忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

セックス・チェック 第二の性

  • posted at:2008-12-07
  • written by:砂月(すなつき)
せっくすちぇっくだいにのせい
大映
配給:大映
製作年:1968年
公開日:1968年6月1日
監督:増村保造
原作:寺内大吉
脚本:池田一朗
企画:関幸輔
撮影:喜多崎晃
音楽:山内正
美術:下河原友雄
照明:伊藤幸夫
録音:飛田喜美雄
編集:中静達治
助監督:崎山周
製作主任:渡辺俊策
現像:東京現像所
出演:安田道代 緒形拳 小川真由美 内田朝雄 滝田裕介
シネマスコープ カラー 89分

木下電気では女子工員の選考に原専務が関わり、陸上競技に参加できる人を優先的に採用した。もしも陸上部の中からオリンピック選手が誕生すれば、必然的に木下の名が世界中に知れ渡ることになるからだ。ただ、そうなるためには優秀なコーチが必要だった。そこで原は日本スポーツ連盟に顔が利く元陸上選手で社内医の峰重正雄にコーチの選任を任せた。峰重は選手時代の同期で名スプリンターの宮路司郎を推薦した。

宮路はすっかり落ちぶれていたが、彼の人生を狂わせたのは昭和14年の春に行われたアメリカ遠征の際、カーターというコーチに言われた言葉だった。「記録の壁は人間の力では破れない。破りたければ獣になれ。狼になれ」。宮路がその言葉を実行した矢先に日本は戦争に突入した。獣となった宮路は大陸の戦場を駆け抜け、銃剣で敵を刺し殺し、女を犯した。復員してからは先輩や仲間に嫌われ、連盟から除名された。その後は本能の赴くままに生き、今ではホステスのヒモとなっていた。宮路は峰重にとって大学時代以来の憧れの存在だった。そこで峰重は彼を救いたいという一心でコーチに誘ったのだ。しかし宮路は屑を指導するのは嫌だと突っぱねた。それでも諦めきれない峰重は、自宅へ招き入れて接待した。

翌日、診療所に現れた宮路の姿を見て峰重は喜んだ。ところが宮路の口から出た言葉に峰重は驚きを隠せなかった。彼は峰重の幸せを妬み、妻・彰子を強姦したというのだ。峰重はもう二度と顔を見たくないと静かに言った。部屋から追い出された宮路は、体育館でコーチに反抗的な態度を取るバスケットボール部の選手が目に留まった。男勝りの気の強さに惚れ込んだ宮路は、退部処分を受けた南雲ひろ子を陸上部にスカウトし、コーチを引き受ける決心をした。ひろ子にスプリンターの資質を見出した宮路は診療所に駆け込んで峰重に意気込みを力説したが、彼の心はもうそこに無かった。代わりに俺がここを辞めると言って部屋を出て行った。その夜、宮路はひろ子を家に連れて帰り祝杯をあげた。そして彼女に髭を剃るカミソリをプレゼントした。宮路は彼女の中に潜む男の能力を揺すり起こさなければ限界は超えられないと考えていた。そこでこれまでの生活環境を一新し、ひろ子を男に作り変えようとした。

宮路はひろ子に付ききりで指導したが、それが他の部員たちの不評を買った。その噂は社内中に広がり原の耳にまで届いていた。しかしひろ子以外の部員は屑同然だと考えていた宮路は、トレーニングに集中するためには彼女を女子寮から出した方がいいと原に提案した。猛特訓の結果、ひろ子はついにオリンピック標準記録に迫る11秒7の好記録を何度も出せるようになった。そこで宮路は売り込みを掛けるために連盟に乗り込んだ。協会の幹部である笹沼は大学時代のライバルだったが、宮路は強引に押し切って短距離強化記録会の出場権を手に入れた。記録会当日、宮路の狙い通りひろ子は100メートルを11秒7で走り抜けた。ホラだと思っていた話が現実となり笹沼は驚きを隠せなかったが、ある疑問が湧いた。本当に女なのか?宮路は絶対に女だと主張したが、公約どおり彼女とは男女の関係を絶って練習に集中したため、裸体を一度も見たことが無かったのだ。選手登録には女性証明書が必要になるため笹沼はセックス・チェックをひろ子に受けさせるよう宮路に指示した。その話を聞いたひろ子は、社宅のベランダで泣いた。彼女には人に話せない悩みがあった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R