忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

嗚呼!おんなたち 猥歌

  • posted at:2005-07-24
  • written by:砂月(すなつき)
ああおんなたちわいか
にっかつ
配給:にっかつ
製作年:1981年
公開日:1981年10月23日 併映「悪女軍団」
監督:神代辰巳
プロデューサー:三浦朗
脚本:荒井晴彦 神代辰巳
撮影:山崎善弘
美術:渡辺平八郎
照明:加藤松作
録音:橋本文雄
選曲:小野寺修
挿入歌:「きめてやる今夜」内田裕也
・・・:「コミック雑誌なんかいらない」内田裕也
・・・:「ONE NIGHT ララバイ」内田裕也
・・・:「パンク・パンク・パンク」内田裕也
・・・:「俺は最低な奴さ」内田裕也
・・・:「タレントロボット」アナーキー
・・・:「ローリング・オン・ザ・ロード」萩原健一 沢田研二
編集:鈴木晄
助監督:加藤文彦
色彩計測:高瀬比呂志
現像:東洋現像所
製作担当者:栗原啓祐
写真提供:週刊平凡
技斗:高瀬将嗣
出演:角ゆり子 中村れい子 内田裕也 絵沢萠子 太田あや子
シネマスコープ カラー 82分

妻・恵子に愛想をつかされた売れないロック歌手・田川ジョージは、今はソープランド嬢で愛人の佳江のヒモ同然となって暮らしていた。いつまでも煮え切らないジョージに佳江は籍を入れて欲しいとせがんだが、彼は首を縦に振ろうとはしなかった。ヒット曲を飛ばしたら絶対に捨てられると信じていた佳江はジョージの態度にヤケを起こし彼が運転する車のハンドルを掴んだ。道路を飛び出した白い車は横転し、大破した。二人は病院に担ぎ込まれたが、佳江が重傷だったのに対しジョージは奇跡的にかすり傷で済んだ。

ジョージは演歌歌手のように地方のレコード店を回ることに反対だったが、マネージャーのユタカに言い包められて新曲のキャンペーンを行うことになった。彼はくぬぎ楽器の店頭で「ONE NIGHT ララバイ」を歌ったが、レコードは一枚も売れなかった。キャバレーで歌っていても野次ばかりで相手にされなかった。そこで持ち歌を取りやめて「与作」を歌ったが、客の態度に怒りが爆発した。ジョージとユタカは大立ち回りを繰り広げ、客四人を殴り倒した。

佳江は退院をしたが、ジョージの洗濯物の中から電話番号が記されたメモを見つけ激怒した。その番号の主は、彼女が眠る病室でジョージが犯した看護師の羊子だった。住所を突き止めた佳江は部屋に上がりこみ、彼は自分のものだと主張した。一方、羊子も負けじと応戦した。取っ組み合いをした結果、お互いが苦労していることがわかり二人の間に奇妙な友情が芽生えた。

ステージでの過激なパフォーマンスが受け、ジョージの新曲は有線放送の29位にランクされた。喜びに浸るジョージは控え室にいた一美をファンだと思い込み犯した。ところが彼女はユタカの恋人だった。ジョージはユタカに自分を殴れと言ったが、苦楽をともにしてきた彼に手を出すことは出来ず怒りの矛先は一美に向いた。お前に隙がなければこんなことにならないんだとユタカに言われた一美は、彼にもう一度認めてもらうためにジョージを告訴した。この事態はスターダムにのし上がろうとしていたジョージにとって致命的だった。告訴を取り下げるようにと土下座するユタカに一美は言った。「あの人と私とどっちが大事なの?」。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R