忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新しい神様

  • posted at:2008-11-09
  • written by:砂月(すなつき)
あたらしいかみさま
W-TV OFFICE
配給:VIDEO ACT!
配給協力:UPLINK
製作年:2000年
公開日:2000年8月5日
監督:土屋豊
撮影:土屋豊 雨宮処凛 伊藤秀人
撮影協力:遠藤大輔 田中由紀 水谷勝憲
主題曲:「新しい神様」加藤健(REBEL BLUE)
ライブシーン使用曲:「無国籍野郎」維新赤誠塾
・・・:「ニイタカヤマノボレ」維新赤誠塾
・・・:「平和ボケ日本に捧ぐ」維新赤誠塾
・・・:「スリーエス政策」維新赤誠塾
・・・:「評論家気取り」維新赤誠塾
・・・:「平成維新の歌」維新赤誠塾
編集:土屋豊
映像提供:大西景子
協力:自主日本の会 かりの会 一水会
題字:雨宮処凛
宣伝:VIDEO ACT!
ナレーション:雨宮処凛 伊藤秀人 土屋豊
出演:雨宮処凛 伊藤秀人 土屋豊 塩見孝也 木村三浩
スタンダード カラー 99分

雨宮処凛は幼少期からイジメを受け、思春期を家出、ヴィジュアル系バンドの追っかけ、リストカットに費やした。社会の中に自分の存在価値を見出せなかった彼女は、右翼の思想に傾倒した。そして愛国パンクバンド「維新赤誠塾」でボーカルを務め、思いのたけを歌に載せてぶちまけた。

「維新赤誠塾」のライブハウスでのコンサートを見た映画監督・土屋豊は、雨宮の放つ痛々しさに衝撃を受けた。鏡に反射する屈折した光が胸に鋭く突き刺さるような痛みを感じた土屋は、雨宮と塾長・伊藤秀人の話を聞いてみたくなった。

伊藤秀人が土屋のことを知ったのは、反天皇思想の左翼主義者である彼が監督した「あなたは天皇の戦争責任についてどう思いますか?」という映画だった。戦争で散っていった軍人や天皇陛下に不敬極まりない言動を行う輩はどんなことがあっても許すことが出来ないかった。伊藤の心情を考えた土屋は、「新しい神様」の撮影に入る前にその映画を見せることにした。その結果、伊藤はお互いの立場は違うが国対について考える真剣さに感銘を受け、撮影に協力することにした。

三人は話し合う場を何度も設けたが、それぞれが持説を主張するだけで議論がかみ合うことはなかった。個人、民族、国家、そして天皇陛下。彼らは本当にそれらを自分の言葉で語っているのだろうか?そんな疑問を抱いた雨宮は、自分の問題が自分自身の中にあることに気付いた。彼女は縋れるもの、依存できるものを探し、絶対に信じられる「大きな物語」を望んでいた。そこで北朝鮮へ渡り、チュチェ思想を学ぶことにした。

屋台的映画館
PR

アタックNo.1 涙の回転レシーブ

  • posted at:2007-12-23
  • written by:砂月(すなつき)
あたっくなんばーわんなみだのかいてんれしーぶ
東京ムービー
配給:東宝
製作年:1970年
公開日:1970年8月1日 併映「決戦!南海の大怪獣」「巨人の星 宿命の対決」「みにくいあひるの子」
演出:岡部英二
原作:浦野千賀子
脚本:田村多津夫 辻真先 小沢洋 出崎哲
作画監督:竹内留吉 中村英一 小林治
原画:村田耕一 塩山紀生 小泉謙三 越智湖千 米川巧真 束田きよし 朝倉隆 星野赫子 箕輪紀行
動画:田中健一 高橋晴男 宮川洸治 窪田正史 吉原彰夫 高橋道子 野村まりこ 井形久美子 大島聡 西戸澄江 増沢せい子 川西義人
仕上げ:若井喜治 青井和子 工藤秀子 田中明子 高橋昌子 高橋和子 山名公枝 小林純子 足立原好美 矢部敦子 渡辺千津子 佐藤通子
美術監督:池田準
背景:小関俊之 山本敏明 福田尚朗 石黒一枝 中島洋子 平沢茂太郎 田原優子 現代制作集団
撮影監督:清水達正
撮影:若菜章夫 大和田亨 八巻磐 石川欽一
音楽:渡辺岳夫
録音監督:山崎あきら
録音技術:三浦千治
効果:片岡陽三
編集:井上和男 越野寛子 竹の内由美子
制作進行:高橋美光
主題歌:「アタックNo.1」大杉久美子
協力:フジテレビ
連載:週刊マーガレット
制作協力:Aプロダクション
音響:映音
現像所:東京現像所
声の出演:小鳩くるみ 麻生みつ子 仲村秀生 増山江威子 武藤礼子
アメリカンビスタ カラー 59分

