忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

脱線三銃士

  • posted at:2005-07-02
  • written by:砂月(すなつき)
だっせんさんじゅうし
日本テレビ映画社
配給:新東宝
製作年:1958年
公開日:1958年9月14日 併映「母恋鳥」
監督:千葉胤文
原作:山口素一
脚本:勝俣真喜治 千葉胤文
撮影:砂山利宗
音楽:吉野達彌
照明:梶孝三
録音:上出栄二郎
助監督:勝俣真喜治
編集:稲葉郁三
製作主任:角田卓郎
出演:由利徹 南利明 八波むと志 折原啓子 丹波哲郎
スタンダード モノクロ 44分

タクシードライバーの八波、サンドイッチマンの南、看板屋の由利の一日は、常盤食堂を手伝うことから始まる。三人は朝起きるとまず店主の娘・お咲の顔を見るために食堂へ行き、一仕事。それからそれぞれの職場へ向かうのが日課になっていた。

南はいつものように街中でプラカードを持って宣伝用のマッチを配っていたが、たまたま一掴みづつ配っているところを広告主に見つかりクビになってしまった。その話を聞いたお咲は彼を気の毒に思い、次の職が見つかるまで食堂で働けるように父親に頼んだ。由利は雇い主であるコクユー塗装の親爺から妾宛ての手紙を預かった。無事に届けたが、家の前に停めてある彼の自転車を通りかかった親爺の妻が見つけてしまった。家に上がりこんできた妻に対し由利は彼女が自分の恋人だと言い張るが、ならばその証拠を見せろと言ってきた。べったりとくっついている二人の様子を外から伺っていた親爺は、由利をクビにした。八波は怪我をした子供をタクシーで病院へ運んだ。母親が200円しか持っていなかったため彼は善意で受け取ろうとしなかった。走行距離と料金が合わないことを大和交通の社長に問い詰められた八波は本当のことを言ったが、信じてもらえずクビになった。

由利と南は突然田舎に帰ると言い出した。そこで二人がお咲を諦めたのだと考えた八波は彼女に理想の男性のタイプを聞いてみた。その答えは「自衛隊の隊長さんよ」。八波は思い切って自衛隊に入隊することにした。知り合いなどいないはずの自衛隊、だがその中に見慣れた顔が二つあった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R