忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

忍 SHINOBI

  • posted at:2006-08-16
  • written by:砂月(すなつき)
しのび
「忍 SHINOBI」パートナーズ(松竹=日本テレビ放送網=讀賣テレビ放送=読売新聞=衛星劇場)
配給:松竹
製作年:2005年
公開日:2005年9月17日
監督:下山天
製作総指揮:迫本淳一
製作:久松猛朗
プロデューサー:榎望 斉藤寛之
アソシエイトプロデューサー:中嶋竹彦
ラインプロデューサー:岩田均 斉藤朋彦 田村健一
原作:山田風太郎
コンセプトデザイン:山田章博
脚本:平田研也
音楽:岩代太郎
主題歌:「HEAVEN」浜崎あゆみ
撮影:近森眞史
照明:渡邊孝一
美術:磯見俊裕
録音:鈴木肇
編集:川瀬功
アクション監督:下村勇二
衣裳デザイン:小川久美子
VFXプロデューサー:浅野秀二
CGディレクター:林弘幸
テクニカルスーパーバイザー:横石淳
出演:仲間由紀恵 オダギリジョー 黒谷友香 沢尻エリカ 石橋蓮司
シネマスコープ カラー 101分

長い戦乱の世が終わりを告げ、太平の世が訪れた1614年。忍びの発祥の地である伊賀と甲賀には山深い地にそれぞれ隠れ里があった。伊賀の「鍔隠れ」、甲賀の「卍谷」では400年にも亘って不可思議な術を使う忍びを密かに育てていたが、犬猿の仲の二つは常に衝突した。あまりの強さに使うことをためらった初代・服部半蔵はお互いが戦い合うことを禁じ、境界に祠を建てたのだった。だが、豊臣家の残党が彼らを用いて謀叛を起こすという噂が広がったことで平安の地が再び戦場となることを恐れた徳川家康は、参謀の南光坊天海から出されたある提案を受け入れることにした。

鍔隠れの党首・お幻と卍谷の党首・甲賀弾正を駿府城二の丸に招いた三代目・服部半蔵は、長期に亘る争忍の禁を解くことにすると言った。それは和解を勧めるということではなく、互いが選出した五人の手練による流派の存亡を掛けた戦いを行うというだった。そして勝ち残ったのが伊賀であれば徳川秀忠の嫡男・竹千代を、甲賀が勝てば次男・国千代を世継ぎにする次期将軍の座を決する戦いでもあった。そうとは知らないお幻の孫・朧と弾正の跡継ぎ・弦之介は運命的に出会い、恋に落ちた。弦之介は、弾正が駿府城から戻ったらこのことを話そうと考えていた。国が一つになり天下泰平となれば互いを憎しみ合う必要がないからだ。だが朧は、長い間の憎しみはそう簡単に許し合えるとは思えないと否定的だった。弦之介は、二人だけで逢えるのは夢の中だけだという朧に「二人だけで祝言をあげよう」と言って母親の形見である櫛を渡した。

卍谷からは室賀豹馬、筑摩小四郎、陽炎、如月左衛門、弦之介が選ばれた。弦之介が、大御所の座興に何故我々が付き合わなければならないのかと問うと、武器である我等を使おうとするものがなければ生きる道がないと弾正は言った。一方、鍔隠れからは薬師寺天膳、夜叉丸、蓑念鬼、蛍火、朧が選ばれた。お幻は、お前は心根が優しすぎるから鋼の心を持てと言った。そして、これからは鍔隠れをお前が背負って行けと数珠を手渡した。朧と弦之介は過酷な運命に翻弄されて行った。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R