強豪の松島中学との練習試合で勝利し、チームワークと本郷俊介コーチの教えの大切さを学んだ富士見学園バレーボール部。キャプテンとしてチームをまとめる鮎川こずえは新学期に向けて厳しい練習を行っていたが、新聞部の一ノ瀬努から学校が統合されることを聞き不安を感じていた。学園の設備に比べて生徒の数が少ないことが原因で経営に問題が生じていたのだ。もしその学校にバレー部があった場合、今の部はどうなるのだろう。こずえたちは不安を抱えていた。数日後、対象校が富士見学園に吸収されることが発表され、それが静岡県大会で準優勝した浜紀中学だとわかると部員たちに驚きが走った。その学校には無名だった部を優勝決定戦まで進めた四天王(泉ゆり、工藤圭子、小沢幸江、香取良子)と呼ばれるずば抜けた才能の選手がいるのだ。こずえたちが体育館でいつものように練習の準備をしていると、ゆりたちが下見にやってきた。

たとえ富士見学園のバレー部に入ったとしても自分たちのバレーしかしないとゆりに言われてショックを受けたこずえとチームメイトの早川みどりは、先輩の桂城由美を卒業式で送り出した翌日に二人で気晴らしに海岸を散歩した。するとその先で富士見女子大のバレー部が猛特訓を行っていた。見学に来たこずえたちにスパイクし、二人のコンビネーションに非凡なものを感じたキャプテンの大原まりはそのまま練習に参加させた。

春休みが近づいたある日、市のスポーツセンターが工事に入ったことで練習場所を失った四天王が体育館を占拠して練習を行っていた。一緒に練習しましょうとこずえが提案すると、ゆりは邪魔だと言った。その言葉に怒ったみどりが平手打ちしたことで険悪な空気になったが、こずえがバレーで決めましょうと言ったことで何とか収まった。そこへやってきた浜紀中の梶岡コーチが審判を申し出て、過去の実績を見れば自分が新チームのコーチを引き受けるのは当然だと言った。おフクに呼ばれて駆け付けた本郷がいつ決まったのかと尋ねると、梶岡は動揺し全員の力を見てみたいと言い訳した。そして本郷の指導歴が短いことがわかると梶岡は勝ち誇った笑みを浮かべた。四人制で行われた試合は、変化するサーブに対処出来ないこずえたちが完敗した。

春休みを利用して富士見女子大の合宿に参加することになったこずえとみどりは、目的地の山川村にある寺院に向かった。二人は翌日から練習に参加したが、大原はメンバーと同様にこずえたちを容赦なく鍛えた。ゆりが放つ変化球サーブに二人が対処できない知ったまりは、目の前でストンと落ちる木の葉落としをやってみせた。変化球を受けるにはまずそのサーブを会得しなければならないことを彼女は教え、ボールの回転に秘密があるというヒントを与えて繰り返し練習をさせた。翌早朝の練習で川に落ちたボールを拾いに行ったこずえはあることに気付いた。回転しないボールが水面から沈んだのだ。こずえは回転を与えずに打つ方が有効なのではないかと考え、ついに木の葉落としを修得した。

