忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

殺人狂時代

  • posted at:2014-09-14
  • written by:砂月(すなつき)
さつじんきょうじだい
東宝
配給:東宝
製作年:1967年
公開日:1967年2月4日 併映「インディレース 爆走」
監督:岡本喜八
製作:田中友幸 角田健一郎
原作:都築道夫
脚本:小川英 山崎忠昭 岡本喜八
撮影:西垣六郎
美術:阿久根巌
録音:渡会伸
照明:西川鶴三
音楽:佐藤勝
整音:下永尚
監督助手:渡辺邦彦
編集:黒岩義民
技斗:久世竜
現像:キヌタ・ラボラトリー
製作担当者:島田武治
出演:仲代達也 団玲子 砂塚秀夫 天本英世 江原達怡
シネマスコープ モノクロ 99分

精神科医で自ら病院を経営する溝呂木省吾をブルッケンマイヤーが二十年ぶりに訪ねた。ナチス秘密結社に所属する彼は、かつての同志が率いる「大日本人口調節審議会」に重大任務を依頼するためにやってきたのだ。日本の政治が貧困なのは過剰な人口が原因だと溝呂木は考えていた。住みよい国にするためには人口を調節しなければならない。そのためには社会的に何の役にも立たない人物に引き下がってもらうしかなかった。そこで溝呂木は極秘裏に患者を訓練し、殺し屋に仕立て上げていたのだ。ブルッケンマイヤーは、審議会へのテストとして電話帳から三人を無作為に選びだし、三日以内に死体を運んでくるように言った。それを聞いた溝呂木は、二日で十分だと答えた。

約束の日、病院には男女の死体が運ばれてきた。身分証でそれが本人だと確認したブルッケンマイヤーは、もう一人はどうしたと尋ねた。すると溝呂木は約束の時間までまだ二時間あると余裕の表情で言った。その頃、城南大学で犯罪心理学を教える桔梗信治が車でアパートに帰宅した。マザコンで、水虫に頭を悩まし、殺し屋が部屋にいても気づかないほど冴えない彼こそが三人目の殺害対象者だった。業を煮やした殺し屋・間渕憲作は、おもむろに立ち上がると大声で名前を確認した。驚いた桔梗があなたはどなたですと尋ねると、間渕は名刺を渡し審議会の説明をした。そんなことも気にせずにインスタントラーメンを作り、食べ始めた桔梗はふとカードを取り出すと間渕にロールシャッハテストを行った。その結果、重度のパラノイア(偏執狂)だと診断したが、それを聞いた間渕はカミソリの歯を仕込んだトランプのカードを投げた。桔梗は驚いてよろけ、壁にぶつかった。その弾みでタンスの上に置いていた母親の胸像が間渕の頭に落ち即死した。桔梗は交番に自首したが、警官とともに部屋へ戻ると死体は消えていた。

週刊ミステリーの記者・鶴巻啓子は、ネタ探しのために交番に居合わせたことでこの事件を知った。そこで食事をおごってもらう代わりに桔梗の話を聞くことになったが、特に興味はなかった。それを知った桔梗は自分で事件の真相を究明することに決めると、啓子は意外な進展を期待して協力を願い出た。そのとき桔梗の車が盗まれたが、最高時速が20キロしか出ないポンコツだったため簡単に捕まった。居直る大友ビルに、啓子は警察に突き出す代わりに協力するよう命じた。審議会の正体を調べるために殺しの依頼者に成りすましてビルの知り合いに接触したが、襲い掛かってきた二人を倒したことで、啓子は桔梗に益々興味を持った。

屋台的映画館
PR

トラック野郎 天下御免

  • posted at:2014-09-03
  • written by:砂月(すなつき)
とらっくやろうてんかごめん
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1976年
公開日:1976年12月25日 併映「河内のオッサンの唄 よう来たのワレ」
監督:鈴木則文
企画:天尾完次 高村賢治
脚本:鈴木則文 中島信昭
撮影:仲沢半次郎
録音:広上益弘
照明:梅谷茂
美術:桑名忠之
編集:鈴木宏始
助監督:深町秀熙 澤井信一郎
記録:山内康代
擬斗:日尾孝司
スチール:加藤光男
製作進行:東和杜
装置:安沢重治
装飾:田島俊英
美粧:住吉久良蔵
美容:花沢久子
衣裳:河合啓一
演技事務:石川通生
現像:東映化学
音楽:木下忠司
主題歌:「一番星ブルース」菅原文太 愛川欽也
挿入歌:「夜のひとりごと」由美かおる
企画協力:(株)カントリー
協力:ホテル奥道後 愛媛阪神フェリー 哥麿会 (有)由加丸 MOT・BOULE(株式会社モ・ブル) 
出演:菅原文太 愛川欽也 由美かおる 松原智恵子 春川ますみ
シネマスコープ カラー 105分

