忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

黄金バット(1966年)

  • posted at:2006-07-31
  • written by:砂月(すなつき)
おうごんばっと
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1966年
公開日:1966年12月21日 併映「海竜大決戦」
監督:佐藤肇
企画:扇沢要
原作:永松健夫
脚本:高久進
監修:加太こうじ
撮影:山沢義一
録音:内田陽造
照明:銀屋謙蔵
美術:江野慎一
音楽:菊池俊輔
編集:祖田冨美夫
特殊撮影:上村貞夫
助監督:山口和彦
制作主任:久野義雄
現像:東映化学工業株式会社
主題歌:「黄金バット」ボーカル・ショップ
協力:第一動画株式会社
出演:ミスター黄金バット 千葉真一 中田博久 高見エミリー 山川ワタル
シネマスコープ モノクロ 73分

夜の巡回を行う警官は、展望台で熱心に天体望遠鏡を覗き込む少年に出会った。その少年は気軽に声を掛けてきた警官に地球が危ないと警告したが、それは若者の空想に違いないと理解して星のことはそこの天文台に任せるべきだと警官は言った。天体観測を趣味とするその少年は風早アキラといい、その付近にある東京宇宙天文台の職員とは顔なじみだった。彼は早速、一週間前から惑星イカルスが軌道を変え、このままでは地球に衝突することを天野博士に伝えた。すると天野は、たとえ毎晩熱心に観測していたとしても確実な証拠がない限り素人の言うことは信用出来ないと冷たく言った。アキラが落胆して出てきたところに車が停まり、彼は黒服の男たちに拉致された。

アキラが連れて来られたのは、日本アルプスの山中にある国連秘密機関日本支部パール研究所だった。隊長のヤマトネ博士はアキラが宇宙や科学に博識で大変な才能を持っていることを調べ上げていた。そして自動車工場で働き、親兄弟がいないことも。ヤマトネはこの研究所が地球上のあらゆる異変に備えて研究していることを説明して誤解を解くと惑星イカルスの話を始めた。研究所の計算では、衝突は10日後の12月16日8時23分。そうなれば地球は一たまりもなく破壊される。それを防ぐにはイカルスの軌道を戻すことが第一だが、それが不可能となれば破壊するしかなかった。そこでアキラの頭脳を必要とするヤマトネは、地球の平和を守るために隊員になってくれないかと頼んだ。アキラは少し考えてから協力することに決めた。ヤマトネはパール博士に彼を紹介するとともに、超破壊光線砲を公開した。これはヤマトネとパールが研究、開発した光線砲で、原子力で作った光を特殊なレンズで一千個の水爆に相当する熱線に変換して放射する強力な兵器だった。これは現在アメリカ陸軍が開発しているルビーを利用したレーザー光線と原理は同じで、計算上は接近するイカルスを破壊する威力があったが、強烈な光を通すレンズの原石が発見出来ていないため未完成の状態だった。そのとき、原石を探す別動隊から救援要請があり、ヤマトネたちは救助に向かった。SOS発信地点は、北緯15度23分、西経172度11分。スーパーカー2号が現地に到着すると、そこには地図に載っていない島が浮かんでいた。上陸すると神殿のような建物の傍らに隊員が全員倒れていた。彼らには既に息がなく、顔は焼けただれていた。そして象形文字で預言者ヨハネスと石板に刻まれていたことから、この島は幻のアトランタス大陸の一部である可能性が高くなった。そのとき海中から司令塔が現れ、攻撃が始まるとヤマトネたちは建物の中に避難した。暗闇を進むとやがて行き止まりの先に光が漏れる壁を見つけ、石を取り外すことで中から石棺が滑り出て来た。そこには象形文字で「一万年後に人類の危機が必ず来る。そのときこの棺の蓋を取り去ると、我黄金バット一万年の眠りより覚めて戦いをともにせん」と刻まれていた

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R