忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

催眠

  • posted at:2005-11-04
  • written by:砂月(すなつき)
さいみん
東宝=TBS
配給:東宝
製作年:1999年
公開日:1999年6月5日
監督:落合正幸
製作:柴田徹 原田俊明
プロデューサー:櫻井武晴 濱名一哉
協力プロデューサー:田上節朗
原作:松岡圭祐
脚本:落合正幸 福田靖
音楽:蓜島邦明
主題歌:「deep inside」saju
撮影:藤石修
美術:清水剛
録音:宮内一男
照明:粟木原毅
編集:深沢佳文
監督補:加門幾生
助監督;手塚昌明
製作担当者:金澤清美
出演:稲垣吾郎 菅野美穂 宇津井健 升毅 渡辺由紀
ビスタサイズ カラー 109分

東京都内では奇怪な事件が続出していた。自宅の窓ガラスを突き破って飛び降りた73歳の男、脚の骨が折れるまで全力疾走した女子陸上選手、結婚披露宴の最中に自分の首をネクタイで締め上げた新郎。彼らは皆、心に傷を負っていた。一連の事件で共通していたのは、「ミドリの猿」という言葉を最後に遺したことだった。櫻井孝典刑事は、次々と起こる怪事件に頭を悩ませていた。署内で行われていた心理学の講義に顔を出した櫻井は、そこで話す心理カウンセラーの嵯峨敏也に興味を持った。

翌日、櫻井から呼び出された嵯峨は、死亡者たちが何らかの方法で人生で一番辛い経験や不安を高める暗示に掛けられていたのではないかと言った。後催眠暗示であれば、被験者は覚醒した後でも与えられた指示を思い出すことが出来ず、組み込まれたサインが何かのきっかけで送られることでその行動を取ったり意識が変化するからだ。その話を聞いた櫻井は、死亡者たちが発した「ミドリの猿」という言葉は関係あるのかと質問したが、サインは外から与えられるもので当事者本人が喋ることはないと嵯峨は答えた。監察の井手利一に呼び出された櫻井は、新郎の血液中に含まれている白血球が増え、壊れていたことを明かした。それは蛇に咬まれたときと似た症状だった。彼は石油プラント開発の仕事で昨年は南米にいた。密林に入ることがあったため、毒蛇の恐怖と戦っていたのだ。生体反応の結果から、新郎は窒息死したのではなく毒蛇に咬まれたという暗示で死んだのだと櫻井は言った。催眠を掛けられていたのならば、自分の意思と反して死んだと考えることが出来るため全ての説明がついた。だが、その意見に真っ向から反対したのは嵯峨だった。たとえ催眠で暗示を掛けたとしても意思に反した行動は起こさないからだ。死亡者が心の傷を急に口にして行動していることから、不安を与えて傷口を広げ死に誘導するような暗示を掛けているのではないかと言った。

テレビで催眠術を扱ったバラエティーショーが生中継されていることを知った櫻井たちは、放送局に乗り込んだ。舞台の袖で椅子に座っていたのは、見世物となった解離性同一性障害(多重人格者)の入絵由香だった。彼女が複雑な事件の鍵を握っていると考えた櫻井は、嵯峨に捜査への正式な協力を願い出た。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R