ハマチの餌になる冷凍ホッケを北海道・釧路から愛媛・宇和島まで運んだ一番星こと星桃次郎とやもめのジョナサンこと松下金造。二人は伊予みかんに荷を積み替ると家路を急いだが、桃次郎はその途中で高松へ行くという二人の女子大生を拾ったことでルートを変更した。やましいことを考えていた桃次郎は、用を足したくなった大塚いく子と四国霊場の巡礼所のトイレに駆け込んだが、そこで偶然出会ったお遍路さんに一目惚れした。だがいく子とドタバタしているうちに見失ってしまった。彼女は我妻和歌子といい、母・久江とともに巡礼の旅をしていた。そんなことがあったとは知らない金造は、和歌子たちをトラックに乗せて巡礼の手伝いをした。

倉敷にある馴染みのドライブイン・かざぐるまに金造が立ち寄ると、そこの主人の亀頭黒光と妻の姫代が今日こそ返事を聞かせて欲しいと言った。二人には子供がないことから、金造の三女・サヤ子を養子として迎えたいというのだ。だがその申し出を彼は頑として断わった。生活が苦しい金造には10人の子供がいるが、サヤ子はその中でもおっとりしていることが気掛かりでならなかった。川崎の自宅に帰ると、姫代が電話で泣きついてきたことを妻・君江の話で知った。子供はいつか親の手を離れて行くものだし早くお嫁に出したと思えばいいと君江は説得した。それを聞いて一度は考え直したものの、金造はやはりダメだと反対した。ある日、金造が桃次郎とかざぐるまに立ち寄ると、豪勢な鯛の御頭付き定食が無料で振舞われた。黒光にお祝いの言葉を促され戸惑う金造。視線の先には君代ときれいに着飾ったサヤ子の姿があり、彼は唖然とした。我を忘れて怒鳴り散らす金造に君代はやさしく語り掛けた。悔しさはあるが、サヤ子の幸せを考えるともう同意するしかなかった。

宇和島のコリーダと呼ばれる須田勘太は、目をつけたデコトラに勝負を仕掛け、負けた相手の名行灯を情け容赦なくぶんどるという荒くれ者だった。その彼が次に目をつけたのが一番星号だった。コースは水島三号埋立地間の往復50キロ、そこは警察のマークが甘い幹線道路だった。レースは激しいデッドヒートとなり、やがて地獄止ドクロ標識が近づいてきた。そこを折り返すと桃次郎が先頭に立ったが、道路脇から妊婦が飛び出し慌ててブレーキを掛けた。陣痛が始まった彼女を手助けするために産婆を呼んだ桃次郎は湯を沸かして新しい命の誕生を待った。しばらくしてトラックの運転席からは元気な赤ん坊の声が響いた。かざぐるまに彼女を連れて行くと、どんな事情があるかは知らないが気兼ねせずにうちにいなさいと姫代は言った。桃次郎は妊婦を助けた代償として名行灯を失った。

屋台的映画館

くノ一化粧

  • posted at:2014-08-20
  • written by:砂月(すなつき)
くのいちけしょう
東映(京都撮影所)
配給:東映
製作年:1964年
公開日:1964年12月12日 併映「幕末残酷物語」
監督:中島貞夫
企画:小倉浩一郎 折茂武雅
原作:山田風太郎
脚本:倉本總 中島貞夫 金子武郎
撮影:赤松滋
照明:和多田弘
録音:藤本尚武
美術:吉村晟
音楽:山本直純
編集:神田忠男
助監督:富田義治
記録:墨はつ子
装置:温井弘司
装飾:柴田澄臣
美粧:佐々木義一
結髪:白鳥里子
衣裳:三上剛
擬斗:上野隆三
制作主任:田村守
出演:西村晃 小沢昭一 春川ますみ 三島ゆり子 緑魔子
シネマスコープ カラー 90分

老中・松平伊豆守信綱は由比正雪の動きを早くから察知し、忍者・服部半助に身辺を探らせていた。慶安三年正月、半助は鈴に関する情報を信綱に伝えた。大坂城落城の際に、軍用金がいずこかへ隠された。その場所を解く鍵を握っているのが、九州・長崎で存命していることがわかった天姫他五人の大友くノ一だった。彼女たちの胎内には豊臣の秘宝を守る六個の鈴が受け継がれており、正雪と手を組み自ら鈴を差し出せば数億とも言われる軍用金が幕府転覆の資金となることは明らかだった。既にそのうちの一つが正雪の手にあることから、信綱は全ての鈴を強奪せよと半助に命じた。半助は天草扇千代を首領とする伊賀忍者の鍔隠れ六人衆を呼び寄せ長崎へ向かわせた。

