忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おしどり喧嘩笠

  • posted at:2011-02-01
  • written by:砂月(すなつき)
おしどりけんかがさ
新芸術プロダクション
配給:東宝
製作年:1957年
公開日:1957年5月22日 併映「あらくれ」
監督:萩原遼
製作:福島通人 杉原貞雄
原作:長谷川伸
脚本:中田竜雄
音楽:万城目正
主題歌:「おしどり喧嘩笠」美空ひばり
・・・:「呼んでみたとて」美空ひばり
撮影:服部幹夫
美術:川村鬼世志
録音:志木田隆
照明:仲村文悟
監督助手:門木隆
編集:河田貞夫
振付:花柳啓之
殺陣:宮内昌平
制作進行:金沢佳都夫 安藤英男
出演:鶴田浩二 美空ひばり 小堀明男 北川町子 堺駿二
スタンダード モノクロ 95分

幕末。渋川一家に世話になったいろはの伊四郎は、一宿一飯の恩義で黒馬一家との喧嘩に助っ人として加わり、親分・黒馬の丑五郎を討ち果たした。渋川の勘平は丁重に礼を言ったが、伊四郎はただ渡世の義理を果たしたまでで礼を言われる程のことではないと素っ気なかった。そして一家が勝ち鬨を挙げる中、手ぬぐいの切れ端で刀の鍔と鞘の下緒を結んで封印したのだった。これを最後の喧嘩にやくざの足を洗い堅気になることに決めていた伊四郎は、母親の待つ桐生に向かった。その夜、安宿に泊まることにした伊四郎だったが、何故か主人が上ばかり気にしていることに気付いた。どうしたのかと尋ねると、二階の客がどうもおかしいというのだ。伊四郎が主人からよそってもらった晩飯のうどんを食べようとしたそのとき、器の中を天井から落ちてきた赤い血が染めた。「なるほど、こいつは確かに変だぜ」。伊四郎が主人とともにその部屋を訪ねると、血だらけの侍が仰向けになって倒れていた。部屋の隅で怯える娘・お才に伊四郎が何があったのか尋ねようとしたところ、突然男が部屋に駆け込んで来た。男は笠松戒三という侍で、同僚の仇と伊四郎に斬りつけたのだった。すんでのところでかわした伊四郎はお才の手を取って逃げ出したが、そこへやってきた目明しと鉢合わせした。だが彼らの用は階段を降りてきた手配中の笠松の方にあった。二階へ戻った笠松は、死んだ侍の葛篭から刀と包みを鷲づかみにすると部屋伝いに逃げ出した。

古寺で雨宿りをしていた伊四郎はお才から宿での出来事を聞いた。鷲宮の街道で二人の侍と道連れになったお才は、立派な人柄だったことから同じ宿を取った。だが寝る頃になって一人が突然、部屋にやってきて酌をしろと言い出したのだった。お才は丁重に断わったが、侍が体を求めてきたため彼女は手近にあった刀を抜いて喉元に突きつけ死ぬ覚悟をした。侍は刀を取り上げようとした際、誤って倒れそれが体に刺さったのだった。話を聞き終えた伊四郎は、身を守るためにやったことだから気にしない方がいいと慰めたが、木更津から沼田まで若い娘が一人旅をしていることに疑問を感じていた。お才は妻として迎えようとする代官古渡千助と後添として望んでいる松伏一家の親分・源太郎から逃れるために、子供のときに慕っていた従兄の和之助を頼って旅に出たのだった。

笠松の話で興奮した鹿毛平之助は、兄・平助の仇を討つために旅に出ようとした。それを見た笠松は驚き、慌てて止めた。笠松と平助は尊王倒幕の同志で、軍資金五百両を届けるという使命を受けていたが、その途中でお才との揉め事が起きたのだ。大切な友人を失った今、笠松は仇討を諦めて協力して欲しいと平之助に願い出たのだった。だが彼の決心は変わらなかった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R