忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シュート!

  • posted at:2005-08-30
  • written by:砂月(すなつき)
しゅーと
松竹
配給:松竹
製作年:1994年
公開日:1994年3月12日
監督:大森一樹
製作:櫻井洋三 ジャニー喜多川
プロデューサー:田沢連二 椿宜和
原作:大島司
脚本:橋本以蔵
撮影監督:高間賢治
音楽:土方隆行
エンディングテーマ:「泣きたい気持ち」SMAP
挿入歌:「心の鏡」SMAP
挿入歌:「真夜中のMERRY-GO-ROUND」SMAP
挿入歌:「負けるなBaby!~Never give up」SMAP
挿入歌:「Hey Hey おおきに毎度あり」SMAP
挿入歌:「MR.LONELY」木村拓哉
録音:橋本泰夫
照明:上保正道
美術:金田克美
編集:池田美千子
助監督:藤嘉行 田村浩太朗
スペシャル・サッカーアドバイザー:ラモス瑠偉
製作協力:ジャニーズ事務所
出演:中居正広 木村拓哉 稲垣吾郎 草彅剛 香取慎吾
アメリカンビスタ カラー 104分

掛川高校一年の田仲俊彦=トシは、東京に転勤が決まった両親に逆らって静岡に残り、サッカーを続ける道を選んだ。彼は中学時代、白石健二、平松和広との掛西中トリオで全国大会のベスト4に勝ち残った。そんな彼らが掛川高校に進学した理由は、久保嘉晴という存在があったからだ。
彼らの憧れの先輩である久保は中学時代をドイツで過ごした。帰国後、新設校の掛川高校に進学した久保はキャプテンとして一年生ばかりのチームを引っ張り、静岡県大会で準々決勝に進むという快挙を成し遂げた。この試合を観たトシたちは、久保のレベルの高い技術に魅了された。

期待に胸を膨らませてサッカー部に入ったトシたちだったが、新入部員は雑用ばかりでサッカーの練習をさせてもらえなかった。そのころ憧れの久保は体の不調を訴えて入院し、サッカーへの情熱を失った白石と平松はそれぞれの道を選んだ。ある日、トシが放った右足のシュートに魅せられた同級生の遠藤一美が部室に押しかけ、無理矢理マネージャーに納まった。毎日雑用を押し付けられ不満を漏らす一年生部員に業を煮やした一美は、トシの名で部室の壁に貼り紙をした。それは、インターハイのレギュラーの座とトシの退部を賭けた上級生との試合の挑戦状だった。一美の企みは成功し、日曜日に試合が行われることになったが、一番驚いたのはトシだった。副キャプテンの神谷篤司が率いる二年生チームは、県大会でベスト4の実力を持っていた。試合が始まり、序盤は幸先良く一年生チームが先制した。ところが試合が進むにつれ実力の差は明確になっていった。トシの退部を心配した一美は、白石と平松を呼びに行ったが二人の居場所はわからなかった。がっかりして戻ってきた一美は、グラウンドの様子がおかしいことに気付いた。試合の噂を聞いて心配になった二人が駆けつけてきたのだ。白石と平松は、神谷に入部すると告げるとすぐに試合に参加した。勢いを取り戻した一年生は一点差まで詰め寄ったが、3-4で惜敗した。しかしトシたちの力を認めた神谷は、インターハイのレギュラーを一年生からも選ぶことを約束した。

試合の翌日、ついに久保が戻ってきた。彼は実践をしながらチームメイトの欠点を見抜き、アドバイスしていった。久保はトシが左足でシュートを打つときに軸足が開くことを指摘した。そして弱点を克服出来れば、掛高のエースストライカーはお前だ、と言った。トシはあまりのうれしさに言葉を失った。去ろうとした久保は、振り返って聞いた。「トシ、サッカー好きか?」。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R