屋台的映画館

アタックNo.1

  • posted at:2007-12-16
  • written by:砂月(すなつき)
あたっくなんばーわん
東宝=東京ムービー
配給:東宝
製作年:1970年
公開日:1970年3月21日 併映「キングコング対ゴジラ」「巨人の星 大リーグボール」「やさしいライオン」
演出:岡部英二
原作:浦野千賀子
脚本:田村多津夫 辻真先 小沢洋 出崎哲
作画監督:竹内留吉 若林哲弘 吉田茂承
原画:中村英一 伊勢田幸彦 箕輪紀行 朝倉隆 村田耕一 塩山紀生 米川巧真 束田きよし 飯野皓 津野二朗 後藤静夫 清山滋崇 小泉謙之 白土武 星野赫子
動画:窪田正史 吉原彰雄 田中柚美 西戸スミエ 板本澄江 平野聖子 原完治 田中憲一 宮川洸二 鶴岡洋治 米川純子 今井博正 鈴木昇 山下征二
仕上げ:若井喜治 青井和子 小島肇子 布川静子 白石美智子 木曽千代 井津井浩子 田中明子 工藤秀子 西谷正子 新山建司 菊地真理 福本久夫 金沢聖子 矢部敦子 渡辺千津子 足立原好美 大野雅世 小山明子 植松淑子 遠藤久美子 山名公枝 高橋昌子 佐藤通子 小林純子 橋本弘美 武田直子 柳川佳子
美術監督:池田準
背景:小関俊之 山本敏明 石黒一枝 中島洋子 伊藤攻洋 現代制作集団
撮影監督:清水達正
撮影:若菜章夫 大和田亨 山崎茂 八巻磐 三沢勝治
音楽:渡辺岳夫
録音監督:山崎あきら
録音技術:三浦千治
効果:片桐陽三
編集:井上和男 太田一江
制作進行:高橋善光
主題歌:「アタックNo.1」大杉久美子
協力:フジテレビ
連載:週刊マーガレット
制作協力:Aプロダクション
音響:映音
現像所:東京現像所
声の出演:小鳩くるみ 森功至 沢田和子 山口奈々 坂井すみえ
アメリカンビスタ カラー 62分

静岡の富士見学園中学部であることが問題になっていた。それはこの秋に転校してきたばかりの2年生・鮎原こずえが授業中にいねむりばかりしていることだった。学園長はスポーツにも力を入れるという新たな方針を掲げ、東京の名門校・明法学園の文武で優秀な彼女を転入させて刺激を与えるという手段を選んだが、それは逆効果となっていた。口うるささで有名な数学教師の「インゴウ」から注意を受けたにも拘らずそしらぬ態度を取ったことで、こずえは落ちこぼれグループから一目置かれた。のびのびと学園生活を送るこずえには退屈な授業よりもカッコたちとゴーゴーダンスを踊っていた方が新鮮だった。ある日の放課後、バレーボール部の練習を見学していたこずえをミスしたサーブのボールが襲った。すると彼女は動じることなくレシーブで返したのだ。こずえが毎日練習を見に来ていることを知っていたキャプテンの桂城由美は入部を薦めたが、そっけなく去って行った。

生徒会副会長の一ノ瀬努は落ちこぼれグループと付き合うこずえに対して反感を持っていたが、こずえの叔父と努の叔母が夫婦であることがわかり親しみを感じるようになった。グループのことが職員会議で取り上げられたことをこずえたちに伝えると、それはあなたたちが色眼鏡で見ているからだと反発した。そこへやってきたのは、由美からこずえの勧誘を命じられたバレー部員だった。するとこずえは思わず「あんなバレー部じゃ」と本音を漏らしてしまった。部員からバレー部が侮辱されたことを聞いた由美は、こずえをコートに呼び出しテストを行った。由美たちが打つサーブをことごとく拾うこずえ。そんな彼女にも疲労が見えたが容赦なく攻撃は続いた。見兼ねたカッコたちが割って入ると、スポーツならいつでも受けて立つわと由美が見下して言った。それを聞いたこずえは、試合をしてあなたたちに勝って見せると宣言した。目的がないとやる気が起こらないという彼女にスイッチが入ったのだ。カッコたちはバレーボールのルールを全く知らなかったが、一ヶ月あれば強いチームに作り上げること出来ると信じていた。

