忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

赤い夕陽の渡り鳥

  • posted at:2005-06-12
  • written by:砂月(すなつき)
あかいゆうひのわたりどり
日活
配給:日活
製作年:1960年
公開日:1960年7月1日 併映「刑事物語 小さな目撃者」
監督:斎藤武市
原作:原健三郎
脚本:山崎巌 大川久男
企画:児井英生
撮影:高村倉太郎
音楽:小杉太一郎
主題歌:「赤い夕陽の渡り鳥」小林旭
・・・:「アキラの会津磐梯山」小林旭
挿入歌:「煙草が二箱消えちゃった」井上ひろし
美術:中村公彦
編集:近藤光雄
録音:米津次男
照明:大西美津男
助監督:神代辰巳
色彩計測:幸田守雄
現像:東洋現像所
製作主任:林本博佳
出演:小林旭 宍戸錠 浅丘ルリ子 白木マリ 楠侑子
シネマスコープ カラー 80分

ギターを背負い馬にまたがった渡り鳥=滝伸次は、ふらりと会津磐梯山の麓に現われた。山道で子供の泣き声を聞いた伸次が下を覗くと、男の子が崖から飛び出た岩にしがみついでいた。驚いた伸次は急いで男の子のもとへ駆け寄ったが、山肌が滑りやすく救出に難儀していた。そのとき、上から「助けてやろうか?」と声が掛かった。顎ひげを蓄えた男は、ロープを下ろすと「礼には及ばねえぜ。世の中は持ちつ持たれつさ」と言って伸次の馬に乗って行ってしまった。

顎ひげの男は、眼前に煙を見つけるとその方向へ馬を走らせた。煙の正体は全焼した監視小屋だった。男は馬を降りてその様子を窺っていたが、放火犯だと決め付けた小平マキに猟銃を向けられた。マキが働く二宮牧場は、地元の建設会社・沼尻興業から度々嫌がらせを受けていたのだ。マキが引き金を引こうとしたそのとき、男を助けたのは伸次だった。伸次は男のアリバイを証明すると、馬に乗って男の子を家まで送り届けた。

キャバレー・レッドキャッツでごろつきを追い払った伸次は、マダムやマネージャーに気に入られ、地下の賭場に招かれた。そこでは昼間の顎ひげの男が機嫌を損ねていた。その男=ハジキの政は、ギャンブルで大勝ちした金を直ちに払えと居座っていたのだ。伸次はカードで勝負することを政に提案し、政はその話に乗った。勝負は完全に政のペースだったが伸次の目は見逃さなかった。イカサマを認めた政は、マダムに「逢いたかったぜ」とささやき、店を去った。政は、暴力団から逃げたマダム=原あけみの後を追っていた。ボスの女だったあけみは麻薬取引に関わる秘密に深入りしていたため、消すように命令されていたのだ。

東京から帰って来た二宮牧場の経営者・二宮靖子はマキからこれまでに起こった出来事を聞かされたが、仕返しをすれば相手の思う壺だとたしなめた。その矢先に靖子たちが乗ったジープが沼尻興業の連中に進路を塞がれてしまった。そこに現れたのは、客人として迎えられた政とレッドキャッツのマネージャー=小芝だった。政は以前何処かで会ったことがあるマキのことを思い出そうとしていた。そのとき、馬に乗った伸次が現れ、小芝が沼尻興業の責任者だと指摘した。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R