鈴木杏
ビスタサイズ カラー 116分

鎌倉の由比ケ浜高校に通う17歳の櫛森秀一はいつもあの男のことばかり考えていた。あいつをどうやって家から追い出すか。秀一は美しい母・友子や明るい妹の遥香とともに楽しい生活を送っていたが、そこに平和を乱す闖入者が現れた。それは十年前に友子と再婚しすぐに別れた男・曾根隆司だった。曾根は働きもせずに二階に篭り、酒が必要なときだけ降りてくるのだ。家族を自分の手で守らなければならないと考えていた秀一は、今何をすべきかを思案した。そこで彼は曾根との離婚調停に尽力した弁護士・加納雅志に相談を持ちかけた。秀一の父は彼が小さいころに交通事故で亡くなった。その後、友子は感じの良い曾根と知り合い再婚したが、それが全ての始まりだった。実際に生活を始めると曾根は本性を現し、だらしのない男へと変貌して行った。そして昼間から酒を飲み、時には友子や秀一に暴力を振るうようになったのだ。友子は、いつか秀一が曾根に殺されてしまうのではないかと心配になり離婚を決意したのだった。帰宅した秀一は友子に弁護士に会ったことを話した。秀一は、曾根を家から追い出すには友子が訴えでなければならないことを説明したが、彼女はもう少し考えると言って答えをはぐらかした。その様子を見た秀一は、母が曾根とやり直したいのではないかと考えるようになった。

ある夜、遥香の叫び声が聞こえると秀一は金属バットを持って部屋を飛び出した。遥香は曾根に腕を掴まれていたのだ。秀一は、遥香に手を出すなと叫んでバットを振りかざした。だが曾根はそれを物ともせずに近づいてきた。秀一がバットを振り下ろそうとしたとき、抱きついて止めたのは遥香だった。帰宅した友子は騒動に驚き、秀一の側に駆け寄った。そして彼のバットを取り上げると、曾根の気を静めるために金を渡した。友子は秀一の部屋で心の中を打ち明けた。彼女も曾根がいつまでも家に居座ることに賛成ではなかったが、それにはひとつの問題があった。遥香は友子の子供ではなく曾根の連れ子だった。十年前に離婚が成立したとき、友子と秀一は籍を抜いた。友子は遥香を養子として迎え入れようと考えたが、正式な手続きを取るには父親の承諾が必要になることを弁護士に言われたのだった。来年の春になれば遥香は15歳になる。そうなれば曾根の意思とは関係なく彼女は櫛森家のひとりとして暮らして行けるのだ。友子はもう少しだけ我慢して欲しいと懇願した。だが早く排除しなければ家族が壊れてしまうと考えていた秀一は、曾根を殺害する計画を立てた。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R