忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゴルゴ13(1973年)

  • posted at:2014-09-23
  • written by:砂月(すなつき)
ごるごさーてぃーん
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1973年
公開日:1973年12月29日 併映「女囚さそり 701号恨み節」
監督:佐藤純彌
企画:吉峰甲子夫 矢部恒 寺西國光 坂上順
原作:さいとう・たかを さいとう・プロダクション
脚本:さいとう・たかを K・元美津
撮影:飯村雅彦
録音:広上益弘
照明:梅谷茂
美術:藤田博
音楽:木下忠司
編集:田中修
助監督:深町秀煕 福湯通夫
記録:山内康代
スチール:遠藤努
制作進行:東一盛
擬斗:日尾孝司
装置:吉田喜義
装飾:米沢一弘
美粧:入江荘二
衣裳:福崎精吾
演技事務:和田徹
美容:石川靖江
理容:藤井正信
衣裳デザイン:秋山幸輝
通訳:熊田倭文子 フェレステ・ハミディアン
現像:東映化学
・イランスタッフ
製作:モルテザ・ジャフリイ
監督補佐:ホーマン・プールマン
製作主任:ハミッド・アリマルダニ
計算:アミール・バルジンチャ
調整:パルビス・ノダダト
準備:モハメド・ノルジイ
進行:モルテザ・バクダリ
美術:スーサン・アヤリ
美容:パルバネ・フィルバク
照明:メヒディ・シャフィ
照明助手:ラジャビイ
照明準備:ナザリ
出演:高倉健 モーセン・ソーラビイ ジャレ・サム シーランダミ ジェラル
アメリカンビスタ カラー 104分

世界中に組織を持ち、武器と麻薬を密輸する犯罪王マックス・ボア。だがその素性は誰にも知られていなかった。イランに滞在しているという情報を掴んだ亡国秘密警察は4人の捜査員を派遣したが、全員が行方不明になったことに頭を抱えていた。秘密警察はイランでボアを逮捕することが出来なかった。たとえ逮捕し身柄の引渡しを要求したとしても、ボアは本国に送り返された後、裁判にもかけられず釈放されることは目に見えていた。何故ならば、彼はその国の政府の大スポンサーだからだ。ボアは人身売買という新たな動きを見せ世界中からたくさんの女性が消えていた。逮捕の任務を解かれた警察部長のリチャード・フラナガンは、消された部下たちの仇を討つために最終手段を取る決断をした。フラナガンがボアの暗殺を依頼したのは、デューク東郷という東洋系のスナイパーだった。ゴルゴダの丘でイエス・キリストに荊の冠をかぶせて殺した13番目の男=ゴルゴ13という通称を持つ彼は国籍や出生地、生年月日など謎の部分が多かった。フラナガンは一連の説明を終えると、連絡係に秘書のキャサリンを任命した。だがゴルゴは翌朝早く単身でテヘランに向かった。

テヘラン警察のアマン・ジャフアリ警部は、半月もの間に20人の女性が行方不明になっている奇妙な事件を追っていた。身代金を要求されていないことと被害者家族からの届出が遅れていることが捜査の混乱を招いていた。仕事に没頭し一週間も家に帰らないアマンを心配した妻のシーラが警察署に顔を出すと、パプリカという名の店で食事をする約束をした。その頃、ゴルゴはホテルにチェックインし届いた荷物を開封した。そして部品を組み立て完成させたアサルトライフル「アーマライト」M16の調整を行うと夜の街に出掛けた。彼がパプリカの前の歩道に差し掛かったとき、シーラが男たちによって車に押し込まれ連れ去られた。何も見なかった様にその場を立ち去ろうとするゴルゴに声を掛けたのはアマンだった。シーラを本当に見なかったのかという問いに首を横に振るゴルゴを、彼は疑いの眼差しで見送った。

私立探偵のエグバリと接触したゴルゴは、ミスターワインという暗黒街に顔の売れた情報屋がシエラザークラブにいることを知った。その夜、新たな情報を得るためにエグバリの部屋を訪ねたゴルゴだったが、彼は殺された後だった。開いていたドアから住人がそれを見て騒いだことから、管理人は即座に通報。ゴルゴは「マックス・ボアは小鳥を可愛がっている」と書かれたメモを手に入れると窓から逃げた。一方、現場に駆けつけたアマンは、管理人などの証言から前日に会った東洋人を容疑者のリストに加えた。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R