試合はワンセットマッチで行われることになり、こずえは自信を持って臨んだ。だが由美が打つサーブに翻弄され、1点も取れないまま8点をリードされた。技術をカバーできるのはファイトだと考えて練習してきたこずえはここでタイムを取り、互角の実力が緊張で発揮出来ていないだけだとみんなを奮い立たせ作戦を耳打ちしたのだ。6人は一列に並ぶと空を見上げて集中し、それぞれのポジションにつくときに大声を出したのだった。その不気味さに由美のコントロールが甘くなるとおフクが拾い、カッコがトス。こずえのスパイクが決まりサーブ権を奪うと勢いづいた。一進一退の攻防の末に落ちこぼれグループが勝利し、カッコたちは初めて努力をして成果を挙げたことに涙した。負けを認めた由美は3年生が抜けて弱体化するバレー部の力になって欲しいと頭を下げた。するとバレーボールが思い切り出来るという喜びを再び感じたこずえは全員で入部することに決めたのだった。

屋台的映画館

アジャパー天国

  • posted at:2007-09-03
  • written by:砂月(すなつき)
あじゃぱーてんごく
新東宝
配給:新東宝
製作年:1953年
公開日:1953年4月15日
監督:斎藤寅次郎
製作:杉原貞雄
原作:サトウ・ハチロー
脚本:八住利雄
撮影:友成達雄
音楽:服部正
・・・:「アヂャパー天国」伴淳三郎 泉友子
・・・:「アジャパーサンバ」伴淳三郎 泉友子
美術:加藤雅俊
照明:秋山清幸
録音:矢野口文雄
助監督:曲谷守平
編集:神島婦美子
特殊技術:新東宝特殊技術
製作主任:河崎新太郎
出演:花菱アチャコ 古川緑波 高島忠夫 伴淳三郎 清川虹子
スタンダード モノクロ 78分

貧乏アパート「白百合荘」に住む小学校教師の土井浩一は、高台に屋敷を構える富豪朝比奈家の令嬢・千春と相思相愛の仲だった。だが身分の差に不安を感じた浩一は父・一八に相談することにしたのだ。たとえ相手が金持ちだからと言って萎縮することはないと力づける一八だったが、浩一は先方がどう思っているか心配でならなかった。話せばわかると父は言うものの本当に大丈夫なのか。そう考えているときに流れてきたのは、千春が弾くピアノの音色だった。

先代が莫大な財産を遺したおかげで朝比奈家は裕福な生活をしていたが、婿養子の篤雄は妻・茂子に頭が上がらなかった。そんな父を見て育った長男の壮太郎はお金にちゃっかりしていて、妹の千春だろうと貸した小遣いに利息をつけて返してもらうという徹底ぶりだった。お金にだらしない篤雄と正反対な茂子は投資話に積極的に乗った。そんな彼女に目をつけた金原は、支配人を務めるキャバレー・バンへの投資を持ち掛け、後日経営状態はすこぶる順調と言って多額の配当金を手渡した。気を良くした茂子は金原が持ち掛けた弟・文吉と千春の縁談に乗り気だったが、当の千春は不満だった。

文才に恵まれたバンのボーイ・ズンさんは、趣味と実益を兼ねたラブレターの代筆を副業としていた。どんな人が読むかわからないが、自分が書いた甘い言葉が少しでも彼女の心を揺り動かしてくれたらと思うだけで満足だった。だが人に売るラブレターならいくらでも書くことが出来るものの、自分のこととなると話は別。花売りのアルバイトをしている女学生の小池厚子のことを考えると心が乱れてしまうのだ。壮太郎から代筆を頼まれたズンさんは宛名を空欄にして渡した。一八から浩一のことを相談され何としてでも引っ付けたいと思ったズンさんは朝比奈家を訪れたが、茂子は身分が違うと笑い飛ばした。それを聞いたズンさんは愛し合っている二人を幸せにさせてやることは親たるものの義務で責任だと言ったが、茂子は千春には母親の私が朝比奈家に相応しい婿を見つけると言って聞く耳を持たなかった。

