忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SPACE ADVENTURE コブラ

  • posted at:2008-09-01
  • written by:砂月(すなつき)
すぺーすあどべんちゃーこぶら
東京ムービー新社
配給:東宝東和
製作年:1982年
公開日:1982年7月3日 併映「メガフォース」(7月10日より)
監督:出崎統
製作:藤岡豊 片山哲生
プロデューサー:池内辰夫
原作:寺沢武一
脚本:寺沢武一 山崎晴哉
作画監督:杉野昭夫
撮影:高橋宏固
音楽:東海林修
主題歌:「ディドリームロマンス」松崎しげる
・・・:「ステイ」EVE
美術監督:小林七郎
録音:加藤臭
編集:鶴渕允寿
助監督:竹内啓雄
製作担当:池田陽一
企画協力:光和インターナショナル
声の出演:松崎しげる 中村晃子 風吹ジュン 榊原良子 睦五郎
ビスタサイズ カラー 99分

惑星ダグザードで宣教師ダゴバの首を獲った重犯罪者捕獲人のジェーン・フラワーは、古ぼけた酒場である男と出会った。男を無視したジェーンは、店を出るとエア・カーで保安官事務所に向かったが、エア・バイクに乗った男はその後をしつこく追いかけてきた。男はジェーンに700万ビートルの賞金首の居場所を知っていると言った。「俺の名はコブラ!史上最高の賞金首!!」。ジェーンのレーザー銃が火を噴いた。冗談にも程がある。噂では宇宙海賊コブラは2年前に死んだはずだった。もし生きていたとしても、男とは顔が違いすぎた。しかし何処か憎めないその男の魅力にジェーンは魅かれて行った。

ジェーンは男を街まで送り届け、ダゴバの首を保安官に届けた。その夜、ホテルのベッドに横たわっていたジェーンは、窓の外にいた男を見つけると部屋に招き入れた。そのとき、窓ガラスを破って入ってきたのはダゴバの首だった。首はジェーンに向かって飛んできたが、銃で撃たれると動かなくなった。彼女は、海賊ギルドが保安官に手を回し、ダゴバを利用したのではないかと考えていた。海賊ギルドとは、第七銀河最大のマフィアで、その幹部は特殊偏光ガラスの肉体を持つクリスタル・ボーイだった。部屋には、ギルドの殺人部隊が次々と侵入してきた。二人は何とかホテルを逃げ出したが、今度はエア・カーをギルドの戦闘機が追い掛けてきた。男はエア・カーの天窓を開け、その方向に仁王立ちなると左腕を向けた。左腕は銃に変化し、光線がほとばしると戦闘機は一撃で沈んだ。

左腕にサイコガンを持つ全宇宙で唯一の男、彼は本物のコブラだった。ギルドにたった一人で抵抗した男は追跡を逃れるために顔立ちだけではなく、声紋や指紋、脳波の固有サイクルに至るまで変更し、別人として潜伏していた。ジェーンはコブラの出現を待ち望んでいた。ジェーンがある星に連れて行ってほしいと頼むとコブラは断る理由が見つからないということで了承した。二人は共同墓地に足を踏み入れた。そこには彼の死を偽装した墓があった。その地下は、コブラの愛機・タートル号の秘密基地になっていたのだ。操縦席ではコブラのパートナー、アーマロイド・レディが待っていた。三人を乗せたタートル号は惑星シドへ飛び立った。刑務所として利用されている惑星シドには、ジェーンの妹・キャサリンがギルドによって捕らえられていた。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R