忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

吸血髑髏船

  • posted at:2005-06-22
  • written by:砂月(すなつき)
きゅうけつどくろせん
松竹
配給:松竹
製作年:1968年
公開日:1968年11月9日 併映「昆虫大戦争」
監督:松野宏軌
製作:猪股尭
脚本:下飯坂菊馬 小林久三
撮影:加藤正幸
音楽:西山登
美術:森田郷平
照明:佐久間丈彦
録音:小林英男
調音:佐藤広文
編集:太田和夫
撮影助手:赤松隆司
調音助手:立仙雅己
進行:池田義徳
現像:東洋現像所
製作主任:川邊一外
協力:日本特撮映画株式会社 川上景司 福田太郎
出演:松岡きっこ 入川保則 西村晃 岡田眞澄 金子信雄
シネマスコープ モノクロ 80分

太平洋を航海中の龍王丸が、首謀者の田沼と船員の末次、辻、小野、江尻に乗っ取られた。彼らの目的は、積荷として乗せられた時価数億円の金塊だった。船長や船員、乗客たちは足を鎖で繋がれ一ヶ所に集められた。その中には新婚旅行を兼ねて乗船していた船医の西里も含まれていた。船長は説得を試みるが、田沼たちは耳を貸そうとはしなかった。銃撃された船長を介抱していた西里の目に飛び込んできたのは部屋に匿っていたはずの妻・依子の姿だった。事態を重く見た依子は犯行グループの中に飛び込み、やめてと涙ながらに訴えたのだ。ところが依子は江尻から銃を突きつけられると暴行を受けた。西里は隙を見て小野から銃を奪おうとしたが、抵抗も空しく銃弾に倒れた。依子は夫を助けて欲しいと田沼にすがりついたが、銃撃され絶命した。そして乗員たちもみな自動小銃で掃射された。

事件から三年後、依子の双子の妹・冴子は湘南の教会で神父・明石の助手をしていた。冴子は明石から休暇を貰い、恋人の望月とモーターボートで沖に出かけた。ダイビングを楽しむ二人だったが、突如現れた光景に固唾を呑んだ。足を鎖でつながれた無数の骸骨が海中に揺らめいていたのだ。驚いた冴子たちは急いでボートに戻った。冴子と依子は、小さい頃からうれしいこと、悲しいことなどお互いの思いが不思議なくらいよくわかった。横浜港を出航した龍王丸は台風で沈没したが、あの骸骨を見てから冴子にその思いが再び甦ってきたのだ。冴子はまだ姉が生きているような気がしてならなかった。汽笛が鳴り冴子が窓の外に目を向けると、霧に包まれた海上には一隻の貨物船が漂っていた。船へ行くのよと叫び何かに取り憑かれたように船着場へ走って行く冴子を心配した望月は、彼女が操縦するモーターボートに飛び乗った。ボートは船名が見えるところまで近づいたが、高波を受け転覆してしまった。貨物船には龍王丸と書かれていた。

梯子を使って導かれるように船内に入った冴子は、船長室に辿りついた。そこには航海日誌があり、謀叛に至るまでの不穏な出来事が事細かに記されていた。冴子がそれに目を通していたとき女のすすり泣く声が聞こえ、彼女は声のする方へ歩いて行った。ドアを開けろうそくの明かりで部屋を照らすと、そこには冷たい表情で立つ依子がいた。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R