忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

でかんしょ風来坊

  • posted at:2005-10-18
  • written by:砂月(すなつき)
でかんしょふうらいぼう
日活
配給:日活
製作年:1961年
公開日:1961年3月19日
監督:斎藤武市
企画:岩井金男
原作:松浦健郎
脚本:松浦健郎 今村文人
撮影:高村倉太郎
音楽:小杉太一郎
主題歌:「東京の暴れん坊」小林旭
・・・:「でかんしょ風来坊」小林旭
・・・:「チョンコ節」小林旭
照明:大西美津男
録音:米津次男
美術:坂口武玄
編集:近藤光雄
助監督:神代辰巳
色彩計測:幸田守雄
現像:東洋現像所
製作主任:林本博佳
技斗:高瀬将敏
出演:小林旭 浅丘ルリ子 近藤宏 殿山泰司 小園蓉子
スコープサイズ カラー 82分

元総理大臣・一本槍鬼左衛門の乗った車が渋滞にはまっていた頃、東京・銀座のど真ん中では4人の女性からなるピンク・アパッチ団が男に向かって噛み付いていた。地方から出てきた女性に銀座を案内しますと優しい声を掛けて誘惑し、金を巻き上げようとしたというのだ。怖くて震えている女性は、やさしそうなお婆さんだった。こいつを警察に突き出そうぜと啖呵を切ったとき、横を通過しようとした鬼左衛門の車が歩道に突っ込んだ。ピンク・アパッチ団の威勢に驚いた運転手がハンドル操作を誤ったのだ。スカートを破られ頭にきた春子は、この爺様に頭を下げさせることが第一段階だと秘書に言った。すると隣で聞いていた鬼左衛門は、わしは戦争中でも憲兵に頭を下げなかった男だと怒鳴りつけた。騒動の中にいた松田秀子は洋食屋「キッチンジロウ」に飛び込み、幼なじみの清水次郎に助けを求めた。鬼左衛門と顔見知りの次郎は、事態を収拾するために春子、夏子、秋子、冬子の四人を店に招待した。

次郎は春子たちをズベ公から足を洗わせようと考えていたが、彼女たちは反対した。もしこの話がピンク・アパッチ団を仕切る金剛会のヤクザに知られると次郎の身に危険が及んでしまうからだ。その話を聞いたは冬子は「わかった!」と言った。「春子は次郎さんが好きなんだな」。
出版社でカメラマンのアルバイトをしている女子大生の秀子は、騒動の中で撮った写真を金井編集長に提出した。だが金井は、ただ単に事件を取り上げるだけではダメだ、週刊誌の使命は事件をもっと深く鋭く掘り下げて組み立てることだと言った。例えば鬼左衛門に頭を下げさせる、例えばお婆さんは鬼左衛門の40年前の初恋の人だと。私はそんなうそをつけないと秀子が断わると、金井は今日の大衆は騙されることを望んでいるんだと言った。恋愛のことで大喧嘩した次郎と秀子は、翌日同じ湘南の電車に偶然乗り合わせた。次郎はズベ公たちの更生問題を相談するため、秀子は週刊誌に使う鬼左衛門の写真を撮るためだった。一本槍邸についた二人を見た鬼左衛門は、いつ仲人をさせてくれるのかと言った。するとすかさず秀子が、お若いとき恋人はいらしたのですかと切り出したのだ。思い出させないでくれと照れる鬼左衛門に秀子は間髪入れずに質問しお婆さんの写真を差し出すと彼の顔色が変わった。鬼左衛門は男と男の話がしたかったと次郎を奥の部屋に連れて行った。鬼左衛門は道具箱の中に大切にしまって置いた写真を次郎に渡した。そこには大学時代の初恋の人が写っていたが、白髪を鉛筆で黒く塗りつぶしたあの写真の人物とそっくりだった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R