忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ホワイトアウト

  • posted at:2005-07-02
  • written by:砂月(すなつき)
ほわいとあうと
ホワイトアウト・パートナーズ(日本ヘラルド映画=フジテレビジョン=東宝=日本ビクター=電通=アイ・エヌ・ビー=デスティニー)
配給:東宝
製作年:2000年
公開日:2000年8月19日
監督:若松節朗
製作:坂上直行 宮内正喜 岸田卓郎 高井英幸
企画:塩原徹 河村雄太郎 島谷能成 永田芳男
プロデューサー:小滝祥平 遠谷信幸 石原隆 臼井裕詞
アソシエイトプロデューサー:野口照彦 千野毅彦 佐倉寛二郎 前島良行
原作:真保裕一
脚本:真保裕一 長谷川康夫 飯田健三郎
撮影:山本英夫
音楽:住友紀人 ケンイシイ
照明:本橋義一
録音:小野寺修
美術:小川富美夫
編集:深沢佳文
監督補:森谷晁育
助監督:谷口正行
製作担当:藪下隆 田中盛広
出演:織田裕二 松嶋菜々子 佐藤浩市 石黒賢 中村嘉葎雄
アメリカンビスタ カラー 129分

極寒の12月、日本最大の貯水量を誇る新潟県奥遠和ダム付近で人影が確認された。天候は大荒れだったためダムの運転員たちは説得したが、富樫輝男と同僚の吉岡和志は制止を振り切って遭難者の救出に向かった。猛吹雪の中、富樫たちは遭難者を発見したが二人とも意識を失っていたため背負って帰ることにした。ところが、一人が意識を取り戻して暴れ出し、吉岡はその遭難者とともに転落してしまった。富樫は吉岡を助けに行ったが、彼は右足を負傷して動けなくなっていた。富樫はビパークして吹雪をやり過ごそうとしたが、遭難者の命が明日までもたないと考えていた吉岡は、ダムに戻って救助を呼んで来いと言った。自信がないのかと言われて向きになった富樫はダムを目指したが、ホワイトアウト現象に巻き込まれて無視覚状態に陥ってしまった。翌日、富樫は救助隊に助けられたが、遭難者をかばった吉岡は帰らぬ人となった。

事故から2ヶ月後、吉岡の婚約者だった平川千晶は、彼の仕事に関心を持ち奥遠和を訪れた。出迎えたダム職員の岩崎吉光は車を運転しながら案内をしていたが、猛スピードの白いキャブオーバー車に追い抜かれて思わずあぶないなあと呟いた。車は新潟中央テレビの中継車だった。岩崎の車が最後のトンネルを通過しようとしたとき、停まっているSUV車を発見した。近寄った岩崎は立ち入り禁止であることを忠告したが、銃で撃たれて絶命した。驚きの光景を目撃した千晶は座席の陰に隠れて息を潜めた。その頃、ダムの周辺では不審な人影が目撃されていた。雪の多い季節だというのに大きな荷物を引っ張って登山しているのだ。富樫と村瀬勇治はリフトで接近することにした。村瀬は建物の屋根に上る男たちに呼びかけたが、いきなり発砲された。驚いた富樫は転がるようにして逃げた。

奥遠和ダムはテロリスト集団・赤い月によって占拠された。そしてプログラムが変更されたことで9つの発電所も彼らのものとなった。ボス・宇津木弘貴は、ダムも人質も自分たちの手中にあることを長見警察署に無線で知らせると、それが事実であることを証明するために電力を遮断して見せた。これにより供給地域は停電した。赤い月は24時間以内に不揃いの札で50億円を用意することを要求した。そして要求が聞き入れない場合は人質の殺害とダムの爆破を予告した。仮にダムが爆破で決壊することになれば、6億立方メートルの水が下流域の住民20万世帯を飲み込んでしまうのだ。ダムに通じる唯一のシルバーラインは犯人グループが爆破し、他の県道は雪に埋もれていた。奥遠和ダムは今や雪に守られた要塞と化していた。

人質となった千晶と運転員たちは別室で後ろ手に縛られていた。ガラス越しに監視モニターを見た千晶は、そこに映る微かな人影を目撃した。その話を聞いた職員たちは、皆それが富樫だと口々に言った。責任感が強い彼が生き延びているのなら必ず警察を連れ来ると信じていたのだ。しかし吉岡を見捨てたと思い込んでいた千晶だけは違った。あの人なら逃げるだけよと言い放った。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R