忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

青春共和国

  • posted at:2005-08-23
  • written by:砂月(すなつき)
せいしゅんきょうわこく
大映企画
配給:東宝
製作年:1994年
公開日:1994年6月9日 併映「月の夜・星の朝」
監督:小原宏裕
製作:溝口勝美 田村三枝子
プロデューサー:島田開 元持昌之
原作:赤川次郎
脚本:田波靖男 平山幸秀
企画:山本洋 荒井修
撮影:水野尾信正
音楽:鳴瀬喜博
ミュージックアドバイザー:三浦光紀
主題歌:「トロピカル・ミステリー」安田成美
美術:渡辺平八郎
照明:島田忠昭
録音:神保小四郎
整音:堀内戦治
編集:谷口登司夫
特撮:渡辺貢
助監督:山本伊知郎
記録:中川初子
装飾:橋本清
衣裳:中川邦夫
ヘアーメーク:杵渕陽子
アクションディレクター:風間健
特機:城田幸夫
製作協力:大映
企画協力:徳間書店
出演:安田成美 竹本孝之 武田久美子 浜田みどり 矢野有美
ビスタサイズ カラー 86分

新宿東高校の昼休み、放送部は校内番組「スクールアフタヌーン」を屋上から中継していた。その日は学校から見える風景という特集を組み屋外の景色を撮影していたが、偶然カメラが反対側の校舎の屋上を捉えた。そこには飛び降り自殺を図る男子生徒の姿が映っていたのだ。キャスターの三神英子やカメラマンの成瀬純夫たちは必死に止めようとしたが、彼の決心は固かった。救急車で運ばれた三年生の西川は、春休みを境に成績が向上し生徒会で発言するなど以前のイメージと変わったことが学年で話題になっていた。アルバイト先で同じクラスの松井洋子から相談を受けた英子は、彼女が西川と婚約していることを知らされ驚いた。二人は春休みにある島で出会い、彼が卒業したら結婚しようと約束を交わしていたのだ。英子が自殺の原因を聞きだそうとすると洋子はさりげなくはぐらかし、行きづらいから通夜に一緒についてきて欲しいと言った。ところが英子が着替えて戻ってくると洋子の姿はなかった。

洋子が通夜に顔を出していないことを知った英子は自宅を訪ねるが、父親で探偵の健三は娘の失踪を大人なんだからと笑い飛ばした。そして娘探しは金にならないし、もし何かあったら警察に頼むから心配ないと言った。仕事が立て込んでいるから勝手に見てかまわないと洋子の部屋の鍵を渡された英子は手掛かりを探し始めた。きちんと整頓された部屋の中でまず目に付いたのは、机の上に並べられた本だった。一番手に取りやすい本をめくると中から裏に「1984年 青春共和国にて 西川さん、山田さんと共に」と書かれた写真が落ちた。その写真には洋子と西川がにこやかに写っていた。英子は引き出しの中を調べアドレス帳を見つけ出すと、写っているもう一人の山田良平の自宅を訪ねた。歌舞伎町のゲームセンター・ペガサスで働いていることを突き止めた英子は良平と会って話を聞いたが、そんな島は知らないし洋子という女も知らないと言って出て行った。その後、良平は何者かによって殺された。その夜、ラジオを聞いていた英子は番組の中のメッセージに驚いた。それは「青春共和国にて待つ、洋子」というものだった。

あの事件以来、放送部は自由に活動できなくなっていた。そこで部長の純夫は部員にこれからの活動に対する意見を募ることにした。そして様々なアイデアの中から話題の青春共和国を取材することに決めた。しかし取材をいくら重ねても島の実態は一向に掴めなかった。そんなある日、英子のもとへ差出人のない一通の封書が届いた。それは青春共和国への招待状だった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R