忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恋に唄えば

  • posted at:2005-06-20
  • written by:砂月(すなつき)
こいにうたえば
「恋に唄えば」製作委員会(角川書店=東映=電通=日活=日本テレビ放送網=オズ)
配給:東映
製作年:2002年
公開日:2002年11月16日
監督:金子修介
製作:江川信也 坂上順 遠谷信幸 川上國雄 平井文宏
エグゼクティブプロデューサー:大川裕 遠藤茂行 青木真樹 永江信昭 奥田誠治
プロデューサー:一瀬隆重
原案:一瀬隆重
コ・プロデューサー:和田倉和利
脚本:中村義洋 鈴木謙一
撮影監督:渡部眞
ミュージカル監督:ANDREW LANCASTER
音楽:朝川朋之
美術:清水剛
照明:和田雄二
装飾:佐々木博崇
衣装デザイン:伊藤佐智子
メイク:田中マリ子
録音:武進
音響効果:伊藤進一 小島彩
視覚効果:松本肇
編集:阿部亙英
記録:石原美雪
助監督:村上秀晃
製作担当:田中敏雄
アシスタントプロデューサー:関はるみ
製作プロダクション:オズ
出演:優香 竹中直人 玉山鉄二 篠原ともえ 古田新太
アメリカンビスタ カラー 100分

幸せの絶頂期にいた桜井ユミは恋人のサトルとオープンカフェにいた。今日はサトルの誕生日。ユミはプレゼントを渡すタイミングをそわそわしながら計っていた。そんなときサトルが声を掛けてきた。「ユミ、実はその、俺と・・・」。ユミは次の言葉を今か今かと待っていた。「別れて欲しいんだ」。サトルの思いもよらぬひとことで、ユミは人生の奈落の底に突き落とされてしまった。ユミの失望はとても大きく、勤め先のデパートでは仕事が手につかなかった。課長から怒鳴られ、催事場で行われる大アラビア展の展示を手伝わされることになったユミはグチりながら絨毯を運んだ。疲れて座り込んだ彼女の視線の先には『願いごとをかなえる壺』が置かれていた。ゆっくりと近づいてみたが、その汚らしい壺に効果は期待出来そうになかった。願い事ねぇと落胆したユミは、会場にターバンを巻いたサトルがいることに気付いた。ユミは思わず駆け寄ったが、その正体は似ても似つかない課長だった。幻覚だったことに気付いた彼女はあわてて飛び退いたが、ディスプレイにぶつかり壁が倒れ掛かったことで壺がバランスを崩した。ユミは床に落ちる壺をキャッチしたが、会場はメチャメチャ。今度は催事場の担当者に怒鳴られてしまった。

催事場から逃げ出したユミは、何故か壺を抱えたまま屋上の遊園地で一息ついていた。「願い事叶えてよ・・・」と無意識につぶやき壺をさすった瞬間、壺から煙が噴き出した。煙とともに現れた男は、どう見ても日本人の風変わりなおっさんだった。壺男は自らを魔法使いと名乗り、ユミの願いごとを叶えてあげるといって聞かなかった。それじゃあすぐに出来るならということでラーメンを出してもらうことにしたが、願い事は一つしか叶えられないことを知り、迷った。だが喫緊の課題であるサトルのことを思い出し「別れた彼を取り戻したいの」と言った。お人好しの壺男は安請け合いしたが、人の心を魔法で変えることは掟で禁じられていた。そこで彼は魔法を使うことを避けて別の方法を取ることにした。まずユミをサトルの家に連れて行ったのだが、サトルはオーストラリアへ旅立ったあとだった。家政婦の証言で「まるで逃げるみたいに」出かけたと聞き、ユミはサトルのことを忘れるためにヤケ酒をあおった。そんな彼女を愛おしく思った壺男は何とか手助けしたいと考えていた。そこであらゆる手段を使ってユミをオーストラリアへ行きたくなるように仕向けることにした。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R