忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

女を忘れろ

  • posted at:2005-06-13
  • written by:砂月(すなつき)
おんなをわすれろ
日活
配給:日活
製作年:1959年
公開日:1959年1月28日 併映「雑踏に光る眼」
監督:舛田利雄
原作:藤原審爾
脚本:山崎巌 舛田利雄
企画:浅田健三
撮影:姫田真佐久
音楽:直鍋理一郎
主題歌:「女を忘れろ」小林旭
美術:坂口武玄
編集:辻井正則
録音:橋本文雄
照明 藤林甲
助監督:河辺和夫
製作主任:栗林正敏
出演:小林旭 浅丘ルリ子 南田洋子 金子信雄 安部徹
シネマスコープ モノクロ 97分

かつて学生ボクシング界で圧倒的な強さを誇っていた田所修。強烈な左ストレートを武器に、プロへ転向してからも連戦連勝を飾っていた彼は新人王が確実だと目されていた。だが対戦相手の関口を失明させたことに責任を感じボクシング界を去った。そして医師の診断で手術をすれば彼の視力が回復することがわかると、同時に大学を中退し入院費用と手術費用を賄うためにキャバレー・銀の城でドラマーとして働くことにしたのだ。だが頭脳明晰で腕っぷしの立つ彼を皆用心棒として欲しがり度々キャバレーを訪れては良い条件を出したが、修は頑として考えを曲げようとはしなかった。東京慈愛病院に入院する関口を見舞った修は、その帰りに建設中のアパート楓荘に立ち寄った。退院後の彼の生活を考えて一室を提供しようと考えたのだ。だがアパートは未完成のまま放置され、一人の女性がその前で立ち尽くしていたが声を掛けずにその場を去った。その後、不動産屋で詳しい話を聞くことにしたが条件が合わず、バスがきたと話をはぐらかして店を出た。バスに乗ると彼の前に居合わせたのはアパートの前に立っていた女性だった。顔を見て思い出した修は挨拶をした。彼女は以前キャバレーで騒動があったときに修が助けた三木尚子だった。尚子は母親と二人暮らしで、生活に困り土地を手放そうとしていた。そこに建設会社社長の大沢がアパート建設の話を持ち掛けてきたため信用して全てを任せたのだ。今住んでいる家を担保にして400万円を借金し建築資金に回したのだが、後日それだけでは不足だと追加の資金を要求されたのだ。大沢が建設資金全額のうち半分の400万円を出資していることで期日通りに完成するものだと思っていた尚子はこのまま放置されるのではないかと不安を感じていたのだった。修は常連客である大沢に話をしてみると尚子を安心させて別れた。

その夜、店に大沢がこなかったことから修は大沢建設を訪ねて直接尚子の話をした。すると建築資材が高騰したことで見積もりと比較して100万円程不足しているのだという。そのことを尚子に知らせておいた方がいいのではないかと修は提案したが、恩人の遺族の生活設計を立てさせてあげようとして進めたことなので、今更金のことを口に出すことが出来ずに困っていると大沢は嘆いた。三木家が全財産をアパートにつぎ込み資産が今住んでいる家だけだと知った修は、東邦女子大学の校門で尚子を待ち、最後までとことんやるべきだと勇気づけた。帰宅した彼女は母・明子に家を売ってアパートの管理人になる提案をした。二人で生きて行くにはそれしかないと考えた彼女は明子を説得すると、翌日大沢に会った。売値が500万円と言われ納得した三木母娘だったが、全て大沢の計略通りに進んでいた。
 
屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R