忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ごっどすぴーどゆーぶらっくえんぺらー
プロダクション群狼
配給:東映
製作年:1976年
公開日:1976年7月1日 併映「暴走の季節」「暴力教室」
製作:柳町光男
スタッフ:明石太郎 秋山洋 荒武建至 安西志麻 井上秀司 岩永章 岩永勝敏 宇内四郎 梅林一夫 浦田和治 大島ともよ 興松良昌 菊地進平 志満順一 杉浦誠 関正良 高橋登 塚本公雄 弦巻裕 永田鉄男 藤ヶ崎容子 南正人 宮下雅則 柳町光男 山田伸顕 横山吉文 吉田栄子
協力:プロダクション未来 不二技術研究所 日映美術
出演:BLACK EMPEROR
スタンダード モノクロ 91分

関東の広域暴走族「ブラックエンペラー」の一員であるデッコは、単車の腕は誰にも負けないと自負していた。夜は仲間たちと集団で暴走し、対立する組織等に暴行や破壊行為を行った。昨年の五月、「ブラックエンペラー」はタクシーを破壊する事件を起こし、デッコは事件に関与していないにも関わらず警察に逮捕された。事件当日、彼は別の場所で仲間と走っていたが、現場に一度集まったことが凶器準備集合罪とみなされたのだ。家庭裁断所で判決が下される前日、デッコは当然母親が付き添いとして来てくれるものだと思っていた。いつも自分のことをかばってくれるからだ。ところが母親はもうあんなところに行きたくないと拒んだ。デッコは一生懸命説得を続け、承認を取り付けるとまた夜の街へ出かけていった。父親はその様子を背中で聞いていた。

デッコは二人の仲間とともに四谷警察署の警官に補導された。それは仲間の一人がシンナーの入った袋を持っていたからだ。デッコは当然家族が迎えに来るだろうと思っていたが、その日に限って誰も来なかった。留置場に泊まったデッコは家族をぶっ殺してやろうと考えるほど怒っていた。その日は母親が不幸事で家にいなかった。代わりに電話を受けた父親は、息子が何をやったのかと警官に尋ねた。すると警官は仲間たちとともにシンナーを吸っていたと答えた。その後、デッコは直接的ではなかったなどと曖昧な答弁をする警官に不審を持った父親は、現場を押さえたのなら納得できるように説明するように言った。そして家族が迎えに行く必要がなければ直ちに釈放するように言った。翌日、警察へ行った父親は、デッコがシンナーを携帯していたという話を警官から聞かされ激怒した。使用している現場を押さえたわけではないのに勾留した理由を追求すると、警官は高圧的な態度を一転させて軟化した。父親はデッコが窃盗やシンナーの吸引をしていることを知っていた。それだけに警察として毅然とした態度を取って欲しかったのだ。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R