忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

からっ風野郎

  • posted at:2005-07-08
  • written by:砂月(すなつき)
からっかぜやろう
大映(東京撮影所)
配給:大映
製作年:1960年
公開日:1960年3月23日 併映「東京の女性」
監督:増村保造
製作:永田雅一
企画:藤井浩明 榎本昌治
脚本:菊島隆三 安藤日出男
撮影:村井博
音楽:塚原晢夫
主題歌:「からっ風野郎」三島由紀夫
美術:渡辺竹三郎
録音:渡辺利一
照明:米山勇
色彩設計:西田充
編集:中静達治
助監督:石田潔
装置:岡田角太郎
現像:東京現像所
製作主任:大橋俊雄
出演:三島由紀夫 若尾文子 川崎敬三 船越英二 志村喬
シネマスコープ カラー 96分

東京刑務所では百十一番こと朝比奈一家二代目・朝比奈武夫の出所を祝うバレーボール大会が行われていたが、試合は白熱し彼は面会人どころではなかった。そこで百十二番が代理として会うことになった。半田三郎は面会室に入ってきた男を名札で百十一番の朝比奈だと確認すると拳銃をぶっ放した。彼は訳あって武夫を消しに来たのだが、人違いだと知ると顔が青ざめた。百十二番は脱いだ作業服を着るときに武夫のものと間違えたのだ。一方、娑婆に出れば相良組に命を狙われるに違いないと考えていた武夫は、所長に様子を見るために二、三日置いてくれとせがんだが、ここは囚人を服役させるところで保護するところではないときっぱり断わられた。そこで彼は相良組の目を眩ますために今夜だけ撃たれたことにして欲しいと頼んだ。自分のシマへ逃げ込むまでの時間稼ぎをするつもりだった。あまりの弱腰っぷりにあきれた所長は、これ以上仏が増えたら寝覚めが悪いと言って武夫に護衛をつけることにした。

午後七時前、叔父の平山吾平と弟分の愛川進が乗った車は刑務所の前で停まった。その様子を暗闇から窺っていたのは相良商事の社員たちだった。綿貫は所内から響いた二発の銃声を聞いていたが、社長の相良雄作は朝比奈を確実に仕留めたことがわかるまで信用しようとしなかった。第一、平山たちは刑務所に向かったのだ。しかし遺体を引き取るということも考えられた。そこで綿貫たちは武夫と二人を見張ることになったのだが、いくら待っても中からそれらしき人物は出て来なかった。所員が運転するジープは堂々と正門から出て行ったが、それに乗った武夫は相良組だけでなく平山たちまでも欺いた。武夫は父の復讐のために相良を襲い、刑務所にぶち込まれた。相良は右足を刺され重傷を負ったが、いつかまた何か仕出かすのではないかと恐れていたのだ。過去の経験から武夫が真っ先に女のところへ行くと考えた相良は、赤間に女を見張るように言った。赤間たちはナイトクラブで歌う香取昌子の楽屋に居座り武夫からの電話を待っていたが、彼はそれを承知で電話を掛け、居場所まで教えた。武夫は映画館コンパルの二階を根城にしていた。久しぶりにそこで会った二人だったが、武夫は突然別れを切り出した。相良組が武夫をおびき出すために彼女を出しに使うことは目に見えていた。彼女との別れは抗争に巻き込まないためのささやかな配慮だった。

昌子を出しに使うことは無駄だと考えていた相良に、赤間は次の手を打ってあることを明かした。網走刑務所で知り合った殺し屋を呼んだというのだ。この界隈では誰も顔を知らないというのが強みだった。ふてぶてしい政という男はハジキの腕は天下一品だったが、喘息持ちだった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R