忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ナビィの恋

  • posted at:2009-04-08
  • written by:砂月(すなつき)
なびぃのこい
イエス・ビジョンズ=オフィス・シロウズ
配給:オフィス・シロウズ=東京テアトル
製作年:1999年
公開日:1999年12月4日
監督:中江裕司
製作:竹中功 佐々木史朗
プロデューサー:石矢博
製作補:澤昌平 新井真理子
協力プロデューサー:佐藤美由紀
原案:中江裕司 中江素子
脚本:中江裕司 中江素子
撮影監督:高間賢治
音楽:磯田健一郎
テーマ曲:「RAFUTI」登川誠仁
美術:真喜屋力
照明:上保正道
録音:井家眞紀夫
編集:宮島竜治
助監督:土岐佳嵩
スクリプター:松橋章子
衣裳デザイン:小川久美子
装飾:秋田谷宜博
衣裳:澤いずみ
衣裳(沖縄):金城美香
ヘア・メイク:大野悦香
製作担当:傳野貴之
出演:西田尚美 村上淳 平良とみ 登川誠仁 平良進
アメリカンビスタ カラー 94分

都会の生活に疲れた東金城奈々子は、幼なじみのケンジが操縦する連絡船に乗って生まれ故郷の沖縄・あぐに島に帰った。港で彼女を暖かく迎えたのは恵達おじぃとナビィおばぁだった。恵達おじぃが運転する車に乗って揺られていた奈々子は、島の住民とはかけ離れた雰囲気の二人を目撃した。一人はバックパックを背負った旅人風の青年、そしてもう一人は白いスーツの老紳士だった。奈々子は、恵達おじぃからあんたの生まれた家だから好きなように居ればいいよと言われ、会社を辞めたことを告白した。しかし恵達おじぃは深くまで聞こうとはしなかった。

翌日、ナビィおばぁは奈々子と一緒に近所の雑貨屋・大濱商店に出かけた。その店の主・麗子は元オペラ歌手で、亭主のオコルナーは隣でコーヒーショップ・おこるなぁを営んでいた。オコルナーは遥々アイルランドから麗子を追いかけて来たのだ。愛を唄う麗子の歌声にナビィおばぁは涙を流した。その帰り道、ナビィおばぁはちょっと寄り道するからと言って奈々子に荷物を預けると何処かへ行ってしまった。その頃、恵達おじぃは牧場で牛のための草を刈っていたが、そこで出会った青年・福之助と仲良くなり家に連れて帰ってきた。恵達おじぃは福之助のことをとても気に入り、三味線を教えたり離れで寝泊りすることを許可するなど上機嫌だったが、夕方遅く帰ってきたナビィおばぁに気付くと激しく叱った。

翌朝、恵達おじぃは福之助と牧場に出かけた。するとナビィおばぁもブーゲンビリアの鉢を持って出かけた。最近ナビィおばぁの様子がおかしいことに気付いていた奈々子は、近所の子供たちを集めてナビィおばぁのあとを付けるように言った。ケンジのところへ相談に行った奈々子は、あの老紳士が戦前まで島にいたことを知った。そこへ自転車を飛ばしてやってきた女の子は、奈々子にデイジ大変だと言った。奈々子は子供たちが群がる草むらからそっと仲村渠家の墓を覗いた。墓の前では60年前の約束を果たしに来たサンラーとナビィおばぁが抱き合っていた。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R