忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

えこえこあざらくうぃざーどおぶだーくねす
ギャガ・コミュニケーションズ=円谷映像
配給:ギャガ・コミュニケーションズ
製作年:1995年
公開日:1995年4月8日
監督:佐藤嗣麻子
企画:山地浩 円谷粲
プロデューサー:千葉善紀 小林俊一 今井朝幸
原作:古賀新一
ストーリー原案:佐藤嗣麻子
脚本:武上純希
音楽:片倉三起也
撮影:須藤昭榮
照明:吉村光巧
録音:井上公二
美術:坂本享大
編集:河原弘志
スペシャルエフェクト:白組
デジタルヴィジュアルエフェクト:山崎貴
デジタルヴィジュアルプロデューサー:粟飯原君江
出演:吉野公佳 菅野美穂 周摩 高橋直純 角松かのり
ビスタサイズ カラー 81分

東京では猟奇的な殺人事件が連続して起きていた。犠牲となった女性たちは、悪魔・ルシファーをこの世に呼び出すために執り行われていた血の儀式の生贄だった。その頃、聖華学園高校に黒井ミサが転校して来た。ミサと同じクラスのオカルトオタク・水野隆行は、今まで起きた猟奇事件の現場を線で繋ぐと五茫星が出来、その中心にこの学園が位置していることを友人たちに話した。この形は魔術のシンボルで、描き方によって召喚にも防御にも使えるのだが、今回の五茫星が人の血で作られた召喚のパターンであることから、悪魔を呼び出すのものであると推測した。魔術師の中にはランクがあり、上に行くほど強大なものを呼び出すことが出来るのだが、最上級の悪魔で美しい姿をしたルシファーを召喚したものはまだなかった。ルシファーは世界を支配出来る力を持っていたのだ。だが水野が熱く語っても、誰一人信じようとはしなかった。クラス委員の倉橋みずきから校内を案内してもらっていたミサは、プレートに何も書かれていない部屋があることに気付いた。そこは以前、美術室として使われていた開かずの間だった。教師がノイローゼになって自殺して以来、夜になると声が聞こえるというのだ。みずきが教師たちの噂話をしていると彼女は突然苦しみ始めた。ミサは魔術の発信源を突き止め、空調室の扉を開けた。そこには誰もいなかったが、長い髪の毛が巻きつけられた人形が置いてあった。ミサが戻るとみずきは元気になっていた。ミサは人形を見せ、苦しんだ原因が何者かによる呪いだったことを説明したが、心当たりはないみずきは言った。

水野は女子生徒を集めてワラ人形を使った黒魔術の公開実験を始めた。標的はセクハラ教師・沼田秀樹だった。噂を聞いて様子を見ていたミサは、こんな人形でなければ人は呪えないとみずきを苦しめた人形を取り出し、本物の魔術を披露した。沼田は腹痛を起こして授業は急遽自習となり、クラスの生徒たちは皆喜んだ。だが翌日、ミサが登校すると気味悪がって誰も彼女に近付こうとしなかった。みずきの話では、沼田が交通事故で重体に陥っているというのだ。ミサに似非魔術を暴露された水野は、これ幸いとばかりに猟奇事件の犯人はお前だと言った。放課後、13人の生徒が数学の追試を受けることになった。だが日が暮れても担当の白井響子が戻ってくる様子はなく、痺れを切らした新藤剣一たちはみずきが止めるのも聞かずに教室を出て行ってしまった。ところがしばらくすると彼らは戻って来た。学校から出られないのだ。黒板には知らぬ間に「13」の文字が浮かび上がり、渡辺千絵がトイレで溺死したことで「12」に変わった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R