忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バタアシ金魚

  • posted at:2006-06-14
  • written by:砂月(すなつき)
ばたあしきんぎょ
日本ビクター
配給:シネセゾン
製作年:1990年
公開日:1990年6月2日
監督:松岡錠司
製作:長谷川誠
プロデューサー:梅川治男
原作:望月峯太郎
脚本:松岡錠司
企画:小澤俊晴
撮影:笠松則通
音楽:茂野雅道
美術:小林正己
照明:渡辺孝一
録音:菊地進平
編集:岸真理
製作担当:松岡弘
製作協力:ティンダーボックス
出演:筒井道隆 高岡早紀 白川和子 東幹久 土屋久美子
ヨーロピアンビスタ カラー 95分

バイクにロマンを感じ友人が通学に使っているバイクをうらやましそうに眺める高校生のカオル。すると突然プールの方からバケツの水を浴びせられた。頭に血が上ったカオルは文句を言ってやろうと金網を駆け上がったが、その犯人がプールサイドにいた女子だとわかると隣にいた男子部員に矛先を向けて怒鳴りつけた。そして気にすることないよと言って一目惚れした彼女から名前を聞き出そうとしたが逆ギレされた。どうしても彼女の名前を知りたいカオルは泳げもしないのに水泳部に入部したが、水着姿に見とれながらバタ足の練習をしているところを顧問の先生に見られて叱責された。練習が終わると帰宅途中の彼女を追い掛けて再び名前を聞き出そうとしたが、私はやたらと人に名前を教えないのと断られてしまった。そこであるアイデアを思いついたカオルは自動車修理工場に勤めるガールフレンドのプーのところへ行きバイクを借りようとした。ところが最近会ってくれないとお冠で聞く耳を持たないのだ。いろいろと忙しいと説明をしても聞き入れてもらえず奥の手の泣き落としを使うと、プーはついに折れて鍵を渡したのだった。そうやって手に入れたバイクの使い道はソノコの送迎だった。母・まさえを味方につけると作戦通りに外堀から埋めて行き、呆れ果てた彼女も今では止むを得ずと言いながら満更ではなかった。

放課後、部活の練習にやってきたカオルはわざわざソノコの隣に座ると、「俺、オリンピックに出るから。ソノコ君のために」と気を引くために言った。ソノコがまたいつもの軽口だと聞き流していると、部員の永井が泳ぎ始めた。彼は水泳部のエースで、その本格的な泳ぎを目の当たりにしたカオルは衝撃を受けたのだ。ソノコに認められたいカオルはスイミングスクールに通うことにしたのだが、周りは小学生ばかり。そのレベルにも達していないカオルの泳ぎに鬼コーチは雷を落とし、それに反抗した彼はババアと罵った。だがババアはカオルを家に連れ帰って家族と一緒に生活させることにした。何故なら彼女はカオルの素質を見抜き鍛えればオリンピック選手になるかもしれないと考えたからだ。だが見ず知らずの人を連れてくるのはこれが初めてではなく、家族からしてみれば迷惑な話だった。

授業が終わりカオルはいつものようにプールでソノコがくるのを待っていたが、その日は部活が休みだった。慌てて着替えて駐輪場に向かうとプーが仏頂面をして待っていた。連絡をくれないからバイクを返して欲しいというのだ。プーから散々嫌味を言われてカオルが渋々鍵を返した頃、ソノコは親友のリリコと帰宅していた。人に好かれるっていいことよとリリコは言ったが、カオルのことを毛嫌いするソノコはその意味を理解していなかった。
 
屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R