忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

闇を横切れ

  • posted at:2011-03-03
  • written by:砂月(すなつき)
やみをよこぎれ
大映(東京撮影所)
配給:大映
製作年:1959年
公開日:1959年12月1日
監督:増村保造
製作:武田一義
企画:藤井浩明
脚本:菊島隆三 増村保造
音楽:池野成
撮影:村井博
録音:渡辺利一
照明:泉正蔵
美術:渡辺竹三郎
色彩技術:渡辺徹
装置:大塚武雄
音響効果:小倉信義
編集:中静達治
助監督:井上芳夫
製作主任:川本武男
現像:東京現像所
出演:川口浩 叶順子 山村總 高松英郎 三宅川和子
スコープサイズ カラー 102分

玄海市では現市長で保守党候補の首藤真五郎と革新党の新人候補の落合正英による市長選挙が1週間後に迫っていた。その夜、ワシントンホテルの一室で女の絞殺死体が発見されたが、その側に泥酔して倒れていたのは選挙に出馬している落合だった。連行され取り調べを受けた落合は、ストリッパーのアキコから選挙に有利な情報があると持ち掛けられたが、人目につくと殺されるという彼女の意見を尊重してホテルで会ったと供述した。アキコから話を聞き出す前に誰かに殴られたという証言を聞いた担当の生田刑事は、それが本当なら顔や右手の甲についたみみず腫れとアキコの爪から出て来た皮膚の説明がつかないと追及した。すると落合は何も覚えていないと言った。生田は落合が過去に起こした酒が絡む不祥事を持ち出して酒乱の傾向があることを指摘し、係官に酔いが醒めたあと何も覚えていないと伝えたことを確認した。落合は認めたが、その日はウイスキーを2杯しか飲んでいないと弁解した。だが彼の体からは何故か多量のアルコール分が検出されていた。

ワシントンホテルでの騒動が一段落し交番に戻ってきた片山巡査は一服しようとしたが、タバコの箱は空だった。そのとき、脇からタバコを差し出したのは、西部新聞社会部の若手記者・石塚邦夫だった。石塚は疑問に思っていたことを片山に次々と浴びせた。3ヵ月後に定年を迎える片山巡査は、40代の会社社長と20代の女事務員が駆け落ちして心中する恐れがあるという通報を受け、二人が宿泊しそうなホテルを見回っていた。片山がワシントンホテルに立ち寄ったところ、2階の12号室に同じ年頃の客が休憩していることがわかった。女中が声を掛けに行ったがいつまで経っても帰って来ないため、痺れを切らした片山は直接会いに行くことにした。階段の途中ですれ違った顔に傷のある男にタバコの火を貸し、再び階段を上ろうとしたとき女中が慌てて駆けて来て部屋の方を指差した。「死んでます」。彼女はいくら呼んでも返事がなかったことからドアを合い鍵で開けたところ、ベッドに二人が横たわっていたのだ。片山は急いで部屋に入り検分した。

石塚は、話の中に不審な人物が一人しか出てこないことから、顔に傷のあるその男が殺し屋であると確信した。そして社に戻ると編集局長の高沢渉に掛け合い、男の調査の許可を得たのだった。高沢は石塚が最も尊敬し目標とする人物で、仲間を鼓舞し真実第一で紙面を作り上げる人柄に惚れ込んでいた。西部新聞を地方の一流紙に仕立て上げたのは一重に彼の功績だった。一方、高沢もバイタリティーに富む石塚の姿に若き日の自分を重ね合わせていた。翌日、玄海警察署を訪れた石塚は、顔に傷のある男の身元は割れたのかと生田に尋ねた。だがあの後もう一度片山から電話が掛かり、あれは見間違いだったと訂正したと言うのだ。本人に確認するため交番へ行ったが片山はおらず、代わりに来ていた別の巡査から休暇中だと知らされた。納得行かない石塚が片山の家を訪ねると、病弱な彼の妻はマッサージ師に体を揉んでもらっていた。片山が行き当たりばったりの旅行に朝早く出掛けたと聞き、機転を利かせた石塚は新聞の新しい特集にご主人が選ばれたから写真が欲しいと伝えると、妻は喜んで奥に取りに行った。その隙に大事なものが隠してあると思われる枕を持ち上げると電報が見つかった。一通り目を通して記事のネタになると考えた石塚は、もう用はないと姿を消した。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R