忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

地平線がぎらぎらっ

  • posted at:2008-03-02
  • written by:砂月(すなつき)
ちへいせんがぎらぎらっ
新東宝
配給:新東宝
製作年:1961年
公開日:1961年3月1日
監督:土居通芳
原作:藤原審爾
脚本:内田弘三 土居通芳
企画:小野沢寛
撮影:森田守
音楽:松村禎三
美術:小汲明
照明:石森浩
録音:片岡透
編集:神島婦美子
助監督:深町幸男
製作主任:藤岡治郎
出演:ジェリー藤尾 多々良純 天知茂 沖竜次 大辻三郎
シネマスコープ モノクロ 89分

ヤクザとの抗争で相手を刺殺した太田政吉(通称カポネ)、婦女暴行の大平義男(通称色キチ)、麻薬の密輸で現行犯逮捕された佐野鉄治(通称海坊主)、情報を逆手に顧客を強請った興信所所長の松田茂(通称教授)。この四人が収監されている第27房に、新入りがやってきた。
バーテンダーだった土屋啓一郎はキャバレーのホステスとして働く妻にちょっかいを出した男のどてっぱらに風穴を開けたという話を披露した。そして以前服役した経験を生かして要領よく振る舞うと、彼のことを気に入った古株のカポネはバーテンというあだ名をつけて可愛がった。房内で保たれていた秩序が乱れたのは、次の新入りがきてからだった。新波(通称マイト)は型破りな青年で、横柄な態度を取る彼をカポネたちは袋叩きにした。それでも歯向かおうとしたことから、教授は刑務所でのしきたりとして、新人は挨拶、土産物、居場所は便所脇と決まっており、デカい面をするには前科がものを言うことを教えた。だが謝る気など更々ないマイトは歯向かい続け再び袋叩きに遭うのだった。夜が深まり皆が寝静まった頃、マイトは突然起き上がり、バケツをドラム代わりにして大声で歌い出した。そして取り囲まれると、4年経ってシャバに出たらこの敵を取ってやるから忘れんなよと怒鳴った。

連日騒ぐマイトのおかげで睡眠不足に陥った5人は作業に身が入らなかった。ちょっとしたことでイラつくカポネに、若い者は自分たちと考え方が違って仁義も作法もないのだから気を大きく持って住み良いようにやらせてみないかと教授は提案した。だがカポネは若者に舐められないためにしきたりを守るんだと言った。そしていざとなれば傷一つつけずに殺れる手を知ってるんだと掌の中のものを見せた。作業場で騒ぎを起こしたマイトが手錠をはめられていたことから、カポネは運ばれてきた夕食に毒薬を混ぜて彼を殺そうと企んだ。だがそれを阻んだのは意外にも海坊主だった。彼は他の仲間から聞いた話を4人に静かに話し始めた。マイトは金融業者殺しの共犯で、何処かに大量のダイヤモンドを隠しているというのだ。それを聞いたカポネたちは掌を返したように猫なで声でマイトに近づき、捕まった経緯を聞くことにした。

逗子に別荘を持つマイトの彼女の父親は金貸しで、戦時中の供出ダイヤモンドを係だった彼がどさくさ紛れに持ち出したことをマイトのアニキが調べ上げたのだ。その洋館には隠し金庫があり、父親を脅すと震えあがって半分出すと言ったのだが、ブローニング銃を突きつけてきたことで殺したのだ。カポネはそのダイヤモンドの在り処を聞き出そうとしたが、マイトはそんなことをおめえたちに教えられるかと吐き捨てた。だが地平線のぎらぎらしたところにちゃんと埋めてあるんだと自慢げに言った。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R