忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花田少年史 幽霊と秘密のトンネル

  • posted at:2009-11-02
  • written by:砂月(すなつき)
はなだしょうねんしゆうれいとひみつのとんねる
映画「花田少年史」製作委員会(日本テレビ放送網=光和インターナショナル=バップ=読売テレビ=読売新聞=報知新聞=読売エージェンシー=松竹)札幌テレビ放送=宮城テレビ放送=中京テレビ放送=広島テレビ放送=福岡放送
配給:松竹
製作年:2006年
公開日:2006年8月19日
監督:水田伸生
企画製作:鈴木光
製作:高田真治 平井文宏 西垣慎一郎 中村仁 松本輝起
エグゼクティブプロデューサー:奥田誠治
プロデューサー:原田文宏 佐藤貴博
原作:一色まこと
脚本:大森寿美男
音楽:岩代太郎
音楽プロデューサー:長崎行男 高桑晶子
主題歌:「愛しさと心の壁」サンボマスター
撮影:藤石修
美術:小澤秀高
録音:小野寺修
照明:上田なりゆき
編集:田中愼二
装飾:西渕浩祐
助監督:城本俊治 相沢淳
製作担当:宿崎恵造
テクニカルスーパーバイザー:都築正文
VFXプロデューサー:篠田学 高瀬巌
VFXスーパーバイザー:進威志 稲葉貞則 小田一生
製作プロダクション:光和インターナショナル
企画製作:日本テレビ放送網 光和インターナショナル
出演:須賀健太 篠原涼子 西村雅彦 北村一輝 安藤希
アメリカンビスタ カラー 123分

ある日の小さな港町。この町に続くトンネルを通過中のトラックが急停車した。出口付近にセーラー服を着た少女が立っていたからだ。いくら怒鳴っても少女がそこを退こうとしないため、いらだった運転手はクラクションを何度も鳴らした。すると彼女はトラックに向かって走り出すと姿を消し、掌だけがフロントガラスに貼りついたのだった。驚いた運転手はアクセルを踏み込むとトンネルを脱出した。猛スピードで走るトラックの前に現れたのは道を横切ろうとした自転車だった。運転手は慌ててハンドルを切ったが間に合わなかった。

小学3年生のわんぱく坊主・花田一路は学校から帰るとおやつの種無しぶどう・デラウェアにかぶりつきながらテレビのスイッチを入れた。ところが画面は歪みっぱなしでまともに見ることが出来なかったため、怒った一路は母・寿枝の大切なギターでテレビを叩いたのだった。青春の思い出であるギターの無残な姿を見た寿枝は激怒し二人はいつものように大喧嘩を始めた。騒動から逃げ出した一路は、近所にいた親友の村上壮太を引き連れて遊びに出掛けたのだった。

道路に横たわる一路、知らせを聞いて駆けつける家族たち。彼はその様子を上空から眺めていた。一路は天国へ旅立とうとしていたのだ。光が差す方へ向かおうとしたそのとき、行っちゃダメだと足を引っ張ったのは、トンネルの少女・香取聖子だった。聖子は、一路の髪を引っ掴むと彼を下界へ投げ飛ばしたのだった。 病院に運ばれた一路の意識レベルは低く、このまま昏睡状態が続く可能性があった。医師から説明を受けうろたえる寿枝の目の前で一路はむっくりと起き上がった。

一路は陽気なタクシー運転手の父・大路郎、明るくてたくましい母・寿枝、クールな中学生の姉・徳子、冗談好きな祖父・徳路郎の四人に囲まれた賑やかな家庭に育った。その日の夕食は一路の話題で盛り上がった。そんな中、寿枝は運転手の奥さんから聞いた奇妙な話をした。運転手はトンネルの中でセーラー服を着た幽霊に遭遇したというのだ。それを聞いた大路郎はもうそんな歳になったのかと言った。トンネルには以前から小さな女の子の幽霊が出るという噂があったが、その後ランドセルを背負う姿を目撃した者がいたことや今回のセーラー服姿が確認されたことで、大路郎はこの世に未練を残した幽霊が成長しているのではないかと考えていたのだ。一路は、その娘のおかげで戻ることが出来たんだと力説したが、家族は誰も信じようとはしなかった。 その夜、一路の前に現れたのは近所でタバコ屋を営む吉川の婆ちゃんだった。彼女は最近拾った犬の面倒を見て欲しいと言った。自分ですればいいだろ一路が突き放すと、それが出来ないからこうして頼みに来たんじゃないかと言って婆ちゃんは涙を流したのだ。その頃、吉川家では婆ちゃんが急死した。一路は事故以来、幽霊の姿が見えるという不思議な能力を持つようになっていたのだ。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R