みつ子という幼い娘を抱えバンで皿洗いをしている田所ゆきは、夫・稔の引き揚げを8年間待っている。そんな彼女を心配するズンさんは、兄で靴屋の金さんとの再婚を薦めていた。一方、建物の裏では既に引き揚げていた稔が金原の組織から抜け出そうとしていた。その頃、茂子の横暴に嫌気が差し一八と結託した篤雄は、彼女が留守にしている間に浩一と千春を会せることにした。そして決心した二人を白百合荘で匿うことにしたのだった。

屋台的映画館

暁の非常線

  • posted at:2007-06-22
  • written by:砂月(すなつき)
あかつきのひじょうせん
新東宝
配給:新東宝
製作年:1957年
公開日:1957年10月1日 併映「鋼鉄の巨人 怪星人の魔城」
監督:小森白
製作:大蔵貢
脚本:金田光夫
企画:島村達芳
撮影:岡戸嘉外
音楽:長瀬貞夫
美術:小汲明
照明:関川次郎
録音:澤田一郎
助監督:橋田寿久年
編集:永田伸
製作主任:藤岡治郎
出演:天知茂 三ツ矢歌子 和田孝 沼田曜一 舟橋元
スタンダード モノクロ 76分

深夜の銀行にギャング団が押し入り、金を奪うと行員に銃を発射して逃走した。深手を負った行員から通報を受けた警察は緊急配備を敷き検問を行った。だが厳重な取り締まりにも関わらず、犯人の足取りはわからなかった。警視庁は特別捜査本部を置いて捜査を強化した結果、昨夜の事件での残忍な手口が最近相次いだ銀行ギャング事件と類似していることから同一犯である可能性が高まった。

関東三輪一家では後継者問題が浮上していた。総長の村川重兵衛は跡目を長男の健一に譲ろうと考えていたが、健一はヤクザの世界が性に合わず、カタギの娘と結婚するつもりでいたのだ。いくら話をしても埒が明かないと感じた重兵衛は、跡目を幹部の馬島政吉に譲り健一の妹・雪江と結婚させようとした。この縁談は一家を乗っ取るために根回しした馬島の計画通りに進んでいた。雪江が承知していないことを知った健一は馬島との縁談に反対し、ヤクザの血は耐えてしまってもいいんだと言った。

重兵衛は、雪江の婿として馬島を迎えると集めた部下の前で発表した。だがこの縁談に反対だったのは雪江を幼い頃から世話をしてきた笠原伝造だった。笠原はたとえ一家が絶えても他人が跡目を継ぐことはありえないという考えの持ち主だった。雪江には新聞記者の恋人・木村三郎がいることを知っており、どうしても添い遂げさせてやりたかったのだ。笠原は話をつけるために馬島が仕切るキャバレー・モナコに乗り込んだ。その頃、事務所では馬島が仲間たちとともに銀行襲撃の計画を立てていた。そこに入ってきた笠原に驚く面々。二人きりになると、笠原は今後一切、三輪一家から手を引けと切り出し、お嬢さんに指一本でも触れちゃいけねえと怒鳴りつけた。すると馬島は、俺も代貸までやった男だからきれいに手を引くと約束した。「もしお前に少しでも人間の血が通っているのなら、悪いことは言わないから早く自首しろ」。笠松はそう言って事務所を後にした。その数時間後、上機嫌で夜道を帰る笠松は猛スピードで走る車に撥ね飛ばされた。物音に気付いた雪江は玄関先に横たわる血だらけになった笠松の姿に驚いた。雪江のことが心配でたまらない笠松は、這って家まで戻って来たのだ。慌てて駆け寄る雪江に、早くここを逃げるんだと告げると笠松は息絶えた。

屋台的映画館

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R