忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

女真珠王の復讐

  • posted at:2005-08-27
  • written by:砂月(すなつき)
おんなしんじゅおうのふくしゅう
新東宝
配給:新東宝
製作年:1956年
公開日:1956年7月5日
監督:志村敏夫
製作:星野和平
原案:青木義久
脚本:相良準 松木功
企画:松崎啓次 小野沢寛
撮影:友成達雄
音楽:松井八郎
美術:朝生治男
照明:秋山清幸
録音:片岡造
編集:金子半三郎
助監督:土屋啓之助
製作主任:山本喜八郎
出演:前田通子 藤村昌子 宇津井健 三ツ矢歌子 藤田進
スタンダードサイズ モノクロ 90分

三信貿易の社員・木崎芳男は、翌日出張することになっている浅村健二専務の代わりに箱根へ行くことになった。箱根のホテルでは社長が静養していたが、重要書類に印鑑が必要になったというのだ。その日のうちに帰る様に言われた芳男は、婚約者の香川夏岐と食事する約束をしていたこともあり用事を済ませると急いで帰社した。ところが小使は、専務はもう帰宅したと言った。芳男は不審に思ったが、夏岐との待ち合わせ場所に急いだ。

翌日、浅村と彼の秘書・夏岐が乗るバンコク行きのフェリーを見送った芳男は殺人容疑で逮捕された。昨夜の8時半頃、通用門から侵入した人物が小使を殺害し、取引先へ支払う1500万円を盗み出したというのだ。目撃者はその人物が芳男と同じスーツを着ていたと証言し、彼のスーツのポケットからは金庫の鍵が発見された。さらに取り調べ中に掛かった電話で、社長が何者かに殺害されたことがわかった。午後6時ごろの犯行で、犯人は白のスーツに白黒のコンビの靴だったとボーイが証言した。

浅村と夏岐は船上で事件を知った。浅村の船室にやってきた船長と事務長は、東京からの無電で夏岐を事件の共犯容疑者として船長の権限で拘束せよという命令を受けたと報告した。それを聞いた浅村は、道徳的責任を感じているため内地へ送還するまで私に身柄を預けてくれないかと船長に頼んだ。浅村の管理下に置かれた夏岐は、経理課長から預かった金庫の鍵は確かに浅村に渡したから芳男が持っているはずがないと主張した。浅村は鍵のことは知らないととぼけ、君のことが好きなんだと言い寄った。強引に近づく浅村に狂気を感じた夏岐は部屋の外へ出て行ったが、浅村はどこまでも追いかけてきた。そして追い詰められた夏岐は足を滑らし海中に没してしまった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R