忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時をかける少女(1983年)

  • posted at:2005-06-23
  • written by:砂月(すなつき)
ときをかけるしょうじょ
角川春樹事務所
配給:東映
製作年:1983年
公開日:1983年7月16日 併映「探偵物語」
監督:大林宣彦
製作:角川春樹
プロデューサー:山田順彦 大林恭子
原作:筒井康隆
脚本:剣持亘
潤色:大林宣彦
撮影監督:阪本善尚
音楽監督:松任谷正隆
音楽プロデューサー:高桑忠男 石川光
主題歌:「時をかける少女」原田知世
挿入歌:「愛のためいき」
美術デザイン:薩谷和夫
音響デザイン:林昌平
照明:渡辺昭夫
録音:稲村和巳
音楽録音:堀真慈
記録:黒岩美穂子
編集:大林宣彦
助監督:内藤忠司
製作担当:坂本至徳
出演:原田知世 高柳良一 尾美としのり 津田ゆかり 岸部一徳
アメリカンビスタ カラー 104分

4月16日土曜日の放課後。掃除当番の芳山和子はクラスメイトの深町一夫、堀川吾朗とともに理科室の掃除をしていた。二人がごみ捨てに行っている間に和子は室内の後片付けをしていたが、誰もいるはずのない実験室で物音がしたためドアの鍵を開けた。実験室には元々鍵はなかったが、様々な薬品がなくなる事件が起きたことから防犯のために付けられたのだ。和子は二人のいたずらだと考え恐るおそる覗いてみたが、そこには誰もいなかった。そのときフラスコが床に落ち、白い煙が室内に立ちこめた。和子は不思議な香りに包まれ意識を失った。保健室で意識を取り戻した和子は、担任の福島利男たちとともに実験室へ様子を見に行くが、何事もなかったようにきれいなままだった。ここで起きた出来事を誰も信じてくれなかったが、彼女は気を失うときに嗅いだラベンダーの香りをはっきりと覚えていた。この事件をきっかけに和子は奇妙な体験をすることになる。翌日、昨日のことが頭から離れない和子は散歩に出掛けた。気晴らしも兼ねて借りたハンカチを返しに吾朗の家へ行ったのだ。和子は素直な気持ちを吾朗に伝えようとしたが、店の手伝いが忙しくて取り合ってもらえなかった。吾朗は代々伝わる醤油屋を引き継ぐつもりでいたが、彼の母親は大学へ行かせようと考えていた。

4月18日月曜日。和子はいつもどおり登校したが、一日中気分が優れなかった。自宅に戻った彼女は漢詩の授業でわからなかった箇所を復習していたが、突然の地震に驚き家族とともに庭へ避難した。近所で消防車のサイレンが鳴り響いているのを聞いた和子が辺りを見回すと、吾朗の家の付近が燃えていることがわかった。居ても立ってもいられなくなった和子は、家族が止めるのも聞かずに現場へ向かった。幸い火元は醤油屋ではなかったため、心配になって来ていた一夫と帰ることにした。植物採集のために明日学校を休むと言う一夫と別れた和子は、暗闇で何者かに襲われた。

4月19日火曜日。ベッドで目覚めた和子は寝坊をした事がわかり、慌てて支度をして学校へと急いだ。途中で吾朗に追いついた和子は異変を感じた。突然お堂の屋根瓦が滑り落ち、彼女は吾朗をかばった。大きな悲鳴をあげたとき、和子はベッドで目を覚ました。いつものように登校する和子は目を疑った。崩れ落ちたはずのお堂の屋根瓦が何事もなかったように整然と並んでいたのだ。福島は昨日と同じネクタイをしているし、学級委員長の神谷真理子は今日は16日だと言い張るのだ。吾朗に地震と火事のことを話しても知らないと言うし、植物採集へ行くと言っていた一夫も教室にいる。さらにおかしなことは続いた。漢詩の授業では前日と同じ問題が出題され、復習したはずのノートには何の記述も残されていなかったのだ。クラブ活動を抜け出して雨の中を帰宅する和子を呼び止めたのは一夫だった。一夫が雨宿りするように言うと、和子は幼なじみにも関わらず一度も来たことがない家に上がった。和子はためらいながらもこれまでに起こった出来事を一夫に話すと、彼はきっとデジャビュー=既視感ではないかと答えた。しかし丸一日が同じように繰り返されることはどう考えてもありえなかった。そこで彼女は自分の部屋で地震が来るのを待った。午後8時、地震は予定通りに発生した。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R