忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大当り三色娘

  • posted at:2005-08-26
  • written by:砂月(すなつき)

おおあたりさんしょくむすめ
東宝
配給:東宝
製作年:1957年
公開日:1957年7月13日 併映「「元祿忠臣蔵・大石最後の一日」より 琴の爪」
監督:杉江敏男
製作:杉原貞雄
原作:中野実
脚本:井手俊郎
撮影:完倉泰一
音楽:神津善行
美術:村木忍
照明:金子光男
録音:渡会伸
編集:岩下広一
振付:県洋一 花柳啓之
監督助手:秋山正
特殊技術:東宝技術部
現像:東洋現像所
製作担当者:石橋嘉博
出演:美空ひばり 江利チエミ 雪村いづみ 宝田明 山田真二
シネマスコープ カラー 94分

下北原マーケットに買い物に来ていた岡田家の家政婦・小林トミ子は、見ず知らずの女性が自分に向かって手を振っているのかと思った。ところがそれはトミ子の勘違いで、楠ミチオが彼女の後ろにいた根室エリ子に手を振っていたのだ。トミ子の横をすり抜けたミチオは幼なじみのエリ子と再会した。ミチオは板倉家に住み込み、作曲家と歌手の夫妻の世話をしながら好きな音楽の勉強をしていた。一方、エリ子も小島家の娘に日本舞踊を教えながら家事の手伝いをしていた。
用事を済ませて寄り道をしていたトミ子は、不良娘に声を掛けられ彼女の後をついて行った。預けたものを返すように言われたトミ子に心当たりはなかったが、買い物かごの中には見たこともない財布が入っていた。娘は自分のものだと言い張り無理に取り返そうとするが、トミ子はあなたのものだと証明出来ない限り渡さないと突っぱねた。そこへパトロール中の警官が通りかかり、トミ子は助けを求めた。娘は財布を諦めて逃げて行った。その夜、青年が岡田家のトミ子を訪ねてきたため、彼女は昼間の仲間が仕返しに来たのではないかと身構えた。ところがその青年・京須肇は掏られた財布の持ち主だった。肇が経済的に苦しい生活をしている学生だと知ったトミ子はお礼を遠慮したが、彼は封筒を無理に押し付けて帰ってしまった。そんな純真な肇にトミ子は魅かれて行った。

エリ子はミチオに重大な相談があると言った。それは小島家夫人の弟・松井宏が学生時代からミチオのことが好きでたまらないとエリ子に告白したのだ。夫人からの申し出もあり、エリ子は一度会ってみないかと言ったがミチオにはその気がなかった。ところがジェームズ・ディーンにそっくりだという話を聞くと彼女の態度は一変した。見合い話はトントン拍子に進み、次の日曜日に行われることになった。日曜日、お礼のお金でお菓子を買ったトミ子は肇の下宿を訪ねたが、そこは引越しの真最中だった。たくさんの荷物が積まれたリアカーを引いて肇が向かった先は、エリ子が家政婦として働いている小島家だった。小島家の主人は友人である肇の父親からの依頼で肇を書生として受け入れることになったのだ。家の中では宏が憧れの人との見合いに備えてめかし込んでいたが、庭にいた蜂に鼻の頭を刺され、あっという間に腫れ上がってしまった。宏は両親とともに病院へ行ったが、そうとは知らずにやってきたミチオは玄関で掃除をしていた肇を宏と勘違いして一目惚れした。ジェームズ・ディーンより宝田明ってとこねと大はしゃぎをするミチオに本当のことを話せないエリ子は、肇を説得して代わりに見合いをさせることにした。

屋台的映画館

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R