忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

愛と誠(1974年)

  • posted at:2014-04-08
  • written by:砂月(すなつき)
あいとまこと
松竹=芸映プロ
配給:松竹
製作年:1974年
公開日:1974年7月13日 併映「にっぽん美女物語」
監督:山根成之
製作:樋口清 秦野貞雄
原作:梶原一騎 ながやす巧
企画:瀬島光雄 沢根幸男
脚本:石森史朗 山根成之
撮影:竹村博
美術:横山豊
音楽:馬飼野康二
録音:平松時夫
調音:松本隆司
照明:飯島博
編集:冨宅理一
光学技術:石川智弘
監督助手:佐光曠 植村信吉
装置:横手輝雄
装飾:露木幸次
衣裳:松竹衣裳
現像:東洋現像所
擬斗:足立伶二郎
進行:柴田忠
製作主任:池田義徳 峰順一
協力:株式会社三越 テクノス ラコステ・三共生興 湘南家具センター
出演:西城秀樹 早乙女愛 織田あきら 坂上大樹 南陽子
アメリカンビスタ カラー 89分

昭和49年。東京・青葉台高校の女子テニス部は、夏休みを利用して信州蓼科高原で合宿を行っていた。その夜、一人の生徒が初恋の思い出を語ろうと言い出し、やがて早乙女愛に順番が回ってきた。成績優秀でスポーツ万能、明るく爽やかな彼女だったが、このときばかりは顔が曇った。初恋と言えるかどうかわからないけど、と愛は重い口を開いた。

9年前の冬の出来事だった。父・将吾が持つ蓼科の別荘でスキー遊びをしていた7歳の愛は、大人でも危険な立ち入り禁止の斜面に迷い込んでしまった。止まることが出来ず、迫り来る巨木にぶつかることを覚悟したそのとき、彼女を救ったのは地元に住む少年だった。彼の額には、愛のスキー板が当たったときに出来た大きな傷があり、そこからは鮮血が滴り落ちていた。泣きじゃくる愛に向かって少年は泣くなと怒鳴り、このことは秘密だと釘を刺した。その後、将吾が別荘を軽井沢へ移したことと、少年が住んでいた山小屋が山火事で焼失したことで手掛かりを失った。だがあの出来事以来、彼女の心の中には白馬の騎士が住みつき、神聖な誓いとして秘密を守り通したのだった。

翌朝、部員たちが体操をしているところへ東京から来た不良グループがバイクで乗りつけ、彼女たちをさらおうとした。そこに現れたのは地元高校の愚連隊で、勝ち目がないとみたバイクのリーダーはナイフを振り回した。だが愚連隊のボスの額にある三日月形の傷を見て震え上がった。「フーテン・タイガー・・・」。彼こそが、白馬の騎士として愛の心に住みついていた太賀誠の現実の姿だった。誠は騒動を聞きつけてやって来る警官から逃れようとしたが、愛が足にしがみついたことで逮捕され、少年刑務所へ送られることになった。「必ず後悔させてやるからな!」。誠の心には憎悪の炎が燃えたぎっていた。

額の傷のせいで誠の人生を狂わせたことを知った愛は、償いをすることにした。まず早乙女財閥の当主である父にお願いし、誠の少年刑務所送りを辞めさせた。さらに早乙女家が身元引受人となって青葉台高校に編入させた。彼のプライドを傷つけないために学費、家賃、食費のみの援助にとどめ、何としてでも幼いころの魂を甦らせたいと考えていた。一方、誠は自分が受けてきた屈辱を愛に味わわせようと企んでいた。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R