将軍・徳川家康は幕府の基礎を固めるために武断政治を行い、幕府に逆らう大名などに対して容赦なく改易、厳封の処罰を行った。三代将軍・家光の頃になると、取り潰された藩が多くなったことで浪人が巷にあふれていた。その中には御政道に否定的な者が少なくなく、また生活苦から盗賊や追剥に身を落とす者もいることが大きな社会問題となっていた。さらに寛永の大飢饉などが追い打ちをかけたことで社会不安は一気に爆発した。その頃、正雪が開く軍学塾の張孔堂には幕府に不満を持った浪人たちが集まるようになっていた。正雪は丸橋忠弥らとともに幕府転覆計画を着々と進めていたが、明年正月まで待てという指示に血気盛んな塾生たちは異議を早口で捲し立てた。すると正雪は、ゆっくりした口調でそれまで待てば千万の味方を得られると言い、懐から一つの鈴を取り出した。

天姫は五人のくノ一を集め、徳川転覆の時が来たことを告げた。決行の期日を決めたのは彼女で、江戸表の正雪にお篠の鈴を手付けに渡して彼らの決意を試したのだった。たとえ様々な危険が起こったとしても、代々受け継いできた使命を一年間守り通すのだと命じた。

長崎の色町・丸山で遊女が三人の武士に絡まれていた。手討ちにすると武士たちが息巻いていると、何処からか流れてきた琴の音色に促されるように刀を降ろした。その主は大友くノ一の一人、お志乃だった。町を探索していた鍔隠れの篝火兵部はそれを大友忍法夢幻琴の音と見破り決闘を申し込んだ。兵部は琴の音に対抗して伊賀忍法春雨傘を繰り出した。お志乃は身悶えして彼の懐に飛び込むと、忍法蜜霞を使って羽虫を呼び寄せ襲わせた。次に現れたのは天草扇千代だった。お志乃は琴の絃を相手の首に巻きつけて葬り去ろうとしたが、扇千代は忍法山彦で応酬した。彼女は扇千代の数倍の苦痛を受け息絶えた。

屋台的映画館

火の鳥2772 愛のコスモゾーン

  • posted at:2014-06-16
  • written by:砂月(すなつき)
ひのとりにななななにあいのこすもぞーん
東宝=手塚プロダクション
配給:東宝
製作年:1980年
公開日:1980年03月15日
監督:杉山卓
企画:市川喜一
製作:市川喜一 明田川進
脚本:手塚治虫 杉山卓
アニメーションディレクター:中村和子 石黒昇
レイアウト・メカ作画監督:湖川友謙
美術:松本強 伊藤信治
設定:もとのりゆき 篠原博士
メカデザイン:御厨さと美
音楽:樋口康雄
撮影・特殊効果:八巻磐
音響:明田川進
録音:宮本隆
効果:石田秀憲
編集:井上和夫
オプチカル編集:古川雅士
総監督:手塚治虫
声の出演:塩沢兼人 三輪勝恵 池田秀一 藤田淑子 熊倉一雄
スタンダード カラー 121分

22世紀初め、地球は統一された地球連邦によって極度の合理化が進められ、元老院に属する一握りのエリートに支配されていた。人口過剰を防ぐために限られた人数だけが試験管ベビーとして育てられ、コンピューターによる適性検査でそれぞれの階級に振り分けられると、オートマチック育児システムを持つドームハウス内で将来の仕事に必要な専門的教育を受けることになっていた。育児ロボット・オルガによって宇宙パイロットに育てられたゴドー・シンゴもその中の一人だった。

成人したゴドーは同じ宿命を持った若者たちとともに科学センターでの研修生活に入った。レーザーガンによる射撃訓練で好成績を修めた彼は教官のボルカンに気に入られ、難易度の高い訓練に駒を進めた。だが、小動物の姿をしたシリウス12番星人を前にすると体が動かなくなった。同じ宇宙に住む人間に銃口を向けることが出来なかったのだ。オルガの教育プログラムには欠陥があり、規則から外れた優しさを見せたことでゴドーは非情さを欠いていた。そのことから罵りながらためらいもなく殺し続けるボルカンの姿に未来の自分の姿を重ね、恐怖を感じた。その夜、悪夢にうなされるゴドーを心配したオルガだったが、彼女に人間の感情を理解することは不可能に思えた。ところが翌日出向いた科学センターの入り口でゴドーがボルカンから口汚く罵られると怒りのような感情が芽生え、橋の欄干にボルカンを車ごと置いてきてしまった。

ゴドーの素質に目をつけたロック・シュラーク長官は、科学センターに呼び出すと直属としての特別な任務を与えられた。それは1年後に行われる作戦に参加し、コスモゾーン2772と対決することだった。これまでに数々の調査隊がこの謎の生命体に襲われ、機体に高熱で焼けただれていた。調査員ボンダが死ぬ間際に撮った写真には鳥のような姿が捉えられていたが、詳しいことは何もわからなかった。ゴドーへの任務はこの生命体を探し出し、生け捕りにして地球に持ち帰ることだった。交換条件としてどんな便宜でも図ってもらえることを知ったゴドーは、行動の自由を願い出た。彼にとって街の外へ出ることは初めての体験なのだ。海や花など実物を見たことも触れたこともないゴドーにとってすべてが新鮮だった。花の美しさに感動するゴドーに特別なものを感じたオルガは、たくさんの花が咲く庭園に案内した。きれいな花々に驚いていると美しい女性が現れ、ゴドーが研修生だとわかると花を摘んで渡そうとした。するとゴドーは、花が死んでしまうと手で制した。彼の優しさに魅かれた女性は談笑を始めたが、それを制止したのは警備ロボットだった。その庭園は元老院のクラブハウスで、身分の低い者の立ち入りは禁止されていたのだ。女性の名はルナ。元老院の長老・イート卿の娘でロックの婚約者だった。

屋台的映画館

実録三億円事件 時効成立

  • posted at:2014-06-07
  • written by:砂月(すなつき)
じつろくさんおくえんじけんじこうせいりつ
東映
配給:東映
製作年:1975年
公開日:1975年11月22日 併映「激突!合気道」
監督:石井輝男
企画:太田浩児 坂上順
原作:清水一行
脚本:小野竜之介 石井輝男
撮影:出先哲也
録音:広上益弘
照明:川崎保之丞
美術:藤田博
音楽:鏑木創
編集:曽田冨美夫
助監督:福湯通夫
記録:勝原繁子
スチール:遠藤努
進行主任:東一盛
装置:小早川一
装飾:田島俊英
美粧:住吉久良蔵
美容:石川靖江
衣裳:河合啓一
演技事務:山田光男
現像:東映化学
出演:小川真由美 岡田裕介 絵沢萌子 浜田ゆう子 田中筆子
アメリカンビスタ カラー 89分

昭和43年9月、府中競馬場で万馬券を当てた男がいた。彼の名は西原房夫。二年前、証券会社の運転手をしていた西原は顧客の400万円分の株券を横領しクビになった。告訴すると息巻く証券会社に対し弁償を申し出たのは、事件の半年後に知り合い全財産を擲って幸せを掴もうとした向田孝子だった。開業医と別れたばかりの孝子は畜犬業を営む西原と同棲生活を始めたが、暮らしは楽にならなかった。金は犬にではなく馬に消えていたからだ。そしてついに月賦も払えなくなり、家財道具は全て業者に引き上げられてしまった。途方に暮れる孝子が散らかった部屋を片付けていると、映画雑誌などの中から一冊のノートが見つかった。それは西原と別れた前妻との間に出来た息子・恒雄の国語のノートだった。そこには「ドウセツカマレバ死刑ダカラコンドワ四百万ダセ」と書かれてあり、多磨農協を脅迫した事件を扱った新聞の切り抜きが挟まっていた。孝子は西原が帰ってくるなり問い詰めると、彼は大金が手に入る計画が8か月前から進行中であることを口にした。

西恋ヶ窪から多摩平に引っ越すと、西原は計画に必要なものを集め始めた。8月12日に多摩電工東村山出張所の作業班からトランジスターメガホンを盗み出し、立川の故買屋でヘルメット、浅草の古着屋で革製のジャンパーとズボンを購入した。9月10日に晴見町団地で車両用のシートカバーを盗むと、御徒町アメ屋横丁で徽章を後日購入した。11月19日、ヤマハスポーツ350R1を盗んだことでついに本格的な作業に取り掛かった。ストップランプやメガホンなどをオートバイに取り付けることで白バイになり、ジャンパーやヘルメットに白色の塗装を施すことで警官の制服になった。11月30日、日野市平山でカローラを盗むと、12月5日にも同車種を多摩平で盗んだ。その日の夜、二人は映画雑誌から切り抜いた活字で脅迫状を作成すると翌早朝に投函。同日昼、日本信託銀行国分寺支店の藤巻和夫支店長宛に配達された。そこには、言うとおりに動かなければ藤巻の巣鴨の自宅に仕掛けたダイナマイトを爆破させると書いてあった。だが西原たちの目的は銀行を強請ることではなく、そこから東京芝浦電気府中工場へ向かう現金輸送車を狙うことだった。その車には推定5億円の社員へのボーナスが積み込まれる予定なのだ。朝から冷たい雨が降る12月10日、計画は